menu 検索する ×閉じる

101〜120件 / 全1299件

< Back   Next >

WORLD STANDARD - あさがお : LP

WORLD STANDARD あさがお

CONATALA (JPN)
LP // CONATALA-002
---- yen (税込)

国産80sアヴァンロックPALE COCOON/ 繭 を〈INCIDENTAL MUSIC〉と共同で再発した〈CONATALA〉から、ワールド・スタンダードが細野晴臣プロデュースで1985年にデビューする以前に制作していた音源をアナログリリース!

鈴木惣一朗と児島路夫のワールドスタンダードがデビュー前に制作していたカセット音源がアナログ化されました。細野プロデュースのデビューアルバムや2ND「Allo!」は海外からも人気でご存知のとおりですが、この音源のLO-FIな音の中に秘められた、音楽のアイデア、ユニークさに驚きです。鈴木惣一朗の著書「細野晴臣 録音術 ぼくらはこうして音をつくってきた」の冒頭で、『細野の「泰安洋行」に出会い、圧倒され、4トラックのカセットレコーダーとシュアーのマイクひとつで制作を始めた』と語られる音源だと思います。DIYさや無邪気さ。そしてそこだけには収まらない魅力、好きな音楽の模倣をすることを超えたキラメキがあります。素晴らしい音楽。是非。 (サイトウ)

1982年、春から夏へと向かう季節。ふたりの若者が青春時代の一時期を費やして、1本のカセットテープの録音に明け暮れていた。その年の3月から"世界の標準"を意味するグループ名「ワールドスタンダード」を名乗り始めていたふたり、鈴木惣一朗と児島路夫。

東京西荻窪にあった児島の実家の一室で、2台のカセットデッキのピンポン録音を駆使しながら制作されていたその音楽は、鈴木が部屋で爪弾くギターやマンドリン、ウクレレを中心に、廊下を隔てた日本間に置かれていた児島のアップライトピアノが時おり加わった。さらには、浴室のエコーの鳴りを使って録られたパーカッションや、おもちゃのピアニカやラッパ、段ボールでこしらえたドラムが楽器として用いられるなど、子供のような無邪気さと実験精神に溢れた、思いつく限りの創意工夫が試された。演奏の背後でつけっぱなしのテレビの音や、さりげない生活音までもが彼らの音楽の一部として紛れ込んだ。楽しげな演奏を聞きつけ、同居していた児島の祖父母が襖を開けて録音の様子を見学に来ることもあった(ふたりはそのまま、老夫婦にお昼御飯をご馳走になったりもした)。

テープを回し幾度も繰り返し音を重ねて行くうち、若者たちは、この世のどこか遥か遠い国のフォークロアのようなその響きを、東京の街の片隅で自分たちだけが傍受することに成功したような気持ちになって、大いに興奮した。

80年代の東京のサブカルチャー・シーンを席巻していたテクノポップ、ニュー・ウェイヴの季節にあって、彼らが奏でるアナログでアコースティックな音色は、どこかノスタルジックな時代への情緒を湛えたものだった。エッジーで未来的なシンセ・サウンドに対し、彼らが懸命に音の中に描き出そうとしていたのは、モノクロのヨーロッパ映画のスクリーンの中で見た景色や、東京の街から次第に失われつつあった古き良き日本家屋の縁側の風景への憧憬の念だった。D.I.Y.、ベッドルーム・レコーディングという言葉すら無かった時代。鈴木と児島は1本のカセットテープの中に、懐かしくて新しい、まだ誰も聴いたことのない大衆音楽の誕生を夢見た。

本作品『あさがお』は、1985年、NON-STANDARDレーベルから細野晴臣プロデュースにより『World Standard』でデビューする以前に制作された幾つかのカセットテープの最初の作品。メンバーの友人たちの間で配布された他、前年から放送が始まっていたNHK–FM「サウンド・ストリート」(火曜パーソナリティー:坂本龍一)デモ・テープ特集への応募、カセット・マガジン「TRA」、アルファ・レコード/YENレーベルなどへ送られたものも併せて20本程度がダビングされて出回った。
当時の曲順のまま手を加えることなく、リマスタリングによって蘇った音源が、レコード盤として初めて世に出ることとなる。

『あさがお』のマスタリングは原真人。オリジナル・カセットのデザインを横山雄が再構築、インサートを含む全てのデザイン及び構成も手掛けている。

▼ Tracklisting

RECOMMENDED再入荷

DON GLORI - Dawn Calling : 12inch

DON GLORI Dawn Calling

NOTHIN PERSONAL (AUS)
12inch // NP002
---- yen (税込)

ジャズ、ブロークンビート、ハウス、ブラジル音楽の要素を取り入れた、オーストラリア・メルボルン気鋭アーチストDON GLORIと彼のバンドの生演奏による初々しいデビューEPにして、スピリチュアル・アーバン・メロウ・クロスオーバーな、フロアからリズニングまで魅了するビートダウン傑作となっている。

オーストラリア注目の新興レーベルNOTHIN PERSONALからの記念すべき第一弾リリース作品。確かな手腕と演奏、調和バランスによるメランコリックでグルーヴィン・ビートダウン、クロスオーバー・ジャジーな黄昏る全5トラックを収録。歌ものラッピンなB2「Pachionko King(ft. ML Hall)」(sample3)も非常に心地いい。レーベル共々これからの動きも非常に楽しみ。レコメンド。推薦盤とさせていただきます。トラックリストからも是非ともどうぞ。 (コンピューマ)

▼ Tracklisting

RECOMMENDED新入荷

WORLD STANDARD - 色彩音楽 : CD+BOOK

WORLD STANDARD 色彩音楽

STELLA (JPN)
CD+BOOK // SLIP-8509
3850 yen (税込)

【追加分入荷しました!】ワールドスタンダードが、10年ぶり12枚目となるオリジナル・フル・アルバム『色彩音楽』をリリース。デビュー35周年を迎えた鈴木惣一朗の集大成となる、初のボーカル・アルバム!
「ぼくたちは色彩の世界に生きている。 ぼくたちは色彩の音に包まれている。(鈴木惣一朗)」

CONATALA RECORDSさんからのアーリーデイズの音源「あさがお」の復刻に続いて、12年ぶりとなる鈴木惣一朗氏のWORLD STANDARDのニューアルバム到着です。さまざまなルーツ音楽を吸収しながら、独自のサウンドの現在をアウトプットした、実験的な試みと、成熟のポップサウンド。音と、言葉、歌の力。細野晴臣の世界的再評に続いて、各所で話題になるのは必至と思いますが、ニュートーンで音楽を買っているような人にも、そういう人にこそじっくり耳を傾けて欲しい。MOCKYやMONO FONTANAやSPINETTAなどをプッシュしてきた店として、素晴らしい音楽が産まれた時にちゃんと推せる店でありたいです。是非とも。 (サイトウ)

■製品仕様:40ページ中綴じ冊子+CD
■サイズ:B4変形(208 × 182mm)

【初回特典】CD購入者限定!約20分に及ぶアルバム未収録音源によるコラージュ集のダウンロードコード封入

▼ Tracklisting

RECOMMENDED再入荷

LUIS PÉREZ IXONEZTLI - Retusa – Santuario de Mariposas : 2LP

DON CHERRYの「Organic Music」にも匹敵するようなイマジナリーな世界。メキシコのリチュアル、躍動的で、時に深く潜り込む、LUIS PÉREZ IXONEZTLIの奇跡のような音楽をリマスター再発。

MR.BONGOからのベストセラー再発1981年の「En el Ombligo de la Luna」で知られるLUIS PEREZ。メキシコシティ産まれ。文化の違いを超えて、アメリカ先住民の音楽遺産を専門とするマルチインストゥルメンタリスト。ペヨーテやアヤワスカ。神、精霊の世界へとコネクトする、古代メソアメリカからの儀式、音楽のようなディープ・リチュアル。音の全てが特殊な法則のもと複雑に交差していくような、音楽的なレベルの高さ、それ風にやりました的な音楽とは一線を画す聴くべき一枚だと思います。1989年に録音され、のちにCDでわずかに出回った音源がスペインのTOKONOMA RECORDSからリマスター再発! (サイトウ)

▼ Tracklisting

RECOMMENDED新入荷

SUBA - São Paulo Confessions : CD

SUBA São Paulo Confessions

ZIRIGUIBOOM (BEL)
CD // ZIR 03
2290 yen (税込)

ブラジリアンミュージックとアブストラクト、カッティングエッジな90sエレクトロニックが出会った名盤。近年再評価著しい、ユーゴスラビアのインダストリアル/NEW WAVEシーンで活動し、ブラジルに渡り活動したSuba a.k.a Rex Illusiviの名盤がCDデッドストックで入荷しました。

近年、実験的な音楽サイドから再評価高まり再発が続いていたSuba a.k.a Rex Illusivi。ブラジル時代、彼自身の作品といては遺作となる99年の「São Paulo Confessions」。リリース数日後に、彼のスタジオが火災に見舞われ、彼がプロデュースを手掛けていたデビュー前のべべウ・ジルベルトの録音を救い出そうとして命落とします。その録音はTANTO TEMPOとして世界的なヒットとなる。核となるシンガーCibelleがヴォーカルを取ったカルロス・ジョビン+ヴィニシウス・ヂ・モライスの「黒いオルフェ」からの名曲「A Felicidade」はじめ、ブラジリアン・ミュージックとカッティングエッジなエレクトロニックミュージック、サイケデリックな感覚が今聴なおフレッシュな名盤です。AKSAK MABOULのMARC HOLLANDERの〈CRAMMED DISCS〉のサブレーベルからリリースされ世界的な人気となった一枚。〈WINDBELL〉さん経由でデッドストック入荷しております! (サイトウ)

▼ Tracklisting

RECOMMENDED

GUEDRA GUEDRA - Vexillology : LP

GUEDRA GUEDRA Vexillology

ON THE CORNER (UK)
LP // OTCRLP013
3990 yen (税込)

様々なメディアで絶賛だったモロッコはカサブランカのGUEDRA GUEDRAの待望のLP入荷。南米スローでも、アフリカgqomやamapianoでもないこれもワールド・ベース最先端ですね。

mixmagでも2020年間ベストに選ばれた12`から待たれていたアルバム。はっちゃけ高速パーカッシヴ・ビートに浮遊シンセにモロカン・フォルクローレのスパイス。jukeがアフロ・アメリカンから飛び出して北アフリカに飛び火してこうなった?アフロや南米も細分化してますがその辺の流行もどこ吹く風、この人らはやはりclap clap以降空いてたトリピカル・ベース直球の面白さとポップさを更新してます。ドラムンとかに混ぜたり、ピッチ遅くしたりしてフロアでも面白そう。カサブランカのスタジオってのもいいですね。デンゲ3やPENYAなどワールド∞ダンス系の新しいところをリリースする旬のON THE CORNERよりのリリース!ボーナスステッカーとフルカラー16ページのブックレット付き。エスノグルーヴ好きは押さえといてください〜 (Shhhhh)

RECOMMENDED新入荷

JUU4E - 馬鹿世界 : CD

JUU4E 馬鹿世界

EM RECORDS (JPN)
CD // EM1194CD
2530 yen (税込)

「数十年前、新世界のジャンジャン横丁で生きたニワトリを頭に乗せて酒を呑む老婆を目撃した。心の底からヤヴァイと思った。そんなヤヴァイと音楽のヤヴァイは違う。…と言うと思ったかもしれないけど、私はそんなに違わないと考える。JUU4Eの音楽には、謎に満ちた、宇宙人のような、もちろん笑えてしようがないヤヴァイ神秘に溢れている。JUU4Eはニワトリというよりカラスが似合う。『ニュー・ルークトゥン』ではカラスを頭に乗せていたが、『馬鹿世界』では怒りが彼をカラスに変えた。狂った世界の中、シラフでいるためにJUU4Eは今日も明日もキメるのだ。」(安田謙一/ロック漫筆)

stillichimiya/OMKのYoung-Gプロデュースの「New Luk Thung」に続いて、タイのJUUの新作アルバムがEM RECORDSからリリースされました。 アジアン・ローカル・サイケ、ヒップホップの魅惑! (サイトウ)

▼ Tracklisting

RECOMMENDED新入荷

JUU4E - 馬鹿世界 : LP

JUU4E 馬鹿世界

EM RECORDS (JPN)
LP // EM1194LP
2530 yen (税込)

「数十年前、新世界のジャンジャン横丁で生きたニワトリを頭に乗せて酒を呑む老婆を目撃した。心の底からヤヴァイと思った。そんなヤヴァイと音楽のヤヴァイは違う。…と言うと思ったかもしれないけど、私はそんなに違わないと考える。JUU4Eの音楽には、謎に満ちた、宇宙人のような、もちろん笑えてしようがないヤヴァイ神秘に溢れている。JUU4Eはニワトリというよりカラスが似合う。『ニュー・ルークトゥン』ではカラスを頭に乗せていたが、『馬鹿世界』では怒りが彼をカラスに変えた。狂った世界の中、シラフでいるためにJUU4Eは今日も明日もキメるのだ。」(安田謙一/ロック漫筆)

stillichimiya/OMKのYoung-Gプロデュースの「New Luk Thung」に続いて、タイのJUUの新作アルバムがEM RECORDSからリリースされました。 アジアン・ローカル・サイケ、ヒップホップの魅惑! (サイトウ)

HIP HOPのグローバルとは?ローカルとは?ハイプまみれの<馬鹿世界>を塗り替えるタイの異能ラッパー、JUU4Eの新作は21世紀の汎アジア・ミュージック希望の灯であり、世界に向けて放たれた黒船だ。いや、白昼堂々出現したのが黒船ならば、本作は夜を縫って海を渡り<新しいヤバいもの>を運んでくる密貿易の小型船だ。

米アトランタ生まれのTRAPビートは世界の共通言語となってレプリカを生み続け、アジアも例に漏れず多数のアクトが現れては消え、韓国、タイ、インドネシアといった国々のラッパーが注目されて久しい昨今。「YOUTUBE再生○○万回!」「インスタグラムフォロワー○○万人!」そんな惹句が飛び交い、ラッパーはソーシャルメディアを駆使し一発のバズからマネタイズを目論む仁義もへったくれもない中、ひたすら自分のローカルを力強く表明しオリジナルなHIP HOPを作り出し続けているのがJUU4Eだ。

若い才能が次々現れるタイにおいてOGとしてリスペクトを受け、独自の立ち位置を確立しているラッパー、JUU4E。前作『New Luk Thung』(2019)では、stillichimiya/OMKのYoung-Gプロデュースの元、タイの雑食ゲットー歌謡、ルークトゥンをHIP HOPと折衷し最新のHIPHOPであると同時に最新のルークトゥンでもあるという傑作を作り上げた。同作はタイ国内でも権威あるRIN (Rap is Now)の年間ベストにノミネートされるなど、内外に衝撃を与えたが、この『New Luk Thung』リリース時、実はすでに本作「馬鹿世界」の制作は始まっていた。

本作は全てJUU4Eのセルフ・プロデュース。タイ日英語を織り交ぜたリリックと、伸縮自在なフロー、前作より重心が低くダビーに煮詰められたトラックは、HIP HOP/TRAPを咀嚼し、完全に自分のものとした前作同様だが、特筆すべきは強く<アジア>をレペゼンしている意思が感じられる点だ。マレーシア音楽の影響を受けたタイ南部の舞踊芸能ロン・ゲン、日本民謡、そしてJUU4Eが幼い頃から慣れ親しんできたテレサ・テンの曲を引用しているが、JUU4Eの内部に取り込まれ出てきたそれらは、かつてワールドミュージックが持っていた見せかけのグローバルやエキゾチシズム、また現在のアジアのHIP HOPに悪気なく横行するセルフ・オリエンタリズムを軽々と一刀両断している。

もしあなたがアジアのHIP HOP熱いよね~とネットに氾濫する情報をかじって本作に触れたならば幸運。「馬鹿な世界」に真っ向から挑むリリックと、圧倒的な自由さでぶちかまされるサウンドに叩きのめされて是非とも馬鹿になって欲しい。

----------------------------------------------

=作品仕様=
+ 6P大判インサート封入
+ ミキシング:Young-G(stillichimiya/OMK)
+ 装丁:高木紳介(Soi48/OMK)
+ 解説:佐藤雄彦(俚謡山脈)
+ 完全日本語・英語訳詩掲載

※フィジカル版のみ特典「ジュウさんの謎の音楽遍歴まとめ」(江村責任編集)をしらっと封入。

▼ Tracklisting

RECOMMENDED新入荷

PHEW / JOHN DUNCAN / KONDO TATSUO - Backfire Of Joy : LP

PHEW / JOHN DUNCAN / KONDO TATSUO Backfire Of Joy

BLACK TRUFFLE (AUS)
LP // BLACK TRUFFLE 071
3090 yen (税込)

Phew、John Duncan、近藤龍雄の3人が1982年に法政大学で行ったコンサートを収録した未発表音源「Backfire of Joy」が、好調Oren Ambarchi主宰BLACK TRUFFLEよりヴァイナル・オンリー・リリース!!!80年代初頭の日本のアンダーグラウンド・シーンとLAFMS(ロサンゼルス・フリー・ミュージック・ソサエティ)との貴重な交流記録としても素晴らしい音源ヴァイナル化!!!

LAFMSのJOHN DUNCANが初めて日本を訪れた際の、彼らの初対面であり、この3者トリオとしても唯一の演奏でもある初々しいドキュメント即興音源の記録ともなっている。John Duncanによる短波ラジオ、近藤龍雄によるシンセ、テープループ、エコーの効いたピアノ演奏、Phewのヴォイス・パフォーマンスを収録。当時の写真、書き下ろしライナーノーツ付きインナースリーヴ付き。ヴァイナルオンリー・リリース。 (コンピューマ)

RECOMMENDED新入荷

GAUDI - Theremin in Hand / Theremin Memoir : 7inch

ロンドンのテルミン奏者/レゲエ・プロデューサーGAUDIによる、Lee Perryの名曲クラシック「Bird in Hand」をテルミン・ダブ・カヴァーした異色レゲエ作7インチ!!!入荷いたしました。推薦盤!!!

B面には、より電子楽器テルミンの浮遊する電子音の魅力も存分に伝わってくる味わい深いGAUDI魅惑のオリジナル曲レゲエ&ダブ「Theremin Memoir」(sample2)を収録。絶賛されたアルバム「100 Years of Theremin (The Dub Chapter)”」に続いての注目新作!!! (コンピューマ)

▼ Tracklisting

RECOMMENDED再入荷

CLAN CAIMAN - Asoma : CD

CLAN CAIMAN Asoma

EM RECORDS (JPN)
CD // EM1195CD
1980 yen (税込)

アルゼンチン・ニュー・ニュージックを代表する音楽家、エミリオ・アロ率いる五重奏団、クラン・カイマン(和名:カイマン族)のセカンド・アルバム登場。更に徹底した抑制の下、催眠音と原始的な脈動で奏でられる高湿度の室内部族音楽。

当店でも、アルゼンチン、南米音楽、再考の中で重要だったアーチストの一人エミリオ・アロのプロジェクトCLAN CAIMAN。新作です!ゆらりと浮遊する音の感覚、ミニマルな構築のユニークと、トロピカルとフォルクローレのいなたくも、ミステリアスな異次元世界。じっくりよいです。 (サイトウ)

<b>アルゼンチン・ニュー・ニュージックを代表する音楽家、エミリオ・アロ率いる五重奏団、クラン・カイマン(和名:カイマン族)のセカンド・アルバム登場。更に徹底した抑制の下、催眠音と原始的な脈動で奏でられる高湿度の室内部族音楽。</b>

アルゼンチンのマルチ・インストゥルメンタリスト作家、エミリオ・アロが「架空の部族の奏でる音楽を空想する」というコンセプトで結成した5人編成のバンド、クラン・カイマン。デビュー作『Clan Caimán』(2018)は、ハイラマズ、VIDEOTAPEMUSIC、トータス、トミー・ゲレロ、マーティン・デニー好きなどに幅広く聞かれるアルバムだった。注目の2作目である本作『Asoma (英語でRises)』でもカリンバを改造したアロの創作楽器<カリンバフォン>がアンサンブルの要となって地域不明のエスニシティーを匂わせるが、高いミュージシャンシップを持つアルゼンチンの演奏者達をして前作以上に抑制を課した編曲と演奏には<故意の退化>という方向での進化(深化)が聞き取れる。「ヴォーカルもシンバルもファンファーレもありません」とアロ自身が説明するように、8つの楽曲には気を引く派手な編曲や和声進行上のクライマックスを捨て去った上でのメトロエスニシティー感覚が、その演奏の音場には怪しい生暖かさと催眠性が充満する。高湿度の空気を封じ込めた装丁デザインは今回もSebastian DuranとIan Kornfeld。

RECOMMENDED新入荷

エマーソン北村 (feat. mmm) - 田舎はいいね : 12inch

バンコクナイツ・トリビュート第5弾にして最終章!ダブ、電子鍵盤の魔術師エマーソン北村氏による、バンコクナイツのテーマ曲「田舎はいいね」のカバー。レゲエのDISCO MIXみたいな構成も魅力のマジカルなサウンド。素晴らしすぎる!日本の音楽の至宝!「Rock Your Baby」のカバー(sample2)はこれに収録されています。待望の2021年リプレス再入荷!!!

日本のインディペンデント映画の気鋭の集団「空族」、富田克也監督による、タイ音楽ともにディープ・アジアの風景を切り取ったロード・ムーヴィー「バンコクナイツ」に関わったSOI48とEM RECORDSによる企画、坂本慎太郎xVIDEOTAPEMUSIC,STILLICHIMIYA, COMPUMA, 井手健介と母船, HAIR STYLISTICS,乙津理風、オザワ+バビロンバンドらが参加してきたバンコクナイツ・トリビュート第5弾にして最終章。エマーソン北村氏です。「田舎はいいね」のカヴァー& DUB VERSION、そしてEM RECORDSから再発され話題を呼んだトマトスの「Rock Your Baby」をmmm(ミーマイモー)のヴォーカルをフィーチャリングしたカバーと、映画中でも神がかっていたレジェンダリー・シンガー、アンカナーン・クンチャイのアルバムからのカバーの4曲。言葉をたくさん並べてしまったけど、言葉よりもサンプルの音源を聴いて欲しい。日本の音楽の至宝です。 (サイトウ)

▼ Tracklisting

RECOMMENDED再入荷

イルリメ - ゆめいどりいむ : 7inch

鴨田潤名義で配信のみでリリースされ話題を呼んでいたカーネーション・オマージュ曲「ゆめいどりいむ」が、直枝政広をコーラスに迎えたリメイク・バージョンとして待望7インチ・リリース!エレクトロニカ・ブレイクビーツ・ダビー・アンビエントなサイケデリック・フォーキー・ラッピン・ソウルフルなイルリメ節の麗しいオマージュ名曲の誕生。

鴨田潤、(((さらうんど)))など複数の名義を使い分け、著名アーティストへの楽曲提供や自身のアルバム制作、詩集の発売など多岐にわたる活動を行うシンガーソングライター/ラッパー、イルリメ。2016年に鴨田潤名義でインターネット上にアップし話題を呼んでいた楽曲「ゆめいどりいむ」が今回のリリースのためにリメイクされついにアナログ・リリースされた。A面には、カーネーションの直枝政広がコーラスで参加した、エレクトロニカ・ブレイクビーツ・ダビー・アンビエントなフォーキー・ラッピン・ソウルフルな「ゆめいどりいむ (Vox)」(sample1)、よりスローモーション・ダビーに浮遊構築されたSide-B「ゆめいどりいむ (Dub) 」(sample2)の2曲を収録。 (コンピューマ)

▼ Tracklisting

RECOMMENDED再入荷

PANOPTIQUE - How Did You Find Me ? : LP

PANOPTIQUE How Did You Find Me ?

MACADAM MAMBO (FRA)
LP // MMLP9009
2650 yen (税込)

加工が施された話し声・歌声が埋め込まれたミニマルシンセウェーヴ!THE PILOTWINGS、MORI RAなどが名を残すレフトフィールドフロンティア〈MACADAM MAMBO〉から、マルセイユのプロデューサー/ドラマーTHÉO DELAUNAYによるオルタナティブダンスプロジェクト”PANOPTIQUE”のデビューアルバムが登場!

本名義では〈ANTINOTE〉からシングルをリリース、実験パンクカセットレーベル〈SIMPLEMUSICEXPERIENCE〉オーナーとしても活動するPANOPTIQUEがアナログでは初のアルバムを発表!ミニマルシーケンスのアナログシンセに、仏語ヴォイスやマシンビートをレイヤーしたオルタナティブディスコトラックス。淡々とした女性ヴォーカルが浮き出る「Panoptique "Menta Y Regaliz" (feat. Fiesta En El Vacio)」(sample1)が妖しい。 (Akie)

▼ Tracklisting

RECOMMENDED新入荷

MAOUPA MAZZOCCHETTI - UXY Dosing © : LP  + UXY Dosing Capsule Pack

MAOUPA MAZZOCCHETTI UXY Dosing ©

BROTHERS FROM DIFFERENT MOTHERS (FRA)
LP + UXY Dosing Capsule Pack // BFDM025
3190 yen (税込)

LOW JACK主宰レーベル〈EDITIONS GRAVATS〉〈MANNEQUIN〉〈DARK ENTRIES〉等でもその異質な才能を見せつけてきたMAOUPA MAZZOCCHETTIが、仏地下集団”BFDM”こと〈BROTHERS FROM DIFFERENT MOTHERS〉に登場!異形トラップ、ミュータントリズムと攻撃的な電子音で放つレイブフューチャリズム。ZULI、EMMA DJら参加。

SIMO CELL & ABDULLAH MINIAWYに続く〈BFDM〉からのアルバムはCLARA!とのレゲトンコラボレートなどでも知られる異能MAOUPA MAZZOCCHETTI!90年代ハードトランス/レイヴに通づる鮮烈に発色するシンセサイザーで描くサウンドアートをハーフリズムに重ねた「Sceptre Chases Away Shadows」(sample1)というリードトラックが指針にもなりそうですが、攻撃性とダンスの共生。VICAをヴォーカルに迎えたミッドテンポIDM
「Moon Is A Bell For Meteor」(sample2)など、豪華な客演にも注目です。推薦!*アルバムの最後の3曲にアクセスできるカプセル付き。 (Akie)

▼ Tracklisting

RECOMMENDED再入荷

SILVER LEAF - Hey! : 7inch

SILVER LEAF Hey!

EMOTIONAL RESCUE (UK)
7inch // ERC 096
---- yen (税込)

歌とも語りとも括れぬ、、、独り言のようなフィメールヴォーカルと、センチメンタル・ポップなメロディをなぞるシンセサイザー。84~86年という短命の活動期間で残した3つのシングルはどれも入手困難と化しているミステリアスローファイポッププロジェクト”SILVER LEAF”が再発!

ニッチかつ良質な復刻ワークの〈EMOTIONAL RESCUE〉が、詳細不明のヴォーカリストSILVER LEAFの3rdシングル収録「Hey!」(1986)を7インチ再発!半笑いのサビ&会話のようなAメロがいじらしいヴォーカルに沿うエモーショナルなアナログシンセは、なんと70年代に活躍したハードロックバンド”ZEPHYR”の鍵盤奏者JOHN FARISが担当。フリップのニューウェイブバラード「Can We Rebuild Our City」(sample2)の哀愁漂うシンセラインにも注目、独特です。 (Akie)

RECOMMENDED新入荷

PETER CAT RECORDING CO. - Bismillah : 2LP

PETER CAT RECORDING CO. Bismillah

PANACHE (FRA)
2LP // PACHE003LPRE
---- yen (税込)

インド、ニューデリーのバンドという、ベールに包まれたポップバンドPETER CAT RECORDING CO. 。2NDアルバム「Bismillah」。アナログ、リプレスキャッチしました!100%リサイクルのバイナル仕様。

Phum Viphurit(プム・ヴィプリット)や、クルアンビンなんかに続きそうなインドのオルタナティヴ・ポップ・バンドPETER CAT RECORDING CO.のアナログ入荷しました。フランク・シナトラからディスコまで、オールド・ジャズ、60s 70sポップス、ソウル、コラージュや電子化を始めた頃のサイケデリックポップの実験なんかのエッセンスも見事に昇華したサウンドセンスが只者ではないユニークなサウンド。BRUNO PERNADASやWEEN的な奇妙な才能も潜んでるような(最高の期待感)。推薦盤! (サイトウ)

▼ Tracklisting

soundcloud
PETER CAT RECORDING CO. - Bismillah : 2LP gallery 0PETER CAT RECORDING CO. - Bismillah : 2LP gallery 1PETER CAT RECORDING CO. - Bismillah : 2LP gallery 2
RECOMMENDED新入荷

PETER CAT RECORDING CO. - Portrait of a Time : LP

PETER CAT RECORDING CO. Portrait of a Time

PANACHE (FRA)
LP // PANACHE002RE
---- yen (税込)

インド、ニューデリーのバンドという、ベールに包まれたポップバンドPETER CAT RECORDING CO. 。2017年の1STアルバム。100%リサイクルのバイナル仕様。アナログ、リプレスキャッチしました!

Phum Viphurit(プム・ヴィプリット)のビックブレイクや、クルアンビンなんかに続きそうなインドのポップバンドPETER CAT RECORDING CO.のアナログ入荷しました。60sポップス 70s サイケデリックポップなんかのエッセンスを見事に昇華したサウンドセンスが只者ではない最高なサウンド。こちらはPortrait of a Time (2010-2016)となずけられたアーリーワークスのコンピレーションなのか、テープ的な質感、ダブ、エディットなどラフな感じもありながらユニークなセンスが光ります。推薦盤! (サイトウ)

▼ Tracklisting

soundcloud
RECOMMENDED新入荷

PORTICO QUARTET & HANIA RANI - S/T : 12inch

PORTICO QUARTET & HANIA RANI S/T

GONDWANA (UK)
12inch // GOND121003
2390 yen (税込)

ポーランド人ピアニスト/作曲家のHANIA RANI(ハニア・ラニ)と、イースト・ロンドン拠点エレクトロニカ・ミニマリスト・ジャズ・クァルテットPortico Quartetによるスプリット12インチがMatthew Halsall主宰GONDWANAよりリリース!レーベルメイトでもある両者がお互いの曲を1曲選び、それをリワークするという企画のナイス・リリース。

両者の個性が互いの楽曲を新たな領域へと導いた美しいコラボレーション作となっている。 スピリチュアル崇高なるアンビエント・エレクトロニカ・ダウンテンポ・ソウルジャズ名品。LTDクリアヴァイナル12インチ。「Hania Rani - Nest(Portico Quartet Remix)」(sample1)「Portico Quartet - With, Beside, Against(Hania Rani Remix)」(sample2)の2トラックを収録。 (コンピューマ)

▼ Tracklisting

RECOMMENDED新入荷

KITCHEN CYNICS - Beads Upon An Abacus : LP

知られていなかったアウトサイダーな孤高のアーチストの系譜に新たな天才が発掘。〈THE TRILOGY TAPES〉からスコットランド、アバディーンのカセットレーベル〈LES ENFANTS DU PARADIDDLE〉でリリースを続けたALAN DAVIDSONのプロジェクトKITCHEN CYNICS。右耳と左耳で捉えた音の狭間に産まれる世界。素晴らしいです。推薦!

80年代後半からカセットでもリリースを続けるスコットランド、アバディーンのDIYなエクスペリメンタル・フォークギタリストALAN DAVIDSONのKITCHEN CYNICSをTHE TRILOGY TAPESがアナログ・リリース。BEN UFOやBEATRICE DILLON、WILL BANKHEADとも交流深いサンフランシスコのエクスペリメンタル・テクノアーチストJACK MURPHYがコンパイル。オーバーダブされた即興のエレクトロニック、ギター、ピアノ、声。イマジナリーなサウンドストーリー。 (サイトウ)

▼ Tracklisting

RECOMMENDED再入荷

101〜120件 / 全1299件

< Back   Next >

pagetopへ

[試聴方法]

  1. ページにある試聴ボタンをクリックすると、自動的に音が流れます。自動的に音が鳴らない場合は、プレイヤーの再生ボタンをクリックして下さい。
    ※環境によっては読み込みに時間がかったり、再生できない場合があります。
  2. 試聴中の曲の詳細を知りたい場合や購入したい場合は、プレイヤー内のタイトルをクリックすると、試聴を保持したまま、詳細ページへ移動します。

×

×