menu 検索する ×閉じる

161〜180件 / 全1299件

< Back   Next >

GREEN-HOUSE - Six Songs for Invisible Gardens : LP

これは素敵な植物音楽です。”架空の庭園のための六楽曲”。極上。。

L.A拠点のフィメールアーティストOlive Ardizoniによるプロジェクト、GREEN-HOUSE。
ASA TONEやサム・ゲンデルといい最近のLEAVING RECORDSにハズレなし。 ヤソスやカルロス・ニーニョら西海岸ニューエイジ脈でもある、紛うこと無きチルアウト・ミュージックなんですが、質感的に日本の環境音楽や電子音にも近い箱庭感や妖精感もありつつのzzz…。極上。アナログシンセがまるで葉脈を流れる水の音のように鳴り響き、塗されたフィールドrecの音色で作家の描く庭園に誘われます。長く長く聴ける問い合わせも多かった本作。ようやく入荷。。 (Shhhhh)

▼ Tracklisting

1.Peperomia Seedling  (03:43) 
2.Sansevieria (04:24) 
3.Parlor Palm (05:35) 
4.Perennial Bloom (02:43) 
5.Soft Meadow (05:28) 
5.Xylem (05:21) 

RECOMMENDED再入荷

CABARET DU CIEL - The Breath Of Infinity : LP

80年代後半〜90年代初頭にイタリアで活動、カセット媒体で発表されたふたつのアルバムはマニアに取引されるエレクトロアコースティック/アンビエントユニット”CABARET DU CIEL”が27年ぶりに新作アルバムをリリース!ハンドドラムとシンセアルペジオを複雑にレイヤー、シンコペーション。音のサブリミナル効果。

ふたつ目のカセットアルバムを、2018年に〈HYBRIDE SENTIMENTO〉がアナログ再発したことで注目を集めることとなったANDREA DESIDERÀとLUIGI MOROSINによるニューエイジ/アンビエントデュオ”CABARET DU CIEL”が満をじして新作。複雑なハンドドラムをスムースなシンセパッドが包み込む「Lakota」(sample1)、撥弦楽器を模したシンセサイザーがヒーリングする「Horses」(sample2)など、クリスタルクリアな音色と難解なプログラミングを閉じ込めた小宇宙のようなサウンドデザイン、トラックリストから全曲ご試聴可能です! (Akie)

▼ Tracklisting

soundcloud
RECOMMENDED再入荷

REJOICER - Spiritual Sleaze : LP

REJOICER Spiritual Sleaze

STONES THROW (US)
LP // STH2416
---- yen (税込)

イスラエルのサイケデリック・ジャズBUTTERING TRIOのREJOICERが新作ソロアルバム!〈STONES THROW〉から。ディープにひろがるマジカルな音の世界。フィジカルなマインド・ミュージック。素晴らしい音楽。サイケデリック、ジャズ、プログレ、コンテンポラリーR&B、ニューエイジ等キーワードになる人、MOCKYやVISIBLE CLOAKS、MONO FONTANA好きにまでおすすめします。

2018年の〈STONES THROW〉からの「Energy Dreams」に続く2NDアルバム「Spiritual Sleaze」。アブストラクトなサウンドスケープ、アラビックな音階に誘われて、まどろむあちら側の世界に。テクニカルで、マジカルなエレクトロニック、REJOICER改めて素晴らしいです。紛れもない天才。室生山上公園でのライブ見逃したこと後悔される。推薦盤です。 (サイトウ)

▼ Tracklisting

RECOMMENDED再入荷

BAR ITALIA - QUARREL : LP

BAR ITALIA QUARREL

WORLD MUSIC (UK)
LP // WMG046
2390 yen (税込)

DEAN BLUNTとINGA COPELANDが主宰する〈WORLD MUSIC〉から、未だ詳細掴めぬミステリアスアーティスト”BAR ITALIA”のデビューアルバムがリリース!90年代後半のベッドルームミュージックの血を引く、ローファイでサイケデリックなフォークポップ。デチューンさせたギターや気だるいヴォーカル。心地よさよりも、ねじれの感触。

NTSにてDJ MIXが公開されていますが、その正体が不明ゆえにBLUNT作品なのでは?MICA LEVIのニュープロジェクトなのでは?と囁かれているBAR ITALIAのデビュー作品、噂が出てしまうのも納得のインディーポップの範疇で捻れたサイケデリアが広がってます。スクリューしたようなダウンテンポとヴォーカルが気だるく進行するリードトラック「Goosebumps」(sample1)、デチューンさせたギターにクラクラする「night so kissedof」(sample2)、男女デュエットの「Split ends」など、歪み形の心地よさ、レーベル然としてます。推薦! (Akie)

▼ Tracklisting

RECOMMENDED再入荷

AKI TSUYUKO - Empty Talk : LP

AKI TSUYUKO Empty Talk

ENBAN (JPN)
LP // 12EB-115
---- yen (税込)

AKI TSUYUKOの2016年に自主リリースした音源、円盤からのアナログも入荷しています。僕個人は昨年初めて聴いて、すっかり魅了されてしまいました。エマホイ・ツェゲ=マリアム・ゴブルーと並ぶ、大好きなピアノ・アルバム。

竹村延和主宰のChildiscからリリースし、ジム・オルーク主宰のMOIKAIからもライセンスされた1999年の「音楽室」を皮切りにリリース数は多くはないものの、2008年の松井一平との「なつのぜんぶ」も昨年イギリスからアナログ再発され、RVNG INTL.周辺のNYC COMMENDからカセットもリリースするなどコアな人を魅了している。2016年のこの作品はライブ会場などで販売された自主CD、のちに円盤がアナログ化しています。(一部内容違い)。寂寥としたなかに、密かに輝くような良さが滲み出てると思います。名盤。松井一平によるアートワーク、エンプティになってる部分がジャケット裏面に描かれているんじゃないかと思いますが、なんとも素晴らしいです。アナログもストックしました。是非。 (サイトウ)

▼ Tracklisting

RECOMMENDED

VARIOUS - Soul Sega Sa ! Vol.2 Indian Ocean Segas From The 70's : LP

最高!アフリカ大陸東、インド洋に浮かぶ島々(モーリシャス、レユニオン、セーシェル)アイランド・ミュージック集、大好評のシリーズVol.2です。

500年前には誰もいなかった無人島にヨーロッパからは移住者マダガスカルやアフリカ本土からは奴隷が持ち込まれ、パーカッションと歌、踊りでプランテーション労働の疲れを癒してたのが原風景。そこから発達したのがこのセガというこの島々の音楽。インド航路の真ん中だったためにレコード時代にはジャズ、ソウル、ロックンロール、さらにはキューバやブラジルの音楽までも入ったそうです。さらにエレキ・ギターやエレピも導入され、この混血としか言いようのないごった煮サウンド集が出来上がりました。妙に熱いけど抜けの良さともってかれるポリリズムはやっぱり島音楽だからでしょうか。ラジオ的にトリップできる曲並びもいいです。 (Shhhhh)

▼ Tracklisting

RECOMMENDED新入荷

KING PARI - Sunshine : 7inch

KING PARI Sunshine

KING PARI MUSIC (US)
7inch // KP-001
---- yen (税込)

PPU配給のユニーク、脱力の「ゆるゆるのLO-FI ダブ・ポップ。7インチ到着しております。

PRICEやミネアポリス・サウンドの影響を受けているというユニークサウンド・プロダクション。DJ StepmomとCameron Kinghornのカセットマシーンでのセッションでスタートした偶発的なセッションがバンドへと発展。SUKIAとかの90sのオルタナティヴなラウンジミュージック、LO-DIダブ、ブギー、クルアンビアンやMOOON B、JAMES PANTSなんかにもつうじるユニークポップ・クレイジー・ダブサウンド!映像つき(YOUTUBE)、音のディテール把握できるグッド・コンディションでの試聴お薦めします。 (サイトウ)

▼ Tracklisting

RECOMMENDED新入荷

TAPAN - Europa (Abul Mogard Reworks) : 12inch

TAPAN Europa (Abul Mogard Reworks)

MALKA TUTI (ISR)
12inch // MALKA TUTI 0030
---- yen (税込)

MALKA TUTIを代表するセルビアの首都ベオグラードの鬼才奇才デュオTAPANのトラックを、詳細不明、謎に包まれたミステリアスなセルビアのモジュラー鬼才中の鬼才Abul Mogardがアポカリプティック・サイケデリックにパルス&ドローンの強烈な沼へとリワークを施した怪作12インチ!!!180g重量盤。

セルビアの工場で人生の大半を過ごし、定年退職後に音楽制作を始めたという、未だ詳細不明で謎のベールに包まれているミステリアスなモジュラー・エレクトロニクス・ドローン作家、鬼才中の鬼才Abul MogardがTAPANの音源を基にリワークを手掛けたエレクトロニクス驚異の音世界。厳かで静謐スピリチュアル16分37秒にも及ぶA面「Europa (Abul Mogard Rework)」(sample1)、サイケデリック・ドローン・リズミックなモジュラー・シンセサイズド・リズムもミニマル・ドープ&ドープにコズミック・グルーヴする14分22秒のB面「In my Heart (Abul Mogard Rework) - Tapan feat. Radwan Ghazi Moumneh」(sample2)も圧巻の2トラックを収録。 (コンピューマ)

RECOMMENDED再入荷

WAU WAU COLLECTIF - Yaral Sa Doom : CD

WAU WAU COLLECTIF Yaral Sa Doom

SAHEL SOUNDS (US)
CD // SS062cd
---- yen (税込)

これは気持ち良いですね。アヴァン・コズミック・アフロポップ、進行形サハラ音楽を尖った感性で紹介するSAHEL SAOUNDSの異色盤。普遍的なアフロ音楽のチルサイドと新しさと。

チルサイド的デザートブルースなボーカルと声に、出所不明なフワフワシンセとポエトリー。アフロ・スピリチュアルジャズの珍盤の再発かと見間違う夢感あります。スウェーデン人の音楽考古学者Karl Jonas Winqvistがセネガルを訪れ現地のパーカショニスト、詩人、アーティストと交流したドキュメンタリー。帰国後もWhatsAppを使って音の交換をして創作した2020年代のワールド音楽ですね。Yaral Sa Doomとはセネガルのウォルフ語で教育を意味するとのこと。インテリジェンスと優しさが全体に漂うアンビエント的セネガル音楽。チルアウトにもぜひ。 (Shhhhh)

RECOMMENDED新入荷

WAU WAU COLLECTIF - Yaral Sa Doom : 12inch

WAU WAU COLLECTIF Yaral Sa Doom

SAHEL SOUNDS (US)
12inch // SS062
---- yen (税込)

これは気持ち良いですね。アヴァン・コズミック・アフロポップ、進行形サハラ音楽を尖った感性で紹介するSAHEL SAOUNDSの異色盤。普遍的なアフロ音楽のチルサイドと新しさと。

チルサイド的デザートブルースなボーカルと声に、出所不明なフワフワシンセとポエトリー。アフロ・スピリチュアルジャズの珍盤の再発かと見間違う夢感あります。スウェーデン人の音楽考古学者Karl Jonas Winqvistがセネガルを訪れ現地のパーカショニスト、詩人、アーティストと交流したドキュメンタリー。帰国後もWhatsAppを使って音の交換をして創作した2020年代のワールド音楽ですね。Yaral Sa Doomとはセネガルのウォルフ語で教育を意味するとのこと。インテリジェンスと優しさが全体に漂うアンビエント的セネガル音楽。チルアウトにもぜひ。 (Shhhhh)

RECOMMENDED新入荷

JISR جسر - Too Far Away : LP

JISR جسر Too Far Away

FREE SOUL INC. (GER)
LP // free soul inc​.​006
---- yen (税込)

タイ、アジアン・ミュージックを取り込んだプロジェクトSOUND VOYAGEに続いて〈FREE SOUL INC​.〉から、モロッコ・マラケシュの音楽家JISR جسر。じっくり自由な時間感覚で繰り広げられる覚醒のダンス・ミュジックです。

匿名的にリリースしたSOUND VOYAGEで人気を博したRADIO CITIZENの中心人物で、現在70年代から続くミュンヘンのフリーロック、ワールド・サイケデリック伝説の音楽集団EMBRYOにも合流するNIKO SCHABELがプロデュース。モロッコの言語学者で、打楽器、モロッコの民族弦楽器ゲンブリ塔を操り、シンガーでもあるJISRのアルバム。ミュンヘンのミュージシャンとのコラヴォレーションです。EMBRYOのメンバーやPOETS OF RHYTHM、アルゼンチンギターのマエストロ LUIS BORDA 、DINE DONEFF (KOSTAS THEODOROU)(ECM)等々も参加。モロッコの伝統音楽グワナやアラビックなサウンドをベースにジャズ、ジャズロックと融合。ライブ・パフォーマンスも素晴らしいそうです。 (サイトウ)

▼ Tracklisting

RECOMMENDED再入荷

JOCY DE OLIVEIRA - A MÚSICA SÉCULO XX DE JOCY : LP

これは驚きました。素晴らしい!トロピカーリア・ムーヴメントの10年以上も先駆ける、早すぎたMPBの秘宝「前衛サンバ」に取り組んだ、ブラジルの女性音楽家JOCY DE OLIVEIRAの素晴らしいアルバムが再発されました!

ヴィルトゥオーソの称号で語られるピアノの達人で、電子音楽、エレクトロ・アコースティックや、観客と演者の垣根を取り払ったミックスメディア作品、前衛オペラ、メシアン等の現代音楽に傾倒するブラジルの女性音楽家JOCY DE OLIVEIRAが59年に残したデビュー作にして、唯一のピュラーミュージック・フィールドに残した作品。最初のボサノヴァアルバムと言われるジョアン・ジウベルトの「Chega de Saudade」と同じ年のリリースです。ブラジリアンソング、サンバ・カンソンやボサノヴァ、ギターと歌をベースに、45回転13曲ほとんどの曲はショートな曲ですがクラシックやジャズ楽団、スコット・ブラッドリーなんかのカートゥーンアニメ/映画音楽あたりの影響、様々なギミックが散りばめられていて魅力。アイドル然としたポートレートのジャケットですが、インナースリーヴには海岸沿いに、鍵盤とグラフィックスコアを置きシリアスな顔で岩の上に腰掛けている写真が配されていて一筋縄ではいかない彼女のサウンドのユニークさを象徴しています。これは、やられました。運送のトラブルで入荷遅れましたが、お薦めしたい一枚です。是非。 (サイトウ)

▼ Tracklisting

RECOMMENDED再入荷

NIAGARA - Pais & Filhos : LP

NIAGARA Pais & Filhos

PRÍNCIPE (POR)
LP // P039
---- yen (税込)

PRÍNCIPEからのNIAGARAの新譜が素晴らしいです。知覚の扉を開くシンセサイザー、エレクトロニックのユニーク・サウンド・アクション。

PRÍNCIPEの最重要アーチストNIAGARA、近作は自分たちのレーベル〈ASCENDER〉をベースにリリースしてきましたがPRÍNCIPEにカンバック!アルバム・リリース。ダンスフロアな感覚から離れて、VISIBLE CLAOKSのアナログ・エレクトロニック的なモダン・サイケデリック、ユニークなサウンドヴィジョン。推薦! (サイトウ)

▼ Tracklisting

RECOMMENDED新入荷

MARK LECKEY - In This Lingering Twilight Sparkle : LP

映像、コラージュアート、音楽。マルチメディアで表現を続けるUKの現代アートのアウトサイダーMARK LECKEYがBOOMKATのDocumenting Soundシリーズでリリースしたカセット作品傑作がアナログリリースされました。今年一番の音楽体験。推薦盤です!

当時のロンドンの現代美術館ICAのキューレターに絶賛され注目された、ノーザンソウルからレイヴまで英国のアンダーグラウンド・ミュージックを取り上げ、ウィリアム・S・バロウズのカットアップの手法に触発され制作したビデオ「Fiorucci Made Me Hardcore」等の映像作品で知られるMARK LECKEY。2012年に〈THE DEATH OF RAVE〉からアナログ化された同作品はニュートーンでも超ロングセラーの人気作ですが、〈BOOMKAT EDITIONS〉から2020年にカセットでリリースした「In This Lingering Twilight Sparkle」のアナログが到着しました!ノイズ、ジャンク、ベース、レイヴ、幻覚的、神話の領域を彷徨うようなサイケデリック、絵のない映画のような映像換気力の高いイマジナリーサウンド・ストーリー。ダークやネガティヴではない高次のエネルギーに満ちています。推薦盤! (サイトウ)

▼ Tracklisting

A.In This Lingering Twilight Sparkle Side A (16:05) 
B.In This Lingering Twilight Sparkle Side B (16:08) 

RECOMMENDED新入荷

NILOTIKA - Ejokawulida : 7inch

NILOTIKA Ejokawulida

NYEGE NYEGE TAPES (UK)
7inch // NNT026
---- yen (税込)

ウガンダ東部のイテソから首都カンパラ、南中部地域を含むブガンダの部族スタイルまで踏襲した複雑なリズム。東アフリカムーヴメント〈NYEGE NYEGE TAPES〉のパーティのコアをなす7人編成のドラムアンサンブル”NILOTIKA”がデビュー7インチシングルをリリース!

”Nyege Nyege”パーティーの定番演目であり、ウガンダエレクトロシーンの屈指のアート・コレクティヴ”NIHILOXICA”の中核をなしている”NILOTIKADRUMENSEMBLE”通称”NILOTIKA”が初のフィジカル作品を発表!複雑なパターンでポリメトリックリズムを展開したタイトルトラック「Ejokawulida」(sample1)はウガンダ東部のイテソ伝統音楽に基づき作成、対して規則性を持ってダイナミックなグルーヴを作ったフリップの「Kekusimbe」(sample2)では、ウガンダ中南部ブガンダの伝統音楽の変種である”バキシインバ”に基づいてます。どちらも反復によるトランス、少しづつ変化する規則によるうねりが唯一無二。 (Akie)

RECOMMENDED新入荷

KASSEL JAEGER - Swamps / Things : 2LP

KASSEL JAEGER Swamps / Things

SHELTER PRESS (FRA)
2LP // SP119
3790 yen (税込)

パリを拠点とする作曲家/作家であり、GRMサウンドディレクターKASSEL JAEGERの〈SHELTER PRESS〉帰還作品をストック!ギターをはじめとするアコースティックインスツルメントを用いながら、明瞭な音の輪郭をぼかすした現代電子/電気音響の実践、自身も公言する”沼地”のような音空間を作品として具現化。JIM O'ROURKEとLUCY RAILTONが参加。

STEPHAN MATHIEU、AKIRA RABELAIS、OREN AMBARCHI、JAMESRUSHFORDなどの奇才らとコラヴォレーションを重ねながら、音楽理論家としてアカデミックな見地から現代電子音楽前線で活動してきたKASSEL JAEGERことFRANÇOIS BONNETの最新アルバムを入荷しました!彼のサウンドモチーフにもなっている幼少期に沼地にて一人過ごした原体験が結実。確かに存在したはずの動植物を存在/痕跡ごと飲み込む沼と、ギター/ストリングスの弦楽器・エレクトロニクスを飲み込む電子ドローン/ハウリング。電子アコースティック音楽を没入型音響に引き入れるようにコントロールされた音質やバランス。「Patience in Kassari」(sample2)など顕著ですが、じっくり耳をそばだてて埋め込まれた音を探りたくなる、沼です。素晴らしい。 (Akie)

▼ Tracklisting

RECOMMENDED再入荷

NECRONOMICON - THE SOUND OF FETISJ 1982 : CASSETTE

NECRONOMICON THE SOUND OF FETISJ 1982

TESTLAB RECORDS (HOL)
CASSETTE // TESTLAB 2021.004 CS
2250 yen (税込)

ウルトラレアなオランダの80年代のポストパンク、キラーなすごい音源。オランダTESTLAB RECORDSから200本限定のカセットテープをリリース!

1981年から1982年にかけ自主レーベルFetisjからリリースしたNECRONOMICON。MINMAL WAVE、LEFTDFIELD DISCO、「Mimi」、スラップベースのLOW & ファンキーな「Join」、EBM、エレクトロ、「Lord Randall」。驚きのオリジナル音源に加えて、未発表音源、リミックス2曲、ウィーンのmitra mitraと、ARN4L2なるアーチストによるミックス収録。 (サイトウ)

▼ Tracklisting

NECRONOMICON - THE SOUND OF FETISJ 1982 : CASSETTE gallery 0NECRONOMICON - THE SOUND OF FETISJ 1982 : CASSETTE gallery 1NECRONOMICON - THE SOUND OF FETISJ 1982 : CASSETTE gallery 2
RECOMMENDED新入荷

SSIEGE - Fading Summer : LP

SSIEGE Fading Summer

YOUTH (UK)
LP // Y12TH
3750 yen (税込)

ミニマルなループと詩的なメロディメイク、シンセサイザーが描くそのアンニュイなラインに多くの人が魅了され廃盤となったカセットアルバムが約3年の時を経てアナログ化!RAWMANCE主宰の〈LA BEAUTé DU NéGATIF〉でのDJ GUYとの共演、並びに伊地下テクノ/エレクトロレーベル〈UN.T.O. 〉からの作品でも知られるSSIEGEのデビューアルバム。

GEORGIAやKASSEM MOSSE、EVEN TUELLらも参加するレフトフィールド要所〈YOUTH〉から2019年にリミテッドで発売されたアンビエント/ポップアルバム「Fading Summer」がアナログ再発!80sジャパニーズニューエイジにも通づるミニマルアルペジオループ「Turbe In Svillupo」(sample1)に始まり、LO-FIポップ「Angelo Azzurro」(sample2)、ブレイクビーツと夢見心地なアンビエントをぶつけた「Swan」 など、シンセサイザー活用でチャレンジを試みながら、どこか懐かしくもある、レトロフューチャリスティックな一枚。アナログもリミテッドプレスです! (Akie)

▼ Tracklisting

RECOMMENDED新入荷

TUNES OF NEGATION (SHACKLETON) - Like The Stars Forever And Ever : 2LP

シンガーHEATHER LEIGH、鍵盤奏者/パーカッショニストTAKUMI MOTOKAWA、ビブラフォン奏者RAPHAEL MEINHARTをフィーチャー、SHACKLETON率いるバンドプロジェクト”TUNES OF NEGATION”のセカンドアルバムがリリース!回転するパーカッションの不規則なリズム変化や、主旋律に滑らかに忍ばせた不協和音。コードだけでなく、その絶妙なズレが独特な神秘性を助長しているように感じます、推薦!

MIKA VAINIOなどをリリースするSHAPEDNOISEのレーベル〈COSMO RHYTHMATIC〉より昨年デビュー作を放出したTUNES OF NEGATIONがカムバック!妖艶にフリークするホーンとカリンバのルーピング、徐々に追加されるインスツルメントで一曲に神聖な展開をつけた「Your Message Is Peace」(sample1)や、HEATHER LEIGHのヴォイスで引き込んだら激しいドラムと飛ばし電子音で高揚させる「Naked Shall I Return」(sample2)など、各トラックで登場するオルガンがやはり印象的かつリチュアルな世界観に寄与。収録曲の全てが長尺/物語的な曲展開という胃もたれするようなヴォリュームの2LP、流石の一言につきます。 (Akie)

▼ Tracklisting

RECOMMENDED再入荷

THE DEAD GOLDFISH ENSEMBLE - Fishy Tails : LP

THE DEAD GOLDFISH ENSEMBLE Fishy Tails

CONATALA (JPN)
LP // CONATALA-003
3080 yen (税込)

PALE COCOONやWORLD STANDARDの「あさがお」など埋もれていた日本産80sの素晴らしい音源を送り出してきたCONATALA RECORDSから、クラフトワークやスティーブ・ライヒに触発され、イギリス、サウサンプトンの80s-90sにカセットでリリースしていたSTEVE HARTWELLのTHE DEAD GOLDFISH ENSEMBLEの音源再発!じっくりユニークなサウンドです。

英国サウサンプトン出身の音楽家、The Dead Goldfish EnsembleことSteve Hartwellは、Kraftwerk『Autobahn』から着想を得て、1983年からシーケンサーや元祖音楽制作コンピューターともいえるMSXコンピューターを使用した音楽制作を開始。Steve Reich、Philip Glassに代表するミニマル・ミュージックを自宅の録音環境に持ち込み、空想世界に迷い込むような不思議なポリリズム、どこか人懐っこくトイフルなメロディたちが無邪気に跳ねる箱庭スケールのホームメイド・ミュージックを1993年にかけて大量に制作した。

その背景には、1980年代初頭から1990年代初頭にかけて、インディペンデントなレーベルや自主出版で作品を制作していたDIY音楽家たちにとって、カセットテープは安価で制作でき、且つ自宅で増産できる最も手軽な手段だった当時のインディペンデントシーンの制作環境もうかがえる。ヨーロッパやアメリカ、そして日本を中心に様々なレーベルがコンピレーションへの曲の提供を募った結果、膨大な数のカセットテープ作品が世界中で制作された。個人的な連絡先を通じて仲間を集め地域性を反映させたレーベルは、独自のインディペンデントシーンやコミュニティの形成に繋がり、国と国を越境して音源を集めたレーベルは、世界中に散らばる才能ある作家たちを世に紹介することに大きく貢献した。

自主レーベルPeeved Recordsから数本のカセットテープ作品を発表。さらにHome Produkt(ベルギー)、Insane Music(ベルギー)、EE Tapes(ベルギー)、IRRE Tapes(ドイツ)、Tonspur Tapes(ドイツ)等の、世界各地の宅録作家たちを紹介していたレーベルのコンピレーション作品に数多くの曲を提供。

本作は、その期間に発表されたオリジナルの作品群から選曲/編集した、The Dead Goldfish Ensembleによるアルバムとしては初めてのレコード作品となる。

ジャケットデザインはSteve Hartwell本人によるGoldfishのモチーフを基に、横山雄が構築。オリジナル・マスター・テープからデジタル化された音源を大城真がマスタリング。

The Dead Goldfish Ensembleの新作『Polonia』の音源データ入手先のURLが掲載されたインサートを封入。

▼ Tracklisting

Side.A.
1.All The hands
2.Chewing Shoes
3.Eric
4.Fractal Landscape
Side.B.
1.Bouncing Eggs
2.Annual General Meeting
3.Reality
4.Walking Walls

soundcloud
RECOMMENDED新入荷

161〜180件 / 全1299件

< Back   Next >

pagetopへ

[試聴方法]

  1. ページにある試聴ボタンをクリックすると、自動的に音が流れます。自動的に音が鳴らない場合は、プレイヤーの再生ボタンをクリックして下さい。
    ※環境によっては読み込みに時間がかったり、再生できない場合があります。
  2. 試聴中の曲の詳細を知りたい場合や購入したい場合は、プレイヤー内のタイトルをクリックすると、試聴を保持したまま、詳細ページへ移動します。

×

×