menu & search

141〜160件 / 全359件

< Back   Next >

ROBERTO MUSCI, GIOVANNI VENOSTA - A Noise, A Sound : 2LP

ROBERTO MUSCIとGIOVANNI VENOSTAによる三度目のコラボレーションアルバムが初めてのヴァイナルリリース!オリジナルはHENRY COWのドラマーでも知られるレジェンダリードラマーCHRIS CUTLERのレーベル〈RER MEGACORP〉から92年にCDリリース。これまでの作品に比べるとフィールドレコーディングよりも楽器演奏の部分が多めなじっくりと作りこまれた作品となっています。

国籍不明なトラディショナルのミックス、曲によって多種多様な楽器を演奏していてプログレッシブなようでプリミティブでもあるようなパラドックス。しかしながらMUSCI & VENOSTAの音楽的懐の深さを味わうことのできるもので、音楽的探検心が垣間見える刺激的な好作。日本だったと思ったらインドネシア、けど気づけばEDGAR VARESEの名前も入れられたコンロンナンカロウ的ラテンシンフォニー曲に!?聴いていると足元がふらつきここがどこだか分からなくなる、ナチュラルにドラッギーな体験をしてしまう音楽の世界探検。 (日野)

▼ Tracklisting

RECOMMENDED新入荷

RICCARDO SINIGAGLIA, MAURIZIO ABATE - Dialoghi Nel Vuoto : LP

イタリアのベテランシンセサイザー奏者RICCARDO SINIGAGLIA、同じくイタリアのギタリストMAURIZIO ABATEによるニューエイジ/実験的エレクトロニクス作品の最新作が〈SOAVE〉よりリリース!

これまでCHEE SHIMIZU氏の〈17853 RECORDS〉や、86年にリリースした名作「Riflessi」を〈SOAVE〉が再発するなど近年注目を集めているRICCARDO SINIGAGLIA。そのRICCARDOが空間系エフェクトなど多様するアヴァンギャルドギタリストMAURIZIO ABATEとの共作アルバムをリリースしました。片面長編の1曲ずつを収録しており、ニューエイジ/スピリチュアルなサウンドからスケールの大きなアヴァンギャルドな方向へ行き来していく。左右のPANの振り方などMIXも凝ったものになっています。 (日野)

▼ Tracklisting

RECOMMENDED新入荷

MARCO DALPANE - TIZIANO POPOLI - Scorie : LP+CD

MARCO DALPANE - TIZIANO POPOLI Scorie

SOAVE (ITA)
LP+CD // SV10
---- yen (税込)

1985年に発表され、以後コレクターによって長いあいだ探されてきたScorieが〈SOAVE〉より待望の再発!ライヒやグラスにも繋がるイタリアミニマル音楽の隠れた名作。要チェックです。

シンガー、ダンサー、パフォーマーなどの顔を持つMARCO DALPANEと、ダンス作品や映画などの作曲を行うピアニスト/作曲家のTIZIANO POPOLIの二人によって制作されたScorie。時間をかけてゆっくりと構築して音数を増やしていくミニマルな展開。スティーブライヒやフィリップグラスから影響を受けたような部分もあり、アカデミックに作られながらも固くなりすぎず少し頭を柔らかくして作られているのが良い。B1(sample1)は特に素晴らしく、展開の驚き、感動があるのでサンプル音源フルで聴いてみてほしいです。やはり80年代のイタリアのミニマル/アバンギャルドな作曲家たちは本当に素晴らしい。イタリアのレーベル〈SOAVE〉はレーベル買い必須です!こちらも大推薦! (日野)

▼ Tracklisting

RECOMMENDED再入荷

O.A.S.I. - Il Cavaliere Azzurro : LP

O.A.S.I. Il Cavaliere Azzurro

SOAVE (ITA)
LP // SV09
---- yen (税込)

イタリアのマルチメディアグループO.A.S.I.の唯一リリースされた作品をイタリアの極上レーベル〈SOAVE〉がリイシュー!清水靖晃にもリンクできそうな音楽。素晴らしいです。

イタリアのレーベル〈SOAVE〉によって80年代のイタリアのミニマルシーンの素晴らしい音楽がたくさん紹介されていますが、このO.A.S.I.も例によって素晴らしい。色々な音楽が交じり合いながらもオリジナリティを確立していて、他に例えることができない特殊な音楽となっています。電子音やミュージックコンクレートの手法を使いながらもアフリカからの影響があるようでもあり、オリエンタルでエキゾな響きもある作品。1985年に発表された作品で、O.A.S.I.はこの一枚しかリリースしなかったようです。他の作品も聴きたかった。 (日野)

▼ Tracklisting

RECOMMENDED再入荷

WOLF VOSTELL - De-coll/age Musik : LP

WOLF VOSTELL De-coll/age Musik

SOAVE (ITA)
LP // SOAVE002
---- yen (税込)

フルクサス創始者のメンバーの一人であり、アランカプローのパフォーミングアーツ「ハプニング」の扇動者であったというキャリアを持つヴィジュアルアーティスト/作曲家であるWOLF VOSTELLの1982年作のアバンギャルド電子音楽アルバムが〈SOAVE〉より再発!

2017年からスタートした〈CINEDELIC RECORDS〉のサブレーベルである〈SOAVE〉の第2弾として発売されたWOLF VOSTELLの1982年作のミュージックコンクレート作。シュトックハウゼンやナムジュンパイクとの出会いから電子音楽への興味を持ち、制作を始めたWOLF VOSTELLがこれまで作り溜めていた音素材を使って制作した作品となります。街の喧騒や金属の重なる音、ラジオの音などを取り入れていて、特にラジオの発信音がすごくかっこいいです! (日野)

RECOMMENDED新入荷

ROEDELIUS - Piano Piano : 2LP

ROEDELIUS Piano Piano

SONG CYCLE (UK)
2LP // CY993
2850 yen (税込)

CLUSTERやHARMONIAとして言わずと知れたレジェンドROEDELIUSのメディテーティブな壮大なピアノ作。

オリジナルは91年のCDリリース。ほぼピアノだけではありますが表現の幅が広く、身を任せてじっくりと音の中に入り込むことができる作品。それぞれの曲にストーリーがあるかのような構成で、多幸感溢れるものやエモーションが染みる感動的な曲などなど2LPの中にたっぷりと収録されています。そしてラストのD面はピアノとシンセを重ねた45回転長尺曲(tracklistから試聴可能)。ROEDELIUSの精神世界に入っていく深みのある素晴らしい作品です。 (日野)

▼ Tracklisting

RECOMMENDED再入荷

CHRISTINA KUBISCH, FABRIZIO PLESSI - Two And Two : LP

名門〈CRAMPS RECORDS〉傘下のFluxusなどのアヴァンギャルドアートムーブメントにフォーカスを当てたレーベル〈MULTHIPLA RECORDS〉から77年にリリースされたアルバムTwo And Two。音楽家とは少し違う方面から鳴らしているリズミックな音の揺れやドローンなどが素晴らしく良いミニマルな名作。

音楽を学んだ後、インスタレーションやペインティングなどもしながらサウンドアーティストとして活動しているCHRISTINA KUBISCHと、フィルム作家であったりFluxusハプニングなども行ってきたFABRIZIO PLESSIの二人による作品。バイブレーターやスティールドラム、コンタクトマイクやアンプ、フルートなどを使用して実験を重ねているようですが、この音が最終的にどうやって鳴らされているのかが分からないようなものが多くすごく面白い。もちろんそれらはすべて音楽的に鳴っていて、ハイライトでもあるA1のEarthの痙攣する弦楽器や声がエモーショナルに美しく響いていいます。 (日野)

RECOMMENDED再入荷

MICHELE FEDRIGOTTI, DANILO LORENZINI - I Fiori Del Sole : LP

またも素晴らしいイタリア音楽の発掘です。演奏されている内容は必要最小限に抑えられつつも、効果は最大限発揮されたダイナミクス溢れる素晴らしい作品。オリジナルは名門〈CRAMPS RECORDS〉から79年に発売され、これまで際立って注目を浴びることがなく今回が初めての再発であることに驚きです。デュシャンやロバートラウシェンバーグなどの歴史的アーティストなどのアートと音楽の交差するところなどの発掘をしている注目のレーベル〈SONG CYCLE〉より。

今作はなんとプロデューサーFRANCO BATTIATOに迎えたイタリア人デュオによるアルバムです。クラシックピアノの奏者であるMICHELE FEDRIGOTTIとDANILO LORENZINIはスタジオミュージシャンとして他の人の作品に参加する事がほとんどでしたが、70年代から80年代にかけてBATTIATO関連のものに広く参加。GIUSTO PIOの名盤Motore Immobileでも演奏しているようです。ほぼオルガン、ピアノのみの演奏で、瞑想的な持続音と残響音が印象的な曲や、オルガンの神々しい圧倒的な曲などバリエーションに富んだアルバム。ほんとに素晴らしいです。 (日野)

▼ Tracklisting

RECOMMENDED新入荷

TERRY FOX - Audioworks : LP

TERRY FOX Audioworks

SONG CYCLE (UK)
LP // CY983
---- yen (税込)

ボディアートやコンセプチュアルアートの第一人者でもあるTERRY FOXによる音に関する作品。音に魂が乗っているような霊的なサウンドで怖さと美しさが混在しています。

ギターのフィードバックのようで、もっと安定したオシレーターのような音が不規則に揺れ、それが電気でそうさせているというよりかはテープのカスレのような自然発生的なもののように聴こえるA1とA2。Alvin Lucierの実験のような、自然現象の側面で音を捉えているようにも聴こえてきます。しかしそれが脳を震わせるようなトリップ感もあり、ただの現象ではなく音楽的にも素晴らしい。弦楽器を使った曲では、器楽を聴かせるというよりはARNOLD DREYBLATTのように倍音にフォーカスしているように思えたり、アラームなど楽器ではないものには音楽的に聴かせるアプローチをしていたりと、天邪鬼な表現をしているところもすごく面白いと思えるポイントであると思います。 (日野)

▼ Tracklisting

RECOMMENDED新入荷

ROBERT RAUSCHENBERG, KAT EPPLE, BOB STOHL - STRATEGIC STRUCTURES : 12inch

生活と芸術の狭間に焦点を当てた「コンバイン」という手法でアート作品を発表し、JOHN CAGEにも影響を与えたROBERT RAUSCHENBERGらによる作品。オリジナルはCDで発売され、こちらが初めてのレコードでの発表となります。

ベッドを縦かけインクを塗りつけた作品、その名も「ベッド」などで普段の生活とアートの境を無くす試みで有名なラウシェンバーグ。彼に教鞭を取っていたJOHN CAGEもその発想に影響を受けた作品を作り、度々ラウシェンバーグの事についての言及もしていました。こちらは「Strategic Structures(戦略的構造)」と名付けられた金属彫刻作品も使って録音された作品であり、恐らく唯一の音楽関連のリリース。鳴っている音を聴くと、どのようにその金属彫刻を使っているのかははっきりしませんが、意外にも煌びやかで神秘的なNEW AGE感も感じるシンセサイザーサウンド。不協和音と正常な和音の行き来をしながらじわじわと多幸感を感じ、宗教的にも聴こえてきます。A面B面長尺1曲づつですが、試聴はB面を2つに分けてアップしています。 (日野)

RECOMMENDED新入荷

MICHAEL SNOW - THE LAST LP Unique Last Recordings of the Music of Ancient Cultures : LP

アヴァンギャルド映画で知られるカナダトロントのMICHAEL SNOWによる架空のサウンドトラック。もっともらしく「古代文化音楽の最後の録音」と題されたレコードですがすべてでっちあげ。しかしながら、ふざけながら作ったと思われる録音がどれも面白く素晴らしい作品。これは大推薦です!!

40数分かけて部屋の中の写真にズームインしていくという「Wavelength(波長)」という67年のミニマルな映像作品などで知られるMICHAEL SNOW。他にも自身の映画にアルバートアイラーを起用したり、演奏家としてもTONY CONRADやDEREK BAILEYなどとも共演。こちらは87年に作った失われた文化の音楽を自分で勝手に作り出した嘘っぱちフィールドレコーディングコンピレーション。実際に録音したフィールドレコーディングと楽器や声を重ね、見様見真似の中国やインドの音楽がなんとも素晴らしい!あえてでっちあげたものとするのではなく、普通に音楽作品として紹介してもいいのではと思ってしまう。色々な音楽性が面白いのでtracklistからも聴いてみてほしいです。推薦します。 (日野)

▼ Tracklisting

RECOMMENDED新入荷

VARIOUS - Revolutions Per Minute (The Art Record) : 2LP

ソーホーのGreene Street Recording Studioに所属するJEFF GORDONによって監修された82年リリースの実験的でスカムなアルバム。シンプルだからこそ音の力は強い。

オリジナルは1982年に発売されたというこのコンピレーション。ほとんどが3〜5分の中で制作されたもので、シンプルでプリミティブな響きのものやスポークンワーズがアルバムの中で散りばめられ、そういった実験的な響きの流れから聴取するものをおちょくるように突然カントリーやポップミュージックが流れ出す。シンプルなサウンドをじっくり聴くとそれがもつ音の力がとても強力で今一度音について考えさせられたりも。実験的でスカムさも感じられるアルバムです。 (日野)

▼ Tracklisting

RECOMMENDED新入荷

AYMERIC DE TAPOL - BOMBINA : 7inch×2

AYMERIC DE TAPOL BOMBINA

ANGSTROM (BEL)
7inch×2 // ANGSTROM019
1890 yen (税込)

VLEKからのEP「Les Horizons」も面白かった、ベルギー・ブリュッセルのコンポーザー Aymeric de Tapolによるフィールドレコーディング、ドローン、エレクトロニックをアーティスティックに融合したムーディーなサウンド・アート・エレクトロニカ・プロトテクノ4トラックEP!!!7インチ2枚組。

今作も、ユニークでヨーロピアン・ジェントル品格なアートとリスニング、クラブミュージックの狭間に浮遊する興味深い作品。やはり、エクスペリメンタルでエレクトロニック・サウンズながら、ベルギー・ブリュセルということもあり、どこか当時のクレプスキュール・レーベルを思い起こさせてくれるかのような魅力も感じさせてくれる。アートワークもナイス。 (コンピューマ)

▼ Tracklisting

RECOMMENDED新入荷

VIBRATION BLACK FINGER - Sweet Nothing (feat. Ebony Rose) : 7inch

80年代よりDJをスタート、アシッドジャズ・ブームでは初期The Brand New Heavies創設メンバーとして在籍、Gilles PetersonのTalkin' LoudからHeliocentric World名義での活動、現在もドラマー、パーカッション奏者とのAstrojazz improv collective Woven Entityを結成した、ロンドン・アンダーグラウンド・ジャズ・シーン重要人物ベテランLascelle Gordonによる入魂プロジェクトVIBRATION BLACK FINGER最新シングルが7インチ・リリース!推薦盤。

Ebony Roseのヴォーカルをフィーチャーしたインターギャラクティック・コズミック・ソウルフルなSide-A「Sweet Nothing (feat. Ebony Rose)」(sample1)、ソプラノサックスがリードするスピリチュアル・ジャズ・インストゥルメンタル・メディテーショナルなSide-B「Song for Enid」(sample2)も壮大で美しい。レコメンド。 (コンピューマ)

▼ Tracklisting

RECOMMENDED新入荷

鶴岡龍とマグネティックス - Completo : CD

エキゾチック艶歌トークボックス新世界レゲエ&ダブとでも呼ぶべき新たなサイケデリック・アダルト・コンテンポラリー音楽世界をきりひらいた宅録完全自主制作デビューアルバム「LUVRAW」と、ラテンをテーマにムーディー妖しく、イージーリスニング・オールドラテンのリズムとメロディが気怠くやるせない自主流通のみでごく少数のみ限定販売された「甘夏EP」を1枚のCDにまとめた、鶴岡龍とマグネティックス完全版といえるCD作品「Completo」が発売された!!!祝。

色気と艶をヨコハマ・エキゾチック&昭和歌謡ムーディー&オールドラテンを感じさせてくれる日本語によるトークボックス歌心のソウルフル哀愁が濃密変態エロチック・サイケデリックに沁みわたる。まさに熟れすぎた禁断の果実。細部にこだわりを感じさせてくれるアナログな音質と鳴りの空間にもグッとくる。やはり何といっても「君の養子になりたい?」という必殺の決め台詞に完全ノックダウンしてしまうメロウ日本語ラヴァーズ名曲「KIMINOKO」(sample1)を筆頭に、イージーリスニング・オールドラテン古典クラシックス「Guajira para los pollos」のカヴァー(sample2)のやるせなさ、フィメールラッパーNOPPALをフィーチャーした4曲目「されどカサノバ」(sample3)にゆるやかに悶絶うっとりと艶艶濡れ濡れしてしまう。※『甘夏EP』収録の『一人でチャチャチャ』『たぶんヘブン』『鶏の踊り(元名:Guajira para los pollos )』こちらの3曲は地味に手を加えた新バージョンになっております。全13曲。トラックリストからもどうぞ。 (コンピューマ)

▼ Tracklisting

RECOMMENDED再入荷

STEVE GUNN - The Unseen In Betwee : CD

STEVE GUNN The Unseen In Betwee

MATADOR (US)
CD // OLE13092
---- yen (税込)

RVNG INTL. IMPORTANTなど重要レーベルからのMike Cooper、Michael Chapmanとの共作も素晴らしい名手ギタリストであり、インド古典音楽ラーガに深く影響をうけたトラディショナル・アメリカン・ギタリスト、Steve Gunn新作!!!

USサイケ・フォークの申し子Kurt Vileが絶対の信頼を寄せるアーティストであり、USフォーク、ルーツ・ミュージック・シーンの重要アーチストでもある彼のUSロック名門Matadoraからの2年ぶりのソロ新作。可憐で味わい深い自らの歌声とギターによる思慮深くエモーショナルな9曲。たおやかな風が吹いている。トラックリッストからもどうぞ。 (コンピューマ)

▼ Tracklisting

RECOMMENDED新入荷

MYRIAM BLEAU - Lumens & Profits : LP

MYRIAM BLEAU Lumens & Profits

WHERE TO NOW? (UK)
LP // WTNLP10
2290 yen (税込)

カナダのデジタルアートパフォーマンスのアーティストであるMARIAM BLEAUの恐らく初めてとなる音原作品がロンドンの〈WHERE TO NOW?〉からリリースです。MARK FELLや池田亮司的な質を持ちつつ、フィジカルな要素も含まれたオーガニックなリズムがハマる。

出て来る音はMAX/MSPを使ったようなMARK FELL直系のインテリジェンスなエレクトロニックミュージックですが、アプローチの仕方が普通とは違って面白い。動画を見て頂けると分かりますが、回転するコマを回してそれに反応して光や音が出て来るようなシステムを作って制作されたもの。決められたアルゴリズムの中で反応しながらも、フィジカルな要素も足された肉体的なシーケンスが面白く見ても聴きいても飽きないもの。精査された無駄の無いサウンド選びも秀逸です。ビジュアルも含めてトータルで魅せる新しい才能だと思います。 (日野)

▼ Tracklisting

RECOMMENDED新入荷

TOHRU AIZAWA QUARTET(相澤徹カルテット) - Tachibana Vol.1(橘 ボリューム・ワン) : 2LP

群馬県の実業家でありジャズ・フリークだった橘郁二郎が、地元群馬の才気溢れる若きジャスメンをバックアップして1975年に完全自主制作され、一般流通はされておらず、150-200枚ほどを橘が名刺がわりに関係者や顧客に配ったという、幻の中の幻であり、激レアな国産スピリチュアル・モダンジャズの秘宝が、まさかでUK名レーベルBBEより初アナログ復刻された!!!

当時、ズート・シムズなど海外のジャズミュージシャンも招聘していたという所有の橘サウンドホールにて録音された本作は、当時のジョン・コルトレーン、ファラオ・サンダース、マイルス・デイビス、ウェイン・ショーターなどに影響を受けたというスピリチュアル・モダン・スパークする必殺5曲が収録されている。オリジナル盤に忠実に当時の日本語ライナーも再現ライナーノーツ(英語)も付いてます。見開きゲートフォールドジャケット。アナログ2枚組LP。想いと熱量と集中力が尋常でない全曲が凄い。素晴らしい復刻。 (コンピューマ)

▼ Tracklisting

RECOMMENDED再入荷

HIA & BIOSPHERE - Polar Sequences (Remastered) : CD

音響名門Touchからの数々の名作で知られる、ノルウェー、アンビエント才人BIOSPHEREことGeir Jenssenが、The Higher Intelligence Agency(HIA)とコラボレーションした1996年の自然科学フィールドレコーディング・エレクトロニック・アンビエント名作「Polar Sequences」が自身のレーベルBIOPHONよりリマスタリング復刻。CDも入荷いたしました。

BIOSPHEREの住むノルウェー北部のロープウェイ、山頂の山小屋などの極寒の環境音をフィールドレコーディング、それらを素材にエレクトロニック加工して作り上げた壮大なる音のドラマ。臨場感と共にイマジナリーな音風景とエレクトロニックがアンビエントにダウンテンポ・ドキュメント構築されている。自然の厳しさと優しさ、美しさの同居した凄みのあるドリーミーでメランコリック名作。マスタリングはScapeボスStefan Betkeが担当。自身のBIOPHONからのリリース。推薦盤。トラックリストからもどうぞ。 (コンピューマ)

▼ Tracklisting

RECOMMENDED新入荷

NICOLO' - HMZ 004 : 12inch

NICOLO' HMZ 004

HOME MADE ZUCCHERO (ITA)
12inch // HMZ004
1890 yen (税込)

YPY(日野浩志郎)のリミックス(sample3)収録です!イタリアのエクスペリメンタルなアプローチのリズム&ベーストラック。

ベースミュージックの実験的なアプローチのリリースをしているイタリアMEZE主宰のレーベル〈Home Made Zucchero〉から伊の古都ラヴェンナのDJ/プロデューサーNICOLÒ。変則的に打ち込まれながらもグルーヴを維持するダブワイズなドラム&ベース。オリジナルの3曲どれもかっこいい。そしてB2がYPYリミックスです!こちらもベースでグルーヴを取りながら複数ラインのリズムがそれぞれ旋回しているような、そして呼応し合っているようなユニークな遊び心あるミックス。  (サイトウ)

RECOMMENDED新入荷

141〜160件 / 全359件

< Back   Next >

pagetopへ

[試聴方法]

  1. ページにある試聴ボタンをクリックすると、自動的に音が流れます。自動的に音が鳴らない場合は、プレイヤーの再生ボタンをクリックして下さい。
    ※環境によっては読み込みに時間がかったり、再生できない場合があります。
  2. 試聴中の曲の詳細を知りたい場合や購入したい場合は、プレイヤー内のタイトルをクリックすると、試聴を保持したまま、詳細ページへ移動します。

×

×