menu & search

161〜180件 / 全930件

< Back   Next >

M.B. JONES - R.O.K. Spy : LP

M.B. JONES R.O.K. Spy

DRAMA (FRA)
LP // DRAMA 1
2490 yen (税込)

韓国(Repblic.Of .Korea.)に潜むアメリカのスパイの物語。ハウス、エレクトロやダブの要素もあるユニーク・DIYサウンド。大阪EM RECORDSや米FEEDING TUBEからリリースしたJEE JEE BANDのM.B. JONESソロ。

韓国人シンガーJEE EUN LIMとの米・韓・カンボジア混合バンドJEE JEE BANDのメンバーでアメリカ、マサチューセッツ出身の画家でもあるM.B. JONESのソロアルバム!DIYなシンセポップ、独特の世界を描くユニーク・サウンド。淡くて、奇妙な。お楽しみください。 (サイトウ)

▼ Tracklisting

RECOMMENDED再入荷

NIAGARA - Apologia : LP

NIAGARA Apologia

PRINCIPE DISCOS (POR)
LP // P024
---- yen (税込)

ポルトガル・リスボンの奇才シンセサイザー・エレクトロニック・トリオNIAGARA、〈PRINCIPE DISCOS〉デビューアルバム到着。近年の電子音楽、ダンスミュージックの大きなキーワードのひとつ、アフリカン、ポリリズムにインスパイアされているアーチスト。成熟したフリーキーさ。ニュートーン、推薦の一枚です!

KUDURO以降、WARPによるコンパイルの「Cargaa」でも話題を呼んだDJ MARFOXやNIGGA FOXたちリスボンのゲットー・ダンス・シーンの中心〈PRINCIPE DISCOS〉の異端的しかしもっとも注目されてきたトリオNIAGARA。近作はほぼ自身のレーベル〈ASCENDER〉からのリリースでしが〈PRÍNCIPE〉からアルバム・リリース!ミニマルバム的なものやカセットのリリースもありますが、これが公式デビューアルバムのようです。RAWなエレクトロニクスとアコースティックも交えながらユニーク、マジカルなリズム、亜空間ダンスミュージック。推薦! (サイトウ)

soundcloud
RECOMMENDED新入荷

KTL - The Pyre: Versions Distilled To Stereo : LP

STEPHEN O’MALLEY & PETER REHBERGの豪華デュオKTLの約6年ぶりとなるニューアルバム!これまでは〈EDITIONS MEGO〉などからリリースを続けてきましたが、こちらはまさかのフランス〈SHELTER PRESS〉からのリリースとなります!

〈EDITIONS MEGO〉のボスであるPITA aka PETER REHBERGと、SUN O)))や〈EDITIONS MEGO〉傘下の〈IDEOLOGIC ORGAN〉のオーナーであるSTEPHEN O'MALLEYによるKTLの久々のアルバム!暗く地下に潜るようなビリビリ振動するような低音重視なドローンサウンドや、和音を美しく組み立てた極上なクラシカルな響きだったりと大胆なダイナミクス。ノイズを垂れ流すようなものではなく、ゴージャスに美しく構成された流石なアルバムです。 (日野)

▼ Tracklisting

RECOMMENDED新入荷

FELICIA ATKINSON & JEFRE CANTU-LEDESMA - Limpid as the Solitudes : LP

乗りに乗っている〈SHELTER PRESS〉、次のリリースはオーナーであるFELICIA ATKINSON関連作!!尖った電子音楽などリリースするレーベル〈ROOT STRATA〉主宰JEFRE CANTU-LEDESMAとの2回目となるコラボレーション作。

2016年に〈SHELTER PRESS〉からリリースしてから2年、2回目となるふたりのコラボレーション作品が登場です。昨年のハイライトでもあるFELICIAの2LPアルバムHand In Hand、そして数多くの素晴らしい作品をリリースしてきた〈SHELTER PRESS〉。昨今では世界的に見てもその活動は最も注目されるべきものとなっています。対するコラボレーターのJEFREもレーベル〈ROOT STRATA〉を主宰し、これまでOPN、GROUPER、BEN VIDAやKEITH FULLERTON WHITMANなどをリリースするなど素晴らしいリリースを残してきています。この作品はピアノやベース、フィールドレコーディング、シンセサイザーなどを重ね合わせ、音を溶け合わせながら共存していくふたりの日記のような作品。特にB面は17分1曲という情景が見えるような詩的でもある大作で、是非レコードに針を落としてじっくり聴いてほしい曲です。 (日野)

▼ Tracklisting

RECOMMENDED新入荷

THOMAS ANKERSMIT - Homage To Dick Raaijmakers : LP

〈PAN〉や〈TOUCH〉などからリリースしているSerge ModularのプロフェッショナルプレイヤーであるTHOMAS ANKERSMITの新譜が〈SHELTER PRESS〉からリリースです!!BERNARD PARMEGIANIやFRANÇOIS BAYLEなどの電子音楽を脈々と受け継ぎ進化させていく。全電子音楽ファンに勧める作品です!!

個人的にもこの人の新作を待ち望んでいました!元はサックスプレイヤーであり、SERGEやEMSとサックスを一緒に演奏するスタイルから次第に電子楽器のみにフォーカスして電子音の探求をし続けているTHOMAS ANKERSMIT。JIM O'ROURKEとのスプリットLPやVALERIO TRICOLIとのデュオで〈PAN〉からのリリース、PHILL NIBLOCKとツアーを行うなどして着実に経験を積み、今や世界トップの電子音楽家のひとりであると思っています。今作はタイトルにもあるように、オランダの伝説的電子音楽家DICK RAAIJMAKERSへのオマージュとして作られました。RAAIJMAKERSの立体音響効果をもたらす録音技術であるホロフォニックへの考えの元、音響空間や構成についてのアイディアをTHOMASが再構築。生々しい電子音の蠢く立体サウンド、そしてひとつひとつの電子音の素晴らしさに感動します。アムスのStedelijk Museumでこのプレミアライブなども行っていたようですが、再来日を熱望…。RASHAD BECKERやKEITH FULLERTON WHITMANなどの最近の電子音楽が好きな方から、往年の電子音を好きな方まで、全電子音楽ファンにお勧めします。 (日野)

▼ Tracklisting

RECOMMENDED再入荷

BEN VIDA - Damaged Particulates : LP

BEN VIDA Damaged Particulates

SHELTER PRESS (FRA)
LP // SP075
---- yen (税込)

元Town & Country、Bird Showの電子音楽家・鬼才Ben Vidaの新作は、4年の歳月をかけて制作されたという入魂力作で、エレクトロ・サイコ・アコースティック・ドローンとでも呼ぶべき彼ならではの唯一無二のシンプルながら彫刻のようなフォルムの圧巻の絶品電子音楽傑作が誕生している。(電子音楽通信2017.01.05)

2012年のPANからリリースされた傑作「Esstends-Esstends-Esstends」にも迫るかのような集中力と快心の作品となっている。いつのまにか深く瞑想トリッピンしてしまうあの世の電子音楽・最前線。末長く味わえる大推薦。 (コンピューマ)

▼ Tracklisting

RECOMMENDED再入荷

MICA LEVI & ELIZA MCCARTHY - Slow Dark Green Murky Waterfall : LP

ナタリーポートマン主演の映画「ジャッキー」や、スカーレットヨハンソン主演「アンダーザスキン」の音楽を手がけたり、DDSからもリリースを重ねたりしつつも元はMICACHUとしてバンドもやっていたなどなど多彩な経歴を持つ紛れもない現代の天才MICA LEVI。その彼女がピアノオンリーでアルバムを制作。全作品見逃せません。

ロンドンの尖ったセンスでリリースを続けるレーベル〈SLIP〉からMICA関連の作品が再登場です。前作では最近〈RVNG INTL〉からのリリースも記憶に新しいOLIVER COATESを迎えた作品でしたが、今回は映画「ジャッキー」の音楽でも参加していたピアニストELIZA MCCARTHYを迎えて制作。映画「ジャッキー」、「アンダーザスキン」では女性的な浮遊する繊細な気持ちの変化を華美に聴かせない少しの弦の揺れなどで表現していて、それがもの凄く儚く圧倒的であり、恐ろしいほどの才能を感じました。ここで聴けるピアノは何かテーマがあるのかはわからないですが、映画作品と近いものを感じることができます。とか言いつつも、本人はパンキッシュで飄々としていてもしかするとなにも考えていないかもしれない、けど何かがあるような深みがあるように思ってしまう。今後もこの人は追い続けていきます。 (日野)

▼ Tracklisting

RECOMMENDED新入荷

NYZ - SHFTR FRQ : LP

NYZ SHFTR FRQ

THE DEATH OF RAVE (UK)
LP // RAVENYZ
3250 yen (税込)

マッドサイエンティストDAVE BURRASTON aka NYZによるカルト感漂う実験電子音楽の調べ。賢すぎてナチュラルに気の狂ったサウンドがもはやアウトサイダーな鳴りをしています!!

科学者でありアーティストであるNYZによる電子音生成プログラムの研究の一部がここに。6年もの歳月をかけ、様々なレベルの複雑な生成プログラムシステム「MANIAC cellular automata」を使って制御されたシンプルなシンセの実験記録…ということですが、とにかく主観的でしかない無味無臭な記録のパワーがすごい。EVOLやRUSSELL HASWELLよりもさらにピュアなマッド感。それもデータではなくレコードでこれを聴くというのも良い。 (日野)

▼ Tracklisting

RECOMMENDED新入荷

ZULI - Terminal : 2LP

ZULI Terminal

UIQ (UK)
2LP // UIQLP003
---- yen (税込)

【BOOMKATのBEST OF 2018に選出!!】LEE GAMBLE's〈UIQ〉からすごいのがリリースされました。エジプト人プロデューサーのZULIの初となるアルバム!!グライムからR&B、ラップ、実験的電子音、アンビエントまでもをサーフィンしながら作り上げた新感覚作品。

〈UIQ〉から2016年にデビューし、この度初めてとなるアルバムを2LPでリリースです。〈PAN〉のBILL KOULIGASもTwitterでアメージングと唸り、今年の話題作の1枚になりそうな作品。「特定のグループには所属しない」と公言しているZULIですが、一言では言えない様々なルーツを自分の「Terminal」から自由にアウトプットしていってるのが清々しい。半分は歌やラップも入っていて、ストリートからメインストリーム、そして実験的アプローチまでもクロスオーバーしていく。先端の才能。 (日野)

▼ Tracklisting

RECOMMENDED新入荷

Pendant - Make Me Know You Sweet : 2LP

Pendant Make Me Know You Sweet

WEST MINERAL (US)
2LP // OUEST099-BLACK
---- yen (税込)

【BOOMKATのBEST OF 2018に選出!!】Huerco S.が新しく始めたレーベル〈WEST MINERAL〉から、自分の別名義となるPendantとして初めてのリリース!!彼のこのリリースへの意気込みが伝わります。

Huerco S.が自分のアンビエント〜ドローンサイドを強く押し出した前作「For Those Of You Who Have Never (And Also Those Who Have)」から早2年。新たな名義Pendantとして、前作からさらに更新した渾身のアルバムをリリースしました。このPendantの名義と、自分のレーベル〈WEST MINERAL〉では「20世紀後半から21世紀初頭の一般的なダンスミュージックを除く全てのもの」へ目を向けていくという説明がされていますが、この動きは今後も要注目。しかしながらこの作品に「アンビエント」という言葉を使うには稚拙に感じるもので、うまく言えませんが昨今のありふれたアンビエントものからは一線を画すものではないでしょうか。もちろん大推薦です。 (日野)

▼ Tracklisting

RECOMMENDED新入荷

EL BUHO - Tributaries: A Remix Album : LP

EL BUHO Tributaries: A Remix Album

Wonderwheel (US)
LP // WONDERLP33
---- yen (税込)

Voodoohopともリンクするラテン・アメリカ伝統音楽とエレクトロニック・サウンズ・ダンスミュージックを見事に融合させた、中南米フォルクローレ郷愁のエレクトロニカ・バレアリック・ダウンテンポ・ビートダウン名作「balance」でおなじみ、当店大推薦アーチストのひとりEL BUHOが他アーチストのリミックスを手がけた全10トラックをまとめた、El Buhoのリミックスの才能を存分に堪能できる作品がアルバム同様Wonderwheelよりリリースされた。

中南米ラテンアメリカ、フォルクローレ、アンビエント/モダンエレクトロニカ、コズミック/バレアリック、ダウンテンポ、ダビー郷愁やわらかなグルーヴが瑞々しく浸透する。一貫したEl BuhoことROBIN PERKINSの美学と世界観が優しく染み入る。推薦盤!!!トラックリストからもどうぞ。 (コンピューマ)

▼ Tracklisting

RECOMMENDED新入荷

GEORGE HARRISON - Wonderwall Music : LP

GEORGE HARRISON Wonderwall Music

APPLE CORPS (UK)
LP // 5709030
2590 yen (税込)

SUBLIME FREQUENCIESやDISCREPANTのファンにも聴いて欲しい。ラーガ・サイケデリック。ジョージ・ハリソンの1968年ソロ。アナログです。

ジョー・マソット監督、ジェーン・バーキン主演のブリティッシュ・サイケデリック・ムービー「ワンダーウォール」のサウンドトラック。インドで現地のミュージシャンの録音と、ロンドンでの録音をもとに、ジョージ・ハリソンがBEATLESのメンバーで初のソロアルバムとしてリリース。「Sgt. Pepper's Lonely Hearts Club Band」の翌年、「REVOLVER」でのインド古典へのアプローチ、テープエディット、コラージュ的手法も推し進めている。ビートルズとLSDが出会い、ラーガ、実験的な手法へと一気に加速して産まれたジョージ・ハリソンの1968年『不思議の壁』。 (サイトウ)

▼ Tracklisting

RECOMMENDED

ITIBERÊ ORQUESTRA FAMÍLIA - Pedra do Espia : LP+DOWNLOAD CODE

ITIBERÊ ORQUESTRA FAMÍLIA Pedra do Espia

FAR OUT (UK)
LP+DOWNLOAD CODE // FARO206LP
2690 yen (税込)

ヘルメート・パスコアルを支えるベーシスト、イチベレ・ズヴァルギ率いるITIBERÊ ORQUESTRA FAMÍLIAの2001年の名作がアナログ化!!FAR OUTから。

70年代にヘルメート・パスコアルと出会いGRUPOに加入し支えた、ブレーンと言われるItibere Zwargが2001年に組んだITIBERÊ ORQUESTRA FAMÍLIA。オリジナルの2枚組のCDから厳選したアナログ盤。アルバムフルのダウンロードコード付き。カンドンベやフォーフォ、アフリカとアンデス、アマゾナスの楽園的な音世界が繰り広げられている。 (サイトウ)

▼ Tracklisting

RECOMMENDED新入荷

BAUHAUS - The Bala Session : LP

BAUHAUS The Bala Session

LEAVING RECORDS (US)
LP // LR150
---- yen (税込)

MATTHEWDAVIDの〈LEAVING RECORDS〉からPETER MURPHY、BAUHAUSのデビューシングルと未発表のレアセッション音源。

〈LEAVING RECORDS〉からBAUHAUSの初期音源。9分強にわたるデビューシングル「Bela Lugosi's Dead」と、そのB-SIDEに「Harry」デビューEPに収録されていた「Boy」の別テイクと未発表を加えた「The Bala Session」。LEAVING RECORDSから再発されました。デビュー作ですでに確立されている様式美、彼らのヒーローでもあるジギー・スターダストなDIVID BOWIEにもつうじる陶酔的で、退廃的世界観、冒頭から展開されるダブ、エフェクトワーク、金属的なサウンドのクールさ。POP当時の時代的背景も含めて改めてしびれた! (サイトウ)

RECOMMENDED新入荷

FABIANO DO NASCIMENTO - Tempo dos Mestres : LP+DOWNLOAD CODE

FABIANO DO NASCIMENTO Tempo dos Mestres

NOW-AGAIN RECORDS (US)
LP+DOWNLOAD CODE // NA 5146
2790 yen (税込)

【再ストックできました】ファビアーノ・ド・ナシメントの2NDアルバム。ストックしました!ニューエイジ、シャーマニックなスピリチャル感覚も潜むディープ・ブラジリアン・サウンド。じっくりと音に意識をむけてみてください。

パスコアルやミナス系につうじるジャジーなサウダジーサウンドをベースにしながら、クラシックや音楽理論を学びんだ基礎と圧倒的なテクニックに、アマゾニアン・シャーマニックからの影響を受け、スピリチュアルなアフリカ起源のブラジルの霊性も纏った類い稀なギタリスト、シンガソングライター、ファビアーノがNOW AGAINからリリースした2NDアルバム。7弦ギター、ポリリズムや変拍子、ピースフルな桃源郷のような感覚の深みへのガイダンス。素晴らしいです。大阪公演は11/7。コンパスです。 (サイトウ)

▼ Tracklisting

RECOMMENDED再入荷

犬猿 - Jollypat wall crush!!! : CD

犬猿 Jollypat wall crush!!!

SOFTRIBE (JPN)
CD // STJP-0002
1500 yen (税込)

京都SOFTのメンバーでもあるギタリスト清水氏と、パーカション/ドラマー猿吉氏による犬猿の1st Album. ベースレス、ベースミュージック。

京都SOFTのメンバーとその周辺のミュージシャンやアーティスト達は、それぞれ別のバンド活動も盛んで、数々のバンド/ユニットが結成されています。そんな音楽愛の熱い大人達がガンガン遊んでいて、そこにDJもペインターも絡んだ京都独特感のあるパーティの形は本当に面白いシーンが出来上がっている。その中心的なメンバーの一人であるギタリスト清水氏、DJも堪能な猿吉氏はパーカッション/ドラム担当の、この二人によるベースレスなベースミュージックのユニットが犬猿。Psychedelic DUB。カッコイイです!!! (ヤマ)

art work : ot29 / attack tha moon / akira / kentaro fujisaki
犬猿(King Doggyman & God Monkey)
ベースレス・ベースミュージックを標榜する、PsycheとRastaを軸とした異系交配型ユニット。
King Doggyman(Gt)
God Monkey(Dr,Per)
ともに京都地下音楽シーンの柱石であり、この土地の「これまで」と「これから」を体現する者である。
「犬」が発するは献身の心。
飽くなき探究心は、一切の妥協を排し。三昧の境地に至る様は、まさに忠実なる音の僕。辿り着く果てはPsycheなる無限の世界。その純粋なる音像は、聴く者の脳裏にいつまでも共鳴し続ける。 「猿」が発するは慈愛の心。
漂泊の楽人として、第三世界を渡り歩き。包括的な視点で捉えた知見は、彼をRastaへと導いた。喜怒哀楽、すべてを呑み込んだグルーヴは、聴く者の誰もを置き去りにせず、いつまでも傍らにあり続ける。
表裏一体、かつ、一心同体。
彼らが表現する雄々しくも儚い、無常世界の投影のような音像は、相対的なものが絶対的であり得る、一つの証明である。そして、一隅を照らし続けるその生き様は、後進の者達への確かな灯。彼らの一挙手一投足、すべてに目が離せない。今後の奇行が楽しみな稀有なユニットである。
Text by Wataru(W)
▼ Tracklisting

RECOMMENDED

犬猿 - alreadydry : CD

犬猿 alreadydry

SOFTRIBE (JPN)
CD // STJP-0006
2000 yen (税込)

京都SOFTのメンバーでもあるギタリスト清水氏と、パーカションの猿吉氏による犬猿の2nd Album. ベースレス、ベースミュージック。

都SOFTのメンバーとその周辺のミュージシャンやアーティスト達は、それぞれ別のバンド活動も盛んで、数々のバンド/ユニットが結成されています。そんな音楽愛の熱い大人達がガンガン遊んでいて、そこにDJもペインターも絡んだ京都独特感のあるパーティの形は本当に面白いシーンが出来上がっている。その中心的なメンバーの一人であるギタリスト清水氏、DJも堪能な猿吉氏はパーカッション/ドラム担当の、この二人によるベースレスなベースミュージックのユニットが犬猿。Psychedelic DUB。カッコイイです!!! (ヤマ)

Mastering by : KND
Calligrahy by : 書道家 万美
Artworks & Design by : KONIROW , 中LA
Icon by : OT29 , ATTACK THA MOON

犬猿(King Doggyman & God Monkey)
ベースレス・ベースミュージックを標榜する、PsycheとRastaを軸とした異系交配型ユニット。
King Doggyman(Gt)
God Monkey(Dr,Per)
ともに京都地下音楽シーンの柱石であり、この土地の「これまで」と「これから」を体現する者である。
「犬」が発するは献身の心。
飽くなき探究心は、一切の妥協を排し。三昧の境地に至る様は、まさに忠実なる音の僕。辿り着く果てはPsycheなる無限の世界。その純粋なる音像は、聴く者の脳裏にいつまでも共鳴し続ける。 「猿」が発するは慈愛の心。
漂泊の楽人として、第三世界を渡り歩き。包括的な視点で捉えた知見は、彼をRastaへと導いた。喜怒哀楽、すべてを呑み込んだグルーヴは、聴く者の誰もを置き去りにせず、いつまでも傍らにあり続ける。
表裏一体、かつ、一心同体。
彼らが表現する雄々しくも儚い、無常世界の投影のような音像は、相対的なものが絶対的であり得る、一つの証明である。そして、一隅を照らし続けるその生き様は、後進の者達への確かな灯。彼らの一挙手一投足、すべてに目が離せない。今後の奇行が楽しみな稀有なユニットである。
Text by Wataru(W)
▼ Tracklisting

RECOMMENDED新入荷

KILLER-BONG - Sax Blue 8 : CD

KILLER-BONG Sax Blue 8

BLACK SMOKER (JPN)
CD // BSMX-082
---- yen (税込)

KILLER-BONGによるサウンドコラージュ『SAX BULE』人気シリーズ第8弾

K-BONGのMIXはホントに人気ですぐに無くなってしまうのでお早めに!JAZZのクールな面やグッと来る感じとかにガッツリやられる選曲も最高で、実験的なビートものも交じえてコラージュされていく様は見事としかいいようがありません。いつもだけど、、今作もカッコ良過ぎです。 (ヤマ)

青森の弘前に行く時にはたいがい
前の日に秋田に行くんだ
秋田のなじみといっぱいやって
次の日ホテルのロビーには
青森からの風が吹いて 迎えの車に竿を持って乗り込む 秋田から弘前までを釣りながら行く
会話と音と外
その車中のBGMなんだ
(KILLER-BONG)

RECOMMENDED再入荷

7FO - 竜のぬけがら Ryu no Nukegara : LP

7FO 竜のぬけがら Ryu no Nukegara

EM RECORDS (JPN)
LP // EM1178LP
---- yen (税込)

Captain Ganja + 細野晴臣 + A.ラッセル!? これが噂の浄土ダブ・ニューエイジ・ベース!あのTapesも惚れ込んだ天然の才、7FOの全曲新録アルバム!!!! ほのかに草の香り漂う涅槃用BGMでフワフワ?と白昼夢体験?。

レゲエ、ダブ、ドローン、ニューエイジなんかをキーワードにユニークサウンドを送り出し、COMMEND NYCや英BOKEH VERSIONS, METRON等の海外のレーベルからもリリースしてきた大阪のLO-FI電子音楽家7FOがEM RECORDSからニューアルバム「竜のぬけがら」リリースです。 (サイトウ)

RVNG、Bokeh Versionsなど先端レーベルからオファーが舞い込み先に海外で注目度急上昇中、日本は置いてけぼり?という声も聞こえますが待ちなさい!我々はこの才能がストーンドし爆発するのをじっと待ち続け、遂にその時が来た!!!!!!

7FOとこれまでの電子音楽作家との決定的な違いは、アンビエント?ニューエイジなシンセ・エレクトロニクスを天然のエスニックさでダブ?レゲエっぽく処理してしまう、欧米勢にもない感覚を宿している点だ。そのセンスこそが、時代が求める音を生み出し、RVNG的ニューエイジ?電子音楽系、ニュールーツ・リバイバルからエクストリームなベースミュージック、La Monte YoungからEquiknoxxのファンにまで越境し支持される理由だ。喩えるなら、もしYEN?Monad期の細野晴臣が2010sベースシーンに登場したらどうなったか?という、まだまだ謎のポテンシャルを秘める。そんな『竜のぬけがら』の魅力は、かえって何も知らない人に聞かせたほうが真価を真っ直ぐ受けとれる!?あのTapesに「これで俺が音楽作る理由が無くなった……」と言わしめた、7FOのランドマークとなるであろうナチュラルハイ無添加チルアウト決定盤!!( 樋口寛人氏による装丁がこの音の視覚化に成功。)

RECOMMENDED新入荷

CLAN CAIMÁN - カイマン族 : CD

CLAN CAIMÁN カイマン族

EM RECORDS (JPN)
CD // EM1177CD
---- yen (税込)

当店でも〈RADIACIONES ARMONICAS〉からのリリースがベストセラーだったアルゼンチンの打楽器/鍵盤/奏者エミリオ・アロを中心としたバンドCLAN CAIMANのアルバムが〈EM RECORDS〉からリリース。

エミリオ・アロ+スティール・ギター、パーカッション、ギター、ベース。バンド・スタイルでのクラン・カイマン。2013年の「En Suspensión」でも共演したサンティアーゴ・バスケスの作品への参加やロス・アニョス・ルス諸作で知られる即興ギタリスト、ウェンチ・ラソも数曲参加しています。リラックスしたムード、ゆったりと抽象的な音のイマジネーション世界へと導くアルゼンチン音響、ライト・サイケデリックないいアルバムです。 (サイトウ)

ハイラマズ、VIDEOTAPEMUSIC、トータス、トミー・ゲレロ、マーティン・デニー、密林バレアリック系、どれかのファンなら絶対的にスイセン! アルゼンチンの才能、エミリオ・アロの新作はバンド名義での幻想的かつメローでミニマルなエキゾ・トライバル・ミュージック。エム・レコードから世界発売。

アルゼンチン音楽ファンには説明不要のマルチ・インストゥルメンタリスト作家、エミリオ・アロがこの10年で発表したソロ作『Panorámico』(2007)と『Estrambótico』(2012)は、音響派以降の新世代がフォルクローレ・リバイバルの影響下に制作した完全なスタジオ作品だった。しかし、ここにきてシーンのキーマンがあえてバンドを結成したのは極めて重要。南米のワニの名をもじったこの怪しいバンド名<カイマン族>のデビュー・アルバムとなる本作は、架空の部族の奏でる音楽を空想した、あるはずの無い秘境に流れる音楽というコンセプト。カリンバを改造したカリンバフォン(名前も最高!)というアロの自作楽器を中核に据え、ゆったりした波動でメローかつ幻想的に、徹底してミニマルに演奏されるバンド・グルーヴにはかなりの催眠性と中毒性がある。アルゼンチン音楽ファンだけに独占されるのはもったいない、ハイラマズやVIDEOTAPEMUSICのファンも絶対にハマること間違いなしのユル〜いエキゾ幻想音楽!

▼ Tracklisting

RECOMMENDED新入荷

161〜180件 / 全930件

< Back   Next >

pagetopへ

[試聴方法]

  1. ページにある試聴ボタンをクリックすると、自動的に音が流れます。自動的に音が鳴らない場合は、プレイヤーの再生ボタンをクリックして下さい。
    ※環境によっては読み込みに時間がかったり、再生できない場合があります。
  2. 試聴中の曲の詳細を知りたい場合や購入したい場合は、プレイヤー内のタイトルをクリックすると、試聴を保持したまま、詳細ページへ移動します。

×

×