menu 検索する ×閉じる

81〜100件 / 全1512件

< Back   Next >

岩本清顕 - SOUGI+ : 10inch

岩本清顕 SOUGI+

EM RECORDS (JPN)
10inch // EM1193TLP
2200 yen (税込)

(!)話題盤。初期JOY DIVISION直系、ビートボックス+ドライなギター、そしてアクの強い独特の歌の世界。疾走するミニマルウエイヴ。日本語での「Love Will Tear Us apart」の鮮烈なカバー。千紗子と純太によるリワーク、未発表も加えてEM RECORDSからアナログ再発。

1983年に日本のアバンジャズ、インプロ阿部薫や高柳昌行、土取利行、そしてPHEWや大野松雄、高橋悠治、小杉武久等らも録音、リリースした小島幸雄氏のコジマ録音/KOJIMA RecordingsのサブレーベルALM RECORDSから、初期JOY DIVISION直系のビートボックス+ドライなギターで疾走するミニマルウエイヴ岩本清顕ソロ名義でのリリース。日本語での「Love Will Tear Us Apart」の鮮烈なカバーを含む当時のリリースに含まれていた音源五曲のA-SIDE。B-SIDEニハ千紗子と純太によるリワーク、そして美れい名義での壮絶な音源の加えてEM RECORDSからアナログ再発。 (サイトウ)

▼ Tracklisting

RECOMMENDED再入荷

AROVANE - Atol Scrap : LP

AROVANE Atol Scrap

Keplar (GER)
LP // KeplarRev05LP
3950 yen (税込)

Robert Henke(MONOLAKE)、Stefan Betke(POLE)、Torsten Profrock(DYNAMO)によって90年代後期に立ち上げられ00年代初頭の短い期間
のみで活動されていた伝説レーベルDINより、1999年にCDリリースされていた錬金術的メランコリック・エレクトロニカ・アブストラクト・テクノ・アンビエント珠玉名作!AROVANE「Atol Scrap」が20年の時を経てリマスタリング・アナログ化!!!祝。

エレクトロニカ最盛期City Centre Officeからの数々のフォークトロニカ名作リリースで知られる才人AROVANEによるディープ・エレクトロニカ・IDM・メランコリック・テクノ名品。フルトーン・アートワークのダイカット・スリーブ、ポリ裏地付きインナー、DLコード付き。2021年リマスタリング・アナログ復刻盤2LP。全11トラック。トラックリストからもどうぞ。 (コンピューマ)

▼ Tracklisting

RECOMMENDED再入荷

GOLDFINGER - XXXV 05 (Cubanized pt.1) : 12inch

GOLDFINGER XXXV 05 (Cubanized pt.1)

NOT ON LABEL (ITA)
12inch // XXXV05
---- yen (税込)

変化球エディットを放出しているイタリアの職人XXXVことMARCO ERROIのキラーエディットハウス”COMMON SERIES”がアフロ・キューバン・ジャズにフィーチャーした第5弾がリプレス!ジャズとラテン音楽のアフリカ・キューバ音楽のリズムを融合させたエキサイティングな打楽器グルーヴ。

第2弾が即売だった〈COMMON SERIES〉アフロ・キューバン・シリーズの第1弾をストック!打ち手の感触まで伝わるコンガと民族詠唱のミニマル構成、中盤に差し込まれたホーンセクションがキラーな「Tango」(sample1)や、サルサピアノが華麗に色づけるゆったりとしたラテンジャズ「Ciano」(sample2)など、素材の良さは言わずもがな、エフェクトやフィルインにエディットセンスが光る一枚! (Akie)

▼ Tracklisting

RECOMMENDED新入荷

THE FUNKIN' MACHINE - Allerta Meteo : LP

THE FUNKIN' MACHINE Allerta Meteo

SERIE PEGASO (ITA)
LP // PRD-SP1002 T
---- yen (税込)

ナポリ〈EARLY SOUNDS COLLECTIVE〉の中心プロジェクト"NU GUINEA"、イタロとラテンを融合したカリビアンディスコバンド”PARBLEU”のメンバーで構成されたドリームバンド”THE FUNKIN' MACHINE”のデビューアルバムをストック!ドライヴ感のあるファンクネス、地中海の心地よさをミックス。

MYSTIC JUNGLE TRIBEのメンバー、そしてナポリ〈EARLY SOUNDS〉の一員でもあるWHODAMANNYが主宰する〈PERIODICA〉のオフシュート〈SERIE PEGASO〉カタログ2番!テナーサックス、ドラム、ヴォーカル、、〈EARLY SOUNDS COLLECTIVE〉の中核パフォーマーが勢揃いした夢のプロジェクト”THE FUNKIN' MACHINE”、2017年のシングル以後活動が途絶えてましたが満を持してアルバムでのカムバック!浮き足立つ疾走感のカッティッグギター、ドラミングに引っ張られるディスコファンク「Prufessore」に始まり、ギアを緩めゆったりとした地中海グルーヴを披露したトロピカルブギー「Rafiki」(sample2)、コズミックファンク「Affittacamere Funk」など。トラックリストからも是非! (Akie)

▼ Tracklisting

RECOMMENDED新入荷

CLEARED - The Key : CD

CLEARED The Key

TOUCH (UK)
CD // TO116
2390 yen (税込)

Pan Americanのドラマー/パッカッショニストにして様々なコラボレーション・セッションでも活躍するSteven Hess、Opal Tapes、Denovall RecordsからリリースをするMichael Valleraというシカゴ才人2人によるプロジェクトCLEAREDの名門TOUCHからのニューアルバム「The Key」CD、ストックしました。

アブストラクト幽玄な生音とエレクトロニクス、フィールドレコーディングをメディテーショナル・エクスペリメンタル・インダストリアル有機的に構築したシカゴ・ポストロック経由のイマジナリー・アンビエントな音響サウンドスケープ集。Philip Jeck、Fennesz、Bethan Kellough、Olivia Blockという強者たちによるリワーク・トラックも収録した全8トラックCD。 (コンピューマ)

▼ Tracklisting

RECOMMENDED再入荷

XXXV EDITS - XXXV 06 (Cubanized pt.2) : 12inch

XXXV EDITS XXXV 06 (Cubanized pt.2)

COMMON SERIES (ITA)
12inch // XXXV06
---- yen (税込)

変化球エディットを放出しているイタリアの職人XXXVことMARCO ERROIのキラーエディットハウス”COMMON SERIES”の第6弾はアフロ・キューバン・ジャズ!チューチョ・ヴァルデス率いる伝説のキューバン・ジャズ・バンド”IRAKERE”をトリビュート。

〈COMMON SERIES〉が始動したアフロ・キューバン・シリーズの第2弾!パーカッションツール「Tool2」から、ファンクベースを際立たせたダンスカット「Girotondo」まで、バリエーション豊かなジャズダンス/ハウスを展開。リミテッド150。 (Akie)

▼ Tracklisting

RECOMMENDED再入荷

EIGER DRUMS PROPAGANDA - Eiger Drums Propaganda III : 2x12inch

密林トライバル、ネオトランス、コズミック、クラウトロックを混ぜたブラックボックス≒オルタナティブダンス体験。仏地下〈BROTHERS FROM DIFFERENT MOTHERS〉 作品でその名を知らしめる奇才デュオ"THE PILOTWINGS"の片翼LOUIS DE LA GORCE率いる”EIGER DRUMS PROPAGANDA”のアルバム第三弾!

レフトフィールドフロンティア〈MACADAM MAMBO〉にて2018年より続けるモダンダンスプロジェクト”EIGER DRUMS PROPAGANDA”最新作が到着!今作でも民族打楽器、アナログシンセサイザー、呪術詠唱を駆使してオルタナティブダンストラック11曲を展開。ハーフステップを刻む重力キックにシンセパルスや加工ヴォーカルが神秘的に差し込まれた「Night Pursuit」(sample1)から、本レーベルからアルバムもリリースする邦人アクトJIN CROMANYONを客演に迎えた日本語シンセウェイブディスコ「Pyramidal Building Detector」(sample2)、曲末にエレクトロニクス交えた長尺フィルレコサンプルを付けた「UV Church」、およそ15分に及ぶエスニックダンス「Anchor In Myster」(sample3)など。型にとらわれない手法やアイデア、自由自在。 (Akie)

▼ Tracklisting

RECOMMENDED新入荷

JEROME THOMAS - That Secret Sauce : 12inch Black Vinyl

JEROME THOMAS That Secret Sauce

RHYTHM SECTION (UK)
12inch Black Vinyl // RS043LPB
---- yen (税込)

アドリブとハーモニーの感覚、圧倒的なヴォーカルパフォーマンスで開拓する新時代のブリティッシュソウル!〈RHYTHM SECTION INTERNATIONAL〉より、R&Bシンガー/トラックメイカーJEROME THOMASのデビューアルバムがドロップ!ルーズさを持ち合わせつつスムーズなバックバンドも官能的なグルーヴを支えています。

ハックニー・ロンドン自治区に生まれ育ったソングライターJEROME THOMASのデビュー作。MARVIN GAYE/CURTISMAYFIELD/AL GREEN/JILL SCOTTといった往年のソウルから、USソウル盛時を迎えたBRANDY、そしてMICA PARIS/SOUL II SOUL/OMAR、70年代〜00年代の幅広いインスピレーションから為せるネオソウル・UKソウルの新境地に踏み入れた一枚!ユニセックスな魅力を持つファルセットにアドリブアレンジ、類稀なるヴォーカルセンスは、ジャムやレコーディングで進行形に拡張。支えるバックバンドのスムーズな演奏にもウットリする新流ネオソウルアルバムに仕上がっております、、!こちらは通常ブラックバイナル。 (Akie)

▼ Tracklisting

RECOMMENDED新入荷

JEROME THOMAS - That Secret Sauce : LP Red & Black Marbled Vinyl

JEROME THOMAS That Secret Sauce

Rhythm Section (UK)
LP Red & Black Marbled Vinyl // RS043LPC
---- yen (税込)

アドリブとハーモニーの感覚、圧倒的なヴォーカルパフォーマンスで開拓する新時代のブリティッシュソウル!〈RHYTHM SECTION INTERNATIONAL〉より、R&Bシンガー/トラックメイカーJEROME THOMASのデビューアルバムがドロップ!ルーズさを持ち合わせつつスムーズなバックバンドも官能的なグルーヴを支えています。

ハックニー・ロンドン自治区に生まれ育ったソングライターJEROME THOMASのデビュー作。MARVIN GAYE/CURTISMAYFIELD/AL GREEN/JILL SCOTTといった往年のソウルから、USソウル盛時を迎えたBRANDY、そしてMICA PARIS/SOUL II SOUL/OMAR、70年代〜00年代の幅広いインスピレーションから為せるネオソウル・UKソウルの新境地に踏み入れた一枚!ユニセックスな魅力を持つファルセットにアドリブアレンジ、類稀なるヴォーカルセンスは、ジャムやレコーディングで進行形に拡張。支えるバックバンドのスムーズな演奏にもウットリする新流ネオソウルアルバムに仕上がっております、、!こちらは限定カラーバイナル。 (Akie)

▼ Tracklisting

RECOMMENDED新入荷

HEALING FORCE PROJECT - Future Form, Functionless : LP

ポリメトリックを取り入れた超速ドラムプログラミング、圧倒的。LINKWOOD FAMILYのLINDSAY TODD主宰〈FIRECRACKER〉が新たなレーベル〈TENDING THE VOID〉始動。ANTONIO MARTINI aka HEALING FORCE PROJECTのハイパーテクノジャズ/ミュータントエレクトロニクスアルバム。

本家〈FIRECRACKER〉にも参加歴あり、〈BEDOUIN〉〈ACIDO〉〈BERCEUSE HEROIQUE〉 など、ジャンルを問わない先鋭レーベルで活躍してきた伊トレヴィーゾのANTONIO MARTINIによる実験エレクトロニック・ジャズ・プロジェクト”HEALING FORCE PROJECT”の新作アルバム!フットワーク、ジャングル、ドリルンベースの速度をジャズフュージョンのアプローチで凌駕。電子ドローン、モジュール、シンセパッドから、ファンクベース、サックス、エレピのアコースティックインスツルメントで妖艶に色付けたサイコゾイックジャズフュージョン。 (Akie)

▼ Tracklisting

RECOMMENDED新入荷

ELI KESZLER - Icons : LP+DL

ELI KESZLER Icons

LUCKYME (UK)
LP+DL // LM082LPC
3650 yen (税込)

NY拠点パーカッショニスト/作曲家/サウンド・アーティスト鬼才イーライ・ケスラーが最新作『Icons』をLucky Meよりリリース!!唯一無二のアンビエンスでエキゾチック・ミニマルな浮遊感も美しく素晴らしい。限定クリア・ヴァイナル2LP+DLコード付き。

これまでに〈Empty Editions〉、〈ESP Disk〉、〈PAN〉、〈Shelter Press〉といった先鋭的なエレクトロニック・ミュージックのレーベルからリリースを重ね、前作『Stadium』はBoomkatのアルバム・オブ・ザ・イヤーに選出された。また、ワンオートリックス・ポイント・ネヴァーことダニエル・ロパティンが手がけたサフディ兄弟の傑作『Uncut Gems』スコアへの参加、ローレル・ヘイローとのコラボレーション、Dasha Nekrasova監督の長編映画「The Scary of Sixty First」のオリジナル・スコアの作曲など活動の幅を広げている。ドラム、パーカッション、ヴァイブラフォン、マリンバ、フェンダーローズ、その他多数の楽器がイーライ自身によって演奏されている。ゲストには盟友コラボレーターでもあるヴィジュアル・アーティストのネイト・ボイスがギターシンセで参加している。 (コンピューマ)

▼ Tracklisting

RECOMMENDED新入荷

滞空時間 - Majo : CD

滞空時間 Majo

microAction (JPN)
CD // MACD-19
---- yen (税込)

相変わらずやってくれますね、鬼才・川村亘平斎率いる滞空時間2021新作「ディスクUNIONで知らない国のコンピレーションアルバムをジャケ買いしたら大当たりだった」って本当に大当たりですね。

架空の島音楽、架空の伝統、、真面目な"ワールドミュージック"から少し距離を置きながら絶妙のセンスでオリジナルな解釈を施し架空の言語で歌う。架空の訛りを捻り出すという奇跡の荒技。そこにはガムランのミニマルで清涼な響きと、アジアの街角から匂い立つような少しの切なさ。OOIOOのアルバム、"GAMEL"での全面参加やオオルタイチ他様々な異才との共演経験を経てグルーヴがソリッドになり、オルタナ感も自由自在。流石です。私が思いついたのはバリ島、スリランカ、ザンジバル、エチオピア,,etc。聴いてるあなたはどこの国の音楽を思い起こすでしょうか。
オオルタイチ氏が川村亘平斎との影絵公演用に書き下ろした幻の名曲も収録(sample3)。 (Shhhhh)

▼ Tracklisting

RECOMMENDED再入荷

GREEN-HOUSE - Music For Livings Spaces : CD

もはや安定の域、GREEN-HOUSEの2021年新作がCDで日本先行でリリース!SAM GENDELやJOHN CARROLL KIRBYなど輩出する今の西海岸の自由さを存分に感じます。リピート中〜!(Shhhhh)

人間と自然を調和させる最注目のアンビエント・アーティスト、Green-Houseの待望のファースト・フル・アルバムが遂に完成。2020年のデビューEPがここ日本でも各所で高い評価を得る中、遂に完成したフル・アルバム。EPでみせたミニマルな構成を踏襲しつつも、親しみ易いメロディーを加味してエモーショナルな円弧を描くような進化を遂げ、パンデミックの憂鬱を解消する、人と自然をつなぐ生活空間のための音のオアシスを紡ぎ出す。

ロサンゼルスを拠点とするノンバイナリー・アーティスト、Olive Ardizoniのプロジェクト、Green-House。2020年にMatthewdavid主宰の名門、Leaving RecordsからリリースしたEP『Six Songs for Invisible Gardens』が、ここ日本でも絶賛され、ライターやミュージシャンなど多数の方々の年間ベストに選出されるなど、現行のアンビエント・アーティストとして最注目の存在となった。そして遂にリリースされる本作『Music For Livings Spaces』は待望のファースト・フル・アルバムである(引き続きLeaving Recordsからのリリース)。

“何かをかわいいと感じるときの感情的な状態に影響される脳の部分を刺激しようとしているのです”とOliveは語っているが、パンデミックの最中に録音されたとはいえ、本作のサウンドは憂鬱な気分を解消してくれる効力を孕んでいる。
先行ファースト・シングル「Sunflower Dance」は、ハムスターが野原で楽しそうに踊っているような、気まぐれなイメージを呼び起こすことを意図しているとのことで、ピアノとフルートの穏やかな融合に煌くシンセが絶妙の間合いで流れていき、陽光が差し込むような爽やかで牧歌的な雰囲気を醸し出している。セカンド・シングル「Royal Fern」は聴き手を包み込むような眩いシンセが広がり、現代生活の現実から連れ出し、桃源郷へ誘うかのようなミニマルな旅へのアプローチ。また、「Rain」や「Find Home」では初めて自身のヴォーカルを披露し、ハーモニーも駆使しつ、カテゴライズできないニュアンスに富んだ瞑想的なオーラを醸し出している。さらには日本盤のみに収録のボーナス・トラック「Starling Murmurations」では、木琴のフレーズからシンセの重奏へとフェードしてじわじわと高揚させるリズミックなサウンドをみせるなど、アルバム全体としてEPでみせたミニマルな構成を踏襲しつつも、親しみ易いメロディーを加味してエモーショナルな円弧を描くようなカラフルで豊かな進化を遂げている。

Oliveは本作で表現しているような遊び心のある雰囲気に意図を持たせている。“私たちの文化では、悲しみや攻撃性などの感情を通じて深遠な芸術的表現を優先しますが、かわいらしさ、愚かさ、楽しさは私たちの文化では矮小化されるものです。子供じみていると言われ、無効にされてしまうのです。”と述べているが、本作の複雑で輝かしいアプローチは、この見方に反するものである。 さらに“かわいらしさと喜びは思いやりへの入り口です。それは、あなたの脳内のネットワークを共感し、活性化するための入り口であり、あなたの周りの世界の他の人々の道徳的関心を高めます。”と続けている。

『Music For Living Spaces』は、Green-Houseにとって一歩前進した作品である。
“このプロジェクトの意図は、人間と自然とのつながりを促進することです。自然を私たちから切り離されたもの、あるいは家の外にあるものとして認識するのではなく、自然は私たちの中にあり、私たちが日常生活の中で行うすべてのことの中にあるものとして認識することができるのです。大自然にアクセスできなくても、環境とのつながりを感じることができるのです。”
まさに人と自然をつなぐ生活空間のための音楽であり、パンデミックの憂鬱を解消する音のオアシス。人々の生活に寄り添う、2021年を象徴する作品のひとつになることは間違いない。

RECOMMENDED再入荷

MONO FONTANA - Cribas : CD

MONO FONTANA Cribas

SILENT RIVER RUNS DEEP (JPN)
CD // SR2D1006
2310 yen (税込)

7/7日発売。写真で切り取られた風景。夢中のような旅の風景へと誘うMONO FONTANA2007年の2NDアルバム。瞬殺だった1ST「CIRUELO」のアナログ化に続いて、当時日本でのみだったCDが再発。

アルゼンチン音響派と呼ばれた、アーチスト達とともに日本でも注目され、もっとも愛されてきたアーチストの一人MONO FONTANAの日本盤CDのみでリリースされていた名盤「Cribas」。フィールド・レコーディングやサンプルを使いながら描くノスタルジックでエキゾチックな幻想的世界。詫びサビの境地のピアノが素晴らしすぎる。1ST「Ciruelo」が躍動なら、こちらは静寂の世界。甲乙つかがたい内容。一生ものの一枚です。遅れているアナログリリースに先駆けてCDが7月7日にリリースになります。 (サイトウ)

▼ Tracklisting

RECOMMENDED新入荷

PUB - Summer : 12inch

PUB Summer

AMPOULE (UK)
12inch // AMP009
1990 yen (税込)

リプレス!ダブ・エレクトロニカ、リズミック・アンビエント、PUBの〈VERTICAL FORM〉からの2000年名曲「Summer」が自身の〈AMPOULE〉から再発!

20年前にリリースされたPUBの、そして当時エレクトロニカと呼ばれたようなサウンド全体としても屈指の名曲「Summer」。B-SIDEに発表曲を加えて自身のレーベルからリマスター、アナログリリース。16分に渡るライブ&インプロの結晶だそうです。 (サイトウ)

▼ Tracklisting

RECOMMENDED再入荷

ANTON BRUHIN - Speech Poems / Fruity Music : LP

ANTON BRUHIN Speech Poems / Fruity Music

BLACK TRUFFLE (AUS)
LP // BLACK TRUFFLE 073
3190 yen (税込)

1960年代からビジュアル・アーティスト、詩人、ミュージシャンとして活躍してきた、口琴名手にして、テープコラージュ、サウンドポエトリー、鳥の鳴き声などを用いたサウンド作品を制作してきたスイスの伝説的巨匠アーチストANTON BRUHINによる2006年から2008年にかけて、オーディオソフト「Fruity Loops」を用いて制作された26のコンピューターヴォイス・ミュージック短編作品をまとめたものがBLACK TRUFFLEよりリリース!!!

テクノロジーの創造的な使用と間違った使用法の両方を探究した、コンピューターによる合成楽器と音声合成機能を利用したウィットに富んだヘンテコ不器用な不思議な魅力の朗読作品、1980年代のビデオゲームのサウンドトラックのようなユニークなコンピューターミュージック全26篇を収録。コンパイルはMarc MatterとAnton Bruhinが担当、アートディレクション、カバーは本人によるもの。Joe Taliaがマスタリングを手がけている。 (コンピューマ)

*スリーヴ上部に微かな背割れの兆候が見られますが、許容範囲ないと判断いたしました。恐れ入りますがご了承お願いいたします。

RECOMMENDED再入荷

CARLOS NINO & FRIENDS - More Energy Fields, Current : LP

ニューエイジ & カウンターカルチャーを受け継ぎ、そして2021年進行形の西海岸L.Aシーンの先端を突っ走るカルロス・ニーニョと仲間たち。LAビート・ミュージックからスピリチュアル・ジャズ、アンビエントを独自に更新中。もはや貫禄の領域、、圧倒的です。今ジャズを紹介するINTERNATIONAL ANTHEMより!

“Spiritual, Improvisational, Space Collage”
魔法がかってます。今回特徴的なのはJamael Deanによるピアノ、さらにやっぱりこの人Sam Gendeのサックスやビブラフォン、さらにLaraajiも弦楽器チターとボーカルで参加(!)。そして胸熱なのはロンドンの今ジャズの中心でもありスペース・ジャム・プロジェクトTHE COMET IS COMINGのリーダーShabaka Hutchingsまで参加!20世紀のスピリチュアル/ロフトジャズの系譜を受け継ぎながら、アンビエントとという枠でこの集合体をまとめあげるカルロス・ニーニョの手腕。世がどんどん狂っていくなかでのこの調和と透明性、身体が必要としてます。素晴らしい。 (Shhhhh)

▼ Tracklisting

RECOMMENDED新入荷

VESLEMES - Apolithoma : 2x12inch

VESLEMES Apolithoma

INVISIBLE, INC. (UK)
2x12inch // INVINC30LP
---- yen (税込)

サックス、クラリネット、ビブラフォン、オーボエ、電子音で描き出すSFディストピアの世界。〈OPTIMO MUSIC〉〈BYRD OUT〉〈MACADAM MAMBO〉といったオルタナティブダンスの有力レーベルに軒並み名を残すギリシャの奇才VESLEMESことFELIZOLが〈INVISIBLE, INC〉にエントリー!

ANDREW WEATHERALLを始めとする著名DJのサポートに加え、LARAAJIといったレジェンダリーアクトも作品を残す重要レーベル〈INVISIBLE, INC〉最新作!映画監督としての顔を持つVESLEMESが、イギリスのSF作家J・G・バラードの作品に触発され制作したニューアルバム。多種アコースティックインスツルメントと電子アナログマシンを交配し、サイケデリック〜ジャズサウンドを展開。「Morning Patrol」や「Beatrice Dahl's Jungle Fever」などの基礎となるボトムがディスコ調のレフトフィールドダンスもあれば、タイトルでもある11分にも及ぶ密林ジャーニー「Apolithoma」などもあり、”サイケデリック”を共通語に幅広く遊んでます。トラックリストからもどうぞ! (Akie)

▼ Tracklisting

RECOMMENDED新入荷

近藤等則(TOSHINORI KONDO) - Blow The Earth (India) : LP

日本が誇る鬼才エレクトリック・トランペッター、故 近藤等則による、Miles Davis「On The Corner」の精神性、”第四世界”レジェンドJon Hassellにも通じるレフトフィールド実験的ジャズ〜エレクトロニクス〜ダウンテンポ・ダブ衝撃の意欲作にして2019年リリースの問題作「Blow The Earth (India)」がアナログLP化!!

1980年代半ばからToshinori Kondo & IMA名義での活動やDJ Krushとの共演ほか多岐に渡って活躍し、惜しまれながらも2020年10月に逝去した近藤等則が、同年4月に発表したレフトフィールド実験的ジャズ〜エレクトロニクス〜ダウンテンポ・ダブ衝撃の問題作「Blow The Earth (India)」がアナログLP化!近藤等則が1993年より始めた世界各地での野外演奏プロジェクト・シリーズ『地球を吹く』。これまでヨーロッパ、北アメリカ、アジア諸国ほか世界中の大自然の中で行われ、日本列島を舞台にした『地球を吹く in Japan』(2007年〜2011年)は映像作品としても発表されたことで大きな話題を呼んだ。本作は、2020年に予定していたインド・ハンピでの演奏の序章として、作曲/演奏/ミックスまですべて自身で行い、インドの"Subcontinental Records"よりリリースされた2019年作のアルバム作品で、Miles Davis「On The Corner」の精神性レフトフィールド実験的ジャズの世界観を、”第四世界”レジェンドJON HASSELLにも通じるエレクトリック・トランペットとクラブミュージックをダウンテンポ、IDMやドラムンベースなどのベース・ミュージック、レゲエ&ダビー・アンビエントに暗躍トリッピンに構築した、低空飛行ドープ圧巻の全9曲を収録。これまでの『地球を吹く』の活動をまとめたインサート付属、エンボス加工ジャケット仕様。 (コンピューマ)

▼ Tracklisting

RECOMMENDED再入荷

THOMAS FEHLMANN - Böser Herbst : CD

THOMAS FEHLMANN Böser Herbst

KOMPAKT (GER)
CD // KOMPAKT CD432
2190 yen (税込)

ノスタルジック・メロウ、エレガント・モダン・エレクトロニクス郷愁イマジナリー・ミニマリズム・ダブ名作の誕生。Palais Schaumburg、The Orbの活動でも知られるベルリンテクノ・エレクトロニックミュージック・シーンのレジェンド大御所Thomas Fehlmann新作が素晴らしい。レコメンドとさせていただきます。

2018年リリースの前作「1929 - Das Jahr Babylon」同様に、1929年のベルリンをテーマにしたドキュメンタリー「Herbst 1929, Schatten Über Babylon」のサウンドトラックとして今作も制作されている。1920年代の音素材、音楽などエッセンスをミュージック・コンクレート&カットアップ・コラージに取り込みながら、THOMAS FEHLMANNならではのエレガント品格のサイケデリック・アンビエンス、リスニング・テクノ、リビングサウンズにまとめあげられている。官能的サイケデリア・ミニマリズム・ダビーな深淵モノクローム・ディープな音像をイマジナリー郷愁のランドスケープな情景が脳内に浮かび上がる静謐なるリスニング・アンビエントなトリップ・ミュージックとしても秀逸。匠の全10トラック。 (コンピューマ)

▼ Tracklisting

RECOMMENDED再入荷

81〜100件 / 全1512件

< Back   Next >

pagetopへ

[試聴方法]

  1. ページにある試聴ボタンをクリックすると、自動的に音が流れます。自動的に音が鳴らない場合は、プレイヤーの再生ボタンをクリックして下さい。
    ※環境によっては読み込みに時間がかったり、再生できない場合があります。
  2. 試聴中の曲の詳細を知りたい場合や購入したい場合は、プレイヤー内のタイトルをクリックすると、試聴を保持したまま、詳細ページへ移動します。

×

×