menu & search

141〜160件 / 全795件

< Back   Next >

MARY JANE LEACH - (f)lute songs : LP

MARY JANE LEACH (f)lute songs

MODERN LOVE (UK)
LP // LOVE109
2850 yen (税込)

イタリアの〈BLUME〉からのリイシュー「Pipe Dreams」が驚くほど素晴らしかったMARY JANE LEACHがまさかの〈MODERN LOVE〉から新しい作品を発表!!フルートと声を使った瞑想的なアルバムです!

ARTHUR RUSSELLやPETER ZUMMO、ARNOLD DREYBLATTやJULIUS EASTMANという錚々たる人たちと共に演奏しており、これまであまり注目されていなかったのが不思議であるMARY JANE LEACHが2枚目のレコードとなる(f)lute songsをリリース!Trio for Duo(1985)、Dowland’s Tears(2011)、Semper Dolens(2018)、Bruckstück(1989)の四曲で構成されたもので、複数人のフルートの演奏や、一人でテープオーバーダブをしたものなどしたものとなります。前作「Pipe Dreams」は即興演奏でしたが、こちらはすべての曲が作曲されており、フルート/声のゆっくりとした繊細な波が素晴らしい。 (日野)

▼ Tracklisting

RECOMMENDED新入荷

TOXE - Blinks : 12inch

TOXE Blinks

PAN (GER)
12inch // PAN88
1850 yen (税込)

スウェーディッシュプロデューサーのTOXE aka TOVE AGELIIによる12”が〈PAN〉より登場です。わずか2-3分の曲を4曲のみ収録した贅沢な作り。力強くもパワフルなシンセサイザーがエモーショナルに体に響く。

ゆっくりとしたBPMでのシンプルなシンセがここまで力強さを持っているのに驚きなA1が素晴らしい。グリッチでトリッキーなリズムやストリングスを乗せていくA2、B1を経由し、ラストトラックで後半に向けてじわじわと盛り上がりを作っていて、トータルわずか10分そこらで起承転結のある内容の深い12インチです。 (日野)

▼ Tracklisting

RECOMMENDED新入荷

AMNESIA SCANNER - Another Life : LP

AMNESIA SCANNER Another Life

PAN (GER)
LP // PAN96
2850 yen (税込)

コントラストのクッキリしたジャケットが印象的なAMNESIA SCANNERのサウンドも解像度が高く脳がぱきっとするミュータントなエレクトロニックサウンド!!

次なる〈PAN〉のアルバムはこれがデビューとなるAMNESIA SCANNERの作品。ブシャーというノイズがどこかエレガントであり、カオス過ぎずきっちりとプロデュースされた昨今のPANサウンド。メインストリームなR&B感もところどころあり、実験的でエモーショナル。AMNESIA SCANNERがどこを拠点にしているかは分かりませんが、泥臭さの無い最先端さでロンドンっぽさを感じます。A2ではPAN DAIJINGも参加! (日野)

▼ Tracklisting

RECOMMENDED新入荷

PAN DAIJING - Lack : LP

PAN DAIJING Lack

PAN (GER)
LP // PAN79
2850 yen (税込)

リプレスが到着!この作品から世界的に名が知れ、様々なフェスティバルへ出演していくなど飛躍していったPAN DAIJINGの1stアルバム。体内から音を吐き出したかのような生々しい実験的サウンド。

ライブセットを決めて作るというよりかは、毎回違うアプローチを行いライブの度に実験を繰り返していくというPAN DAIJING。過剰入力により割れた生音のサウンドや、ファルセットボイス、ハイフリーケンシーの潰れたディストーションサウンド、不協和音のシンセサイザーのシーケンス…そういったものがカオス過ぎないようにバランスよく配置された渾身のアルバム! (日野)

▼ Tracklisting

RECOMMENDED再入荷

RAIME - We Can’t Be That Far From The Beginning : 12inch

RAIME We Can’t Be That Far From The Beginning

RR (UK)
12inch // RR01
---- yen (税込)

先に行き続けるRAIME、今回のリリースでさらに探く潜っていく。ついに自分たちのレーベル〈RR〉を作り12”をリリース。ここから始まるRAIMEのリリースが本当に楽しみです。

〈DIFFERENT CIRCLES〉からの12”に続いて今年二作目となる作品は自分たちでレーベルを立ち上げてリリースすることとなりました。前作12”でもところどころでビートレスにし、空間を作った実験的なサウンドを作り出していましたが今作ではそこをさらに深く探求していっています。声や生活音のようなサンプリングを散りばめ、ストリングスや低音の効いたパーカッションの残響音などが印象的。スパイス的にリズムを入れたりしていて、そこもかなり刺激的です。いずれBJORKとかとコラボでもするのではないかと思ってしまう才能。 (日野)

▼ Tracklisting

RECOMMENDED新入荷

FRANCIS HARRIS - Trivial Occupations (2lp, Gf, Dl) : 2LP+DL

FRANCIS HARRIS最新作!自身が主宰する〈SCISSOR AND THREAD〉からソロとしては3作目となるフルアルバム。ブルックリンのアンビエントハウス作家が覗く音響の深淵。多彩なアーティストを迎え音の多重構造を創作したアンビエントトラック、そしてダンスフロアの制約の解放をアルバムの主題に掲げながらもビートを組込んだトラックまで、内省的なサウンドスケープを展開。

DJ SPRINKLES,MATTHEW HERBERT等、数々のアーティストとコラボレートしつつクラブシーンの中で重役を担ってきたFRANCIS HARRISが新作アルバムで新たなサウンドパレットを広げてます。DARKSIDEのマルチインストゥルメンツ奏者DAVE HARRINGTON,LAZLO名義でも知られるピアニストLÉAH LAZONICK等、過去作にも参加する実力者をサポートに迎え、ストリングス,ピアノ,チェロ,ビブラフォン,ノイズに至るまで多岐にわたるエレメントを重ね合わせ合わせたアンビエントトラックを披露。叙情的なビートレストラックは言うまでもなく、ビートを取り入れた「Dalloway」「Recital Of Facts」「Minor Forms」あたりには、ハウスプロデューサーとしてシーンを担ってきた手腕を感じます。フィールドレコーディング音源とヴォーカルを交えたタイトルトラック「Trivial Occupations」なんか息を飲む美しさ。トラックリストからもぜひ! (Akie)

▼ Tracklisting

RECOMMENDED新入荷

TERESA WINTER - What The Night is For : LP

TERESA WINTERが〈THE DEATH OF RAVE〉から2枚目となるLPをリリース。ひんやりとしたトゲトゲしさを持つ実験的サウンドをさらに突き進めていく。

〈THE DEATH OF RAVE〉からの2作目となるLP「What The Night is For」。詩的なエレクトロニックで、アンビエンスを聴かせながらもたまに突然音のピントが合うときにハッとさせられる。無音の中にポツポツと入れられる耳を澄ませて聴く緊張感のあるシンセサイザーや、真逆にたっぷりのリバーブで埋め尽くされた音像のはっきりしない抽象的なサウンドだったりと音量や解像度のダイナミクスがあるサウンドが特殊であり面白い。 (日野)

▼ Tracklisting

RECOMMENDED新入荷

VARIOUS - Hong Kong Disco : LP

VARIOUS Hong Kong Disco

WAN CHAI (CHINA)
LP // WC02LP
3590 yen (税込)

香港のレーベルWAN CHAIから、中国〜台湾のディスコ、レアグルーヴ・コレクション!

香港の中心地・湾仔(ワンチャイ)をレーベル名に掲げ、香港70s DISCO、カルトな7-A-Sideの再発でスタートしたWAN CHAI RECORDSの第2弾リリース。「Hong Kong Disco」。昨年OMAR-SのレーベルFXHEから突然再発されたシンガポール・ディスコ、AJL Bandのアルバムから朗らかなストーナー感覚サイケ・ロック・ファンク「This Is No Horse」で幕開け、ジャッキーチェンやサムハンキンポー作品にも出演してる女優で広東語ポップの大物歌手Deanie Ip (葉?嫻)A4、カーティス・メイフィールドの「make Me beleive you」(ビートは軽いんだけど、パーカッション、変なサイケ感ある不思議な曲)、アレサの「Day Dreamin'」「Loving you」等、カヴァー中心に、阿片のことが歴史の教科書にのる都市、香港の音楽。そして台湾、シンガーポルのレアな音源をコンパイル。 (サイトウ)

▼ Tracklisting

RECOMMENDED

ADMIRAL - Cash On The Line : LP

ADMIRAL Cash On The Line

WANDERING EYE (UK)
LP // WE05
2590 yen (税込)

アフロビートから、DOORSオマージュ的な曲まで、PANORAM主宰の〈WANDERING EYE〉からミステリアス・アーチストADMIRALのデビュー作。サン・ラ、ミーツ・アフロビート、マッドシンセサイザーのA2「Halfraw Meat」筆頭に驚きのサウンド!

Firecracker Recordingsからのデビュー作は2014年のFACTMAG年間ベスト1にも選出されたPANORAMが主宰するWANDERING EYEから驚きの一枚。圧倒的なドラミングとシンセサイザー/エレクトロニック・ピアノさばき、ベース。バンドなのかどうかすら不明ですが、かなりのレベル。ジャズ、ダブ、ドローン、サイケデリック・ジャム。これはかっこいい!! (サイトウ)

▼ Tracklisting

RECOMMENDED再入荷

LES MAXEL’S - LE RETOUR DE TOTO : 12inch

LES MAXEL’S LE RETOUR DE TOTO

ATANGANA (FRA)
12inch // ATGN002
---- yen (税込)

Gilles Petersonに注目され注目を集めているフランス・マルセイユのDeni Shainによって設立された期待の新レーベルATANGANA待望第2弾は、カリブ海南部グアドループのグループLES MAXEL’S1976年の同国フレンチカリビアン名レーベルDisques Debs Internationalからのラテン・クレオール・コンパ・ズークディスコな名曲「Le Retour de Toto」を12インチ復刻!!!

オリジナルバージョンも最高ですが、やはりなんとってもレーベル主宰Deni Shain本人による愛情たっぷりフロア・マナー必殺な2リミックス、中盤からのブレイク・インセ・インスト、そしてラテンパーカッションな展開にしびれるB1 ?Toto is Back (Déni Shain & Papastomp Remix)(sample2)、ドラム&パーカッション&ダビーなB2 - Toto is Back (Déni Shain & Papastomp’s Add Parts Only)(sample3)が最高すぎる!!!激レコメンド。 (コンピューマ)

▼ Tracklisting

RECOMMENDED再入荷

TONY ALLEN - Black Voices Remixes : 12inch

TONY ALLEN Black Voices Remixes

COMET (FRA)
12inch // COMET083
---- yen (税込)

Fela KutiグループAfrica 70の名ドラマーにしてアフロビートを産み出したリビング・レジェンドTONY ALLEN1999年のミニマル&ダブでサイケデリック・クラウトロック的世界観も取り入れた、新時代に向けての漆黒モダン・アフロビート・フューチャー大名盤「Black Voices」からの2018年リミックス12インチ!!!

2018年の今年にリミックス音源含めたボーナストラック付きで待望リマスタリング再発された1999年のアフロビート大名盤、Tony Allen「Black Voices」からフランス・リヨンのディープハウス・エレガント新世代の才人FolamourとパリのNITの2組による新たなリミックスが12インチ・アナログカット!!!柔らかでグルーヴィー・エレガントでハーモニーも美しいFolamourによるSide-A「Get Together (Folamour In Harmony Remix)」(sample1)、シンセ捌きの手腕も発揮されたNITによる激ファンキーなSide-B「The Same Blood (NIT Cosmic Remix)」(sample2)両リミックス共に即フロア即戦力!!!レコメンドとさせていただきます。 (コンピューマ)

▼ Tracklisting

RECOMMENDED再入荷

INOYAMALAND - Danzindan-Pojidon [New Master Edition] : CD

世界的に再評価が高まっている日本の環境音楽、黎明期を代表する日本のアンビエントの先駆者『イノヤマランド』細野晴臣もリリースに関わった1983年リリースの伝説となっている1stアルバム『DANZINDAN-POJIDON』(ダンジンダン・ポジドン)が、リリースから35年経った2018年、当時のオリジナルマルチトラックテープを新たにデジタルミックスダウンしたリマスタリング音源で待望の再リリースです。祝。

日本のアンビエントの先駆者『イノヤマランド』1983年リリースの1stアルバム『DANZINDAN-POJIDON』(ダンジンダン・ポジドン)は、現在の再評価以前から、その洗練されたアンビエント・サウンドが世界的に見ても先見性、完成度からして長らく伝説化していました。リリースから35エンジニアリングをROVOやDUB SQUADのメンバーで、砂原良徳のアルバム『liminal』のミックスなどで知られる益子樹(イノヤマランドの山下康の従甥でもある)に依頼し、当時の雰囲気を極力再現した精巧なミックスダウンを施し、リマスタリングした非常に鮮明で透明感溢れるニューマスター音源を制作、正式に再リリースします。オリジナル盤はプレス枚数がLP、CD共に少なく非常に入手困難であり国内外で中古盤の値段が高騰している為、まさに待望のリイシューです。マニアはもちろん、未体験の音楽ファンも必聴のアンビエント、環境音楽のマスターピースです。(レーベル・インフォメーションより) (コンピューマ)

▼ Tracklisting

RECOMMENDED再入荷

MOP MOP - Kiss Of Cali : 2LP

MOP MOP Kiss Of Cali

INFRACom ! (FRA)
2LP // IC1451
---- yen (税込)

2013年AGOGOからのアルバム「Isle Of Magic」が当店で大ヒット&ロングセラーを記録した、EXOTIC VOODOO. AFRICAN PERCUSSION & LATIN JAZZ FUNK & SEXYイマジナリー・クロスオーバーなイタリアのAndrea Beniniを中心としたジャズファンク・バンドMOPMOPの2008年のセカンド名作「Kiss Of Cali」が発売10年を記念して初アナログ化・祝!!!

ラテンピアノ、ヴィブラフォン、ジャズシンガーも交えたエクレティックでキャバレー・スウィンギン・ラテンジャズファンクとでも呼ぶべきスリリング且つ艶艶で粋な2LP全11曲。トラックリストからもぜひともどうぞ。限定500枚。レコメンド。 (コンピューマ)

▼ Tracklisting

RECOMMENDED再入荷

CORTEX - Troupeau Bleu : LP

CORTEX Troupeau Bleu

TRADVIBE (FRA)
LP // TVLP009
---- yen (税込)

フランス産ジャズロック屈指の名盤、CORTEXの1stアルバム「Troupeau Bleu」がリマスタリングで再リイシュー!

レアグルーヴ探求で発掘され、ダンスフロアジャズのクラシックスとして愛され、MADLIBやFAT JOEをはじめ多くのサンプリングで再び命を吹き込まれる75年のCORTEX 1STアルバム。エレクトリックピアノ、スキャット。ブラジリアンサウンドあたりにもインスパイアされた曲、ベースのグルーヴとリズム。幾たびかアナログ再発されてきましたが、CORTEXのレア音源を発掘してきた〈TRAD VIBE〉と〈FAVORITE〉が共同でリマスター再発。 (サイトウ)

RECOMMENDED再入荷

MACRONYMPHA / GUILTY C. - split : CASSETTE

MACRONYMPHA / GUILTY C. split

ADVAITA RECORDS (JPN)
CASSETTE // AR009
1000 yen (税込)

90年代初期から活動して数え切れないリリースをしているFrom US MACRONYMPHAとGUILTY C.のスプリットテープ。西宮のレーベル〈ADVAITA RECORDS〉より。

A面のMACRONYMPHAでは高音も低音も抜けたまま突っ走る緩急のあるノイズ。対するGUILTY C.は過剰入力で思いっきりぶっ込んでいく爽快なサウンドが最高。割れた音の奥で聴こえる繊細な変化に耳を澄ませる瞑想ノイズ! (日野)

RECOMMENDED新入荷

KLAUS KRÜGER - Advanced Dance : LP

NU GUINEAのMASSIMO DI LENAコンパイル、TANGERINE DREAMに在籍していたこともあるベルリンのドラム、マルチ・インストゥールメンタル奏者KLAUS KRIEGERの1982 ~ 1989. コンピレーション。

シンセサイザー・ミュージック/ジャズファンク/ディスコをベースに、イタリア、ナポリのアンダーグラウンドなダンス・ミュージックシーンの中心的存在〈Early Sounds Recordings〉と、その一員でコンパイラーでもある NU GUINEAのMASSIMO DI LENAとFLAVIA LAMPRECHTの別レーベル〈HALFWAY RITMO〉とのダブルネームでのリリース。クラウス・シュルツの〈INNOVATIVE COMMUNICATION〉からもリリースのあるベルリンのパーカッション、ドラム、電子音楽家KLAUS KRÜGERのコンピレーション。ICからの1ST,2NDからのセレクトではなくおそらく未発表と思われる貴重な音源集。オブスキュアエレクトロニクスと、メタリック・パーカッシッョン驚きのドープ・ダンスチューン「Outside」、ZERO SETの「Pitch Control」を思わせるようなトライバルなプロト・テクノ「Advanced Dance」等すごい音源が並んでおります。マストバイ! (サイトウ)

▼ Tracklisting

RECOMMENDED

SEBASTIAN GANDERA - Le Raccourci (1LP+MP3) : LP

'88年から'94年までのあいだに大量のD.I.Y.カセットを生産しつづけた、フランス孤高のローファイ宅録コンポーザー×印象派アヴァンギャルド・ピアニスト・SEBASTIAN GANDERAことÉRIC MORINの作品集を、NOISE IN MY HEAD主宰の〈EFFICIENT SPACE〉が再編リイシューです!

幼少期から自分の両親と同じピアノの先生から古典の訓練を受けたSEBASTIAN GANDERAは、すでに活動していた友人であり良き理解者であるパリのコールドウェイヴ・ユニット・A GETHSÉMANIのヴォーカリスト・BERNARD ODOTの影響から、大学の寮室でカセット作品の制作をスタート、当時のD.I.Y.ミュージックの交流の基盤であったエア・メールで欧州各地からアメリカに至るまでネットワークを拡げ少部数ながら多くの作品を産んだ。そんな彼のディスコグラフィーの最後とされる、ジャーマンロックやエリック・サティなど現代音楽からの影響を独特のセンスとユーモアで昇華したキュートでストレンジなオモチャ楽器演奏家・KLIMPEREIとのスプリット・アルバム「La Bakélite / Petit Aéroplane」('94)の音源を中心に、レーベル第2弾コンピレーション「SKY GIRL」を編纂した仏ヴァイナルディガー・JULIEN DECHERYがセレクト。これまでのラディカルなコラージュ作品とは画し、よりパーソナルな心象風景を映し出した儚くも美しきコンポジション。スペイン20世紀最大の詩人・ガルシア・ロルカの作曲した”C'Était A L'Aube”も収録した全15の短編集!DLコードカード封入。レコメンド。 (DNT)

▼ Tracklisting

RECOMMENDED新入荷

CONTAGIOUS ORGASM & GUILTY C. - The Sound of City Hunter : CASSETTE

名古屋の実験的ベテランユニットCONTAGIOUS ORGASMと大阪ノイズの雄GUILTY C.のコラボレーションカセット!

鳥の鳴き声だったり、バスクラリネットのような木管楽器のドローン、こもったドアを閉めるような音などなど…ひとつひとつのサンプリングの音が混じりあい、そこにノイズがだんだんと乗っていく。ディストピアではなく、なぜか多幸感にも似たものを感じる素晴らしい作品。 (日野)

RECOMMENDED新入荷

LE SYNDICAT ELECTRONIQUE - LE SYNDICAT ELECTRONIQUE : 2LP

フランス人のエレクトロ/WAVEのパイオニアであるLE SYNDICAT ELECTRONIQUE aka Alaxis Andreas G.によるコンピレーションアルバムを〈MANNEQUIN〉がリリース。これまでの作品から選曲し、未発表曲も追加してのリリースとなります。

ALESSANDRO ADRIANIのによるレーベル〈MANNEQUIN〉から、主に90年代後半から2000年中頃まで活動していたLE SYNDICAT ELECTRONIQUEの編集アルバムがリリースされました。どうしてもドイツ音楽を連想してしまいますが、主な影響はKRAFTWERKやJOHN CARPENTERなどから受けているようで、A面B面は懐かしさを覚えるシンセポップ感や気の抜けたメロディラインなどもあるWAVEなサウンド。C面D面は貼り付けてあるYouTubeで聴けますが、ジャンクなダンスの方向性になっていてこちらもカッコイイです! (日野)

▼ Tracklisting

RECOMMENDED新入荷

CROTOCOSM (WILLIE BURNS & JORDAN GCZ) - SETTING THE SCENE FOR AN ISLAND BATTLE : 12inch

WILLIE BURNSとJUJU & JORDASHのJORDAN CZAMANSKIによるデュオCROTOCOSMの2枚目となる12”がRUSH HOUR傘下の〈NO 'LABEL'〉より4年ぶりのリリースです!

いつも絶妙に奇妙でアンダーグラウンドなリリースをしているセンスある謎レーベル〈NO 'LABEL'〉ですが、今回もとても面白いリリース。L.I.E.SやTTT、UTTUなどからのリリースや他名義でも数多くのリリースをしているWILLIE BURNS、そしてJUJU & JORDASHのJORDANのタッグと聞くとテクノ方面の音を期待してしまいますが、こちらは湿気のあるエキゾチックなサウンド。B2での控えめなリズムとシンセの絡みなど素晴らしく、カリンバの音やニューエイジ的なシンセの音などで構成されていてリスニングに最適。〈MUSIC FROM MEMORY〉周辺を好きな人などにもお勧めします。 (日野)

▼ Tracklisting

soundcloud
RECOMMENDED新入荷

141〜160件 / 全795件

< Back   Next >

pagetopへ

[試聴方法]

  1. ページにある試聴ボタンをクリックすると、自動的に音が流れます。自動的に音が鳴らない場合は、プレイヤーの再生ボタンをクリックして下さい。
    ※環境によっては読み込みに時間がかったり、再生できない場合があります。
  2. 試聴中の曲の詳細を知りたい場合や購入したい場合は、プレイヤー内のタイトルをクリックすると、試聴を保持したまま、詳細ページへ移動します。

×

×