menu 検索する ×閉じる
新着(コメント有) 新着(コメント未) 予約

41〜60件 / 全167件

< Back   Next >

ISAYAHH WUDDHA - I Shit Ill / Every Little Things : 7inch

イギリスWOTNOT MUSICから、ライセンスでアナログリリースもされ話題となったカセットアルバム『Urban Brew』で注目された京都在住のISAYAHH WUDDHAのニューシングル到着しています!LOW-FI 電子ファンク、言葉もユニーク。

 1stアルバム『Urban Brew』がUK注目レーベルWotNot Musicからリリースされるやいなや、Gilles PetersonがBBCでプレイするなど、海外に次いで日本でも瞬く間に話題となったIsayahh Wuddha。12月発売予定の2ndアルバムから甘く切ないベッドルーム・ファンク・ナンバーを先行7インチ・リリースです!

 何処からともなく現れた2020年話題のブライテスト・ホープ、Isayahh Wuddha。12月発売予定の2ndアルバムから、先行シングルをリリースです。Side A、"I shit ill"はヴィンテージ・ドラムマシーンによるブレイクビーツに、チープな音色のキーボードがスウィートに溶け合う、サウダージ感溢れるミッドナンバー。まさに後世に残るであろう大名曲です。
そしてSide Bにはアルバム未収録となる"every little things"を収録。波打つファンキーなベースラインがぐいぐいとグルーヴを引っ張り続け桃源郷へと誘う、ラヴ&ピース、ホープなヴェイパー世代の傑作ニュー・ソウル。アートワークは、ブックデザイン、映画の宣伝デザイン等を手がける倉茂透。ジャケットは京都のhand saw pressによるリソグラフ印刷で、一枚一枚風合いの違う味わいのある仕上がり。アルバムを期待せずにはいられない、マストバイな1枚です!

▼ Tracklisting

A.I Shit Ill
B.Every Little Things

RECOMMENDED新入荷

NÍDIA - Nídia : 12inch

NÍDIA Nídia

PRINCIPE DISCOS (POR)
12inch // P032
2190 yen (税込)

PRINCIPEの夏頃のリリースですがこちらもストック。こちらは、南アフリカのGQOMにもつうじるような圧巻の音像、ファンファーレみたいな煽りで 捲し立てるアヴァン・アフリカン・エレクトロ!強力!

アフリカン・ポルトガル人、PRINCIPE DISCOSの才女NÍDIA。7inch、ニューアルバムも今年リリースした彼女の12インチ。OKADADAくんも年間ベストチャート@JET SET RECORDSでピックしていた一枚。これフロアに投入してるらしい。 (サイトウ)

▼ Tracklisting

RECOMMENDED再入荷

BELLA BOO - Let's Go Out : 12inch

BELLA BOO Let's Go Out

RUNNING BACK (GER)
12inch // RB096
1890 yen (税込)

DJとして10年以上のキャリアを持ち、STUDIO BARNHAUS等からの近年のリリースが人気を博しているBELLA BOOがRUNNING BACKからEPリリース!

DJ BELLA BOOのニューEP。ビートレスなマインドミュージック、ハウス、早めのブレイクビート、エレクトロ。「Let's Go Out」とディープながらポジティブなメッセージと、音のバイヴ、ダビーなエレクトロニック・ディテールのファンタジー。じっくり良いです。 (サイトウ)

▼ Tracklisting

RECOMMENDED新入荷

HAN SOTOFETT & JAKKO EINO KALEVI with ANDRES LÕO - Jazzsomdub : 2x12inch

SOTOFETTと、ヘルシンキのJEKS VIIHDE主宰JAAKKO EINO KALEVI、エストニアのANDRES LÕOのコラヴォレーション。

SEX TAGS AMFIBIA新作は、SOTOFETTのHONEST JON'Sからのアルバムはじめいくつかの作品で、ドラムで参加してきたJAAKKO EINO KALEVIによるコラヴォレーション。AMFIBAから7インチリリースもあるエストニア、タリンのパーカッショニスト ANDRES LÕO。8曲中2曲参加しています。SOTOFETTのエレクトロニック・ピアノやテープエコー、JAAKKO EINO KALEVIはサックスを吹いている曲もあり、オブスキュアなジャズ・フリーミュージック。 (サイトウ)

▼ Tracklisting

RECOMMENDED新入荷

JKRIV & DICKY TRISCO / BERNARDO PINHEIRO - Barefoot Beats 11 : 10inch

サンパウロのパーティークルー「MAREH MUSIC」によるブラジリアン・リエディッツ専科〈BAREFOOT BEATS〉の第11弾リリース!

ブルックリンの人気パーティー兼レーベル〈DISCOVERY〉や〈RAZOR N TAPE〉を主宰する、元・TORTURED SOULのメンバーでもあるJ KRIVと、<DISCO DEVIANCE>を主宰しながら世界各地から引っ張りだこのフェスティバルVIPなベテラン紳士・DICKY TRISCOがタッグを組んだ、”Let The Sunshine-in”を想起させるスピリチュアルなヴォイス・コーラスとガット・ギターのサウダージなニューディスコ”Mãe Do Mar”!そして、ブラジル北部パラ州都・べレンを拠点に20年以上キャリアのを誇るDJ、ブラジリアン生粋のリエディット作品も評の高いBERNARDO PINHEIROによるBサイド、JORGE BENのバックバンドで知られるサンバロック・グループ・TRIO MOCOTOの'04年CDアルバムからの名曲”Lirio Para Xango”をネタに、プリミティヴなチャントとシャッフル・ブレクも効果抜群な”Xangô”も素晴らしい、ブラジリアンヴァイブスなスプリット10インチ! (DNT)

RECOMMENDED新入荷

CASERTA - Stevie? : 12inch

CASERTA Stevie?

BRIDGE BOOTS (UK)
12inch // BB45008
1590 yen (税込)

親友であるKONの作品の殆どにミキシング・エンジニアとして関わってきた、ボストンのビートメイカー・CASERTAによるレーベル<BRIDGE BOOTS>の第8弾リリース!

グラミー賞にもノミネートされ注目されつつも33歳という若さで銃撃により命を落としたL.A.のラッパー・NIPSEY HUSTLEの葬儀で、あのSTEVIE WONDERが演奏し披露されたエリック・クラプトン名曲”Tears In Heaven”のカヴァー動画の一部を引用サンプリング、シンセティックなコードとストリングス、ヴィブラフォン・パートも相まってヘヴンリーなディープハウスに仕上げた”Stevie? (Caserta’s Sunday Saint Mix)”、一転、ヴォ―ギーなボトムとリズムワーク、執拗なリフレインの隙間から、神聖なパイプオルガンとスティーヴィの歌が登場するブレイクも技ありな” Stevie? (JoDaCe’s Saturday Sinner Mix)”。 (DNT)

▼ Tracklisting

RECOMMENDED新入荷

INO hidefumi - IN DREAMS : 7inch

INO hidefumi IN DREAMS

INNOCENT RECORD (JPN)
7inch // IREP013
1540 yen (税込)

ロマンチック・ドリーミーなフェンダーローズ・メロウ・ソウル。沁みる。名曲誕生。INO hidefumi、待望ニューアルバムからの先行トラックが遂に7インチ・リリース。数量限定盤。1/16土 発売。

“音楽が僕を誘う。自由へと。いつも今も、音楽が扉を開ける。” 感動的でロマンティシズムに満ちているドリーミーなフェンダーローズ・メロウ日本語ソウル。 (コンピューマ)

▼ Tracklisting

RECOMMENDED新入荷

VARIOUS - Orbitration : 12inch

VARIOUS Orbitration

INTERGRADED (GER)
12inch // INTGRD004
---- yen (税込)

MIDLAND主宰の〈GRADED〉のサブレーベル〈INTERGRADED〉の新作。4アーチストによるオムニバム。

ロンドンのベース以降のハウス/エレクトロニックダンスの良いリリース。Brotherhood Sound System,Dext Recordings, Keysound RecordingsからリリースしているロンドンのOTIKのA1がまず素晴らしい。A2のルーマニアCom Sinもベースの効いたダビーサウンドをベースにポエトリーをのせたクールなトラック。B1はLOBSTERやCHURCHも後押しするValby Rotary主宰のTOM VR。B2は2 Pisceansのデビューリリース。 (サイトウ)

▼ Tracklisting

RECOMMENDED再入荷

ALEX FALK - Intlblk004 : 12inch

ALEX FALK Intlblk004

INTERNATIONAL BLACK (UK)
12inch // INTLBLK004
---- yen (税込)

これまでにスプリット・シリーズをリリースしてきた、BRADLEY ZERO主宰の〈RHYTHM SECTION INTERNATIONAL〉のサブレーベル〈INTERNATIONAL BLACK〉から、〈MISTER SATURDAY NIGHT〉のフックアップしたUSテネシーのプロデューサー・ALEX FALKが単独リリースです!

かなり中毒性の高いプリミティヴかつアナログな電子音、変調していく時間感覚、ターンテーブルにのせてこそその威力を発揮するロウで強靭なミニマリズム、全4トラックです。 (DNT)

▼ Tracklisting

RECOMMENDED再入荷

COMPUMA - Forbidden Paradise -  The Modern Exotic Sounds Of... World In Shadow Selected &amp; mixed by compuma : CD-R

お待たせしました。COMPUMAのニューミックス「Forbidden Paradise 」到着しております!

コンピューマ、ニューミックスは「モダンエキゾチックサウンズ」をテーマに、禁断の楽園の世界へサウンドトリップ。五木田智央さんと鈴木聖さんのアートワークもとても良い。 (サイトウ)

「モダンエキゾチックサウンズをテーマにしたミックスです。8/31東京キネマ倶楽部でのプレイ。マスタリングはhacchiさん、アートワークは五木田智央さんと鈴木聖さん、コメントをVIDEOTAPEMUSICさんよりいただきました。夏の終わり、ビデオテープミュージックさん新作リリースツアー東京編、キネマ倶楽部の特別な空間でのあの日あの夜の異郷音楽体験への誘いお手伝いの記録。」

time:78:56
br>
mastered:hacchi

artwork:Tomoo Gokita & Satoshi Suzuki

*試聴音源は30秒程度づつ抜粋しております。

実際に自分がかつて見た景色なのか、それとも誰か他人の記憶なのか。
そんな曖昧な記憶の海に浮かぶ幻の島、FORBIDDEN PARADISE。
Googleマップには載ってない孤高の楽園。
見える景色は十人十色。
恐ろしさと心地よさがマーブル状に混ざり合いながら、
まだまだ知らない景色は無限に広がっているんだと感じさせてくれる
孤高の2019年モダンエキゾチカ体験!
(2019年8月31日東京キネマ倶楽部、あの夜あの場所の記憶もおぼろげに蘇ります。)

VIDEOTAPEMUSIC

RECOMMENDED再入荷

COMPUMA - Something In The Air 2 : CD

COMPUMA Something In The Air 2

SOMETHING ABOUT (JPN)
CD // something about 002
1728 yen (税込)

【再ストックしました】数年ぶりの再プレス「Something In The Air」「Magnetic」と続いたサウンドスケープ・シリーズの完結編。うららかな春の日差しの中、お花見のお供に、お昼寝の誘いに、それぞれの距離感でゆっくりとおくつろぎください。アンビエントなサウンドスケープ・メディテーションなMIXCD「SOMETHING IN THE AIR」のパート2。

ロングセラーを続ける「SOMETHING IN THE AIR」の続編。五木田智央のよるジャケットの絵からインスピレーションを得て作り出した音世界とのことです。 (サイトウ)

☆ Vincent Radioの阿部周平氏(ex.ILLDOZER ex.JAYPEG)による"猫の毛 in the air" な特典ステッカー付き(限定)
アートワークは、「Something In The Air」「Magnetic」から続くサウンドスケープMIXシリーズの完結編的な装丁で、五木田智央の絵とアートディレクター ジェリー鵜飼のデザインによる、ADS(アントニオ・デザイン・サービス)の、音と絵とデザインの三位一体のセッションによるプロダクトとなっている。コンピューマの「SOMETHING ABOUT」からのリリース。

ライナーノーツより;

RECOMMENDED再入荷

COMPUMA - Magnetic : CD

COMPUMA Magnetic

SOMETHING ABOUT (JPN)
CD // SOMETHING ABOUT 003
1728 yen (税込)

数年ぶりの再プレス再入荷!!!コンピューマ、ニューミックスです。「Something In The Air」の続編となる「Magnetic」 -exploring the future of funk in the universe- 。新たな音の宇宙の誕生です。こちらはCDのみの通常盤。2012年12月リリース。

コンピューマのSOMETHING ABOUT。「Something In The Air」の続編となる「Magnetic」リリースです。「静」と「動」。対を成すともいえる作品。新たな音の宇宙の誕生です。是非、どうぞ、よろしくお願いします! (サイトウ)

RECOMMENDED再入荷

COMPUMA - Something In The Air : MIX-CD

COMPUMA Something In The Air

SOMETHING ABOUT (JPN)
MIX-CD // SOMETHING ABOUT 001
1760 yen (税込)

数年ぶりの再プレス再入荷!!!COMPUMAの新境地。2012年2月リリース。

スクリューミックスで締めたミックスCD3部作 「A Date With Compuma」に続いてコンピューマが送り出すミックスCD到着しました!これまでになく深い音世界。是非ご一聴お願いします! (サイトウ)

*こちらも再プレス。リストックしました。 大好きな世界のひとつである、ドローンやフィールドレコーディング、ジャズ、電子音楽、アンビエントなどの音楽世界を"OCEAN OF SOUNDS"な気分でMIXして、ひとつの架空の物語的といいますか、ひとつの作品として制作してみました。めくるめく音風景の移り変わりと繋がりの様々な音像の流れの中で、どこかで優しい気持ちみたいなものがちらりとでも聞き手の皆さまに伝わると大変うれしく思います。そして、今回のジャケットの絵を、五木田智央さん、デザインをジェリー鵜飼さんという長年において信頼のおけるおふたりにお願いさせていただきました。そうなんです。不思議な縁で、彼等は元ADS(アントニオ・デザイン・サービス)、そして自分は元ADS(アステロイド・デザート・ソングス)という、たまたまの偶然で1990年代中頃からの、同じ時代に於いての同じADSというデザインチーム名、そしてバンド名としての出会いから10年以上を経てのADS for ADS(こちらのADSはひとりではありますが)な、音と絵とデザインの熱いセッションな作品となったと思います。 『音の風景と刺激が次々と移り変わり流れていく自由な感覚と想像力で聴いて感じる、音のサイケデリック・メディテーション。アンビエントというには過激すぎ、エクスペリメンタルというには心地よすぎる「サムシング・イン・ジ・エア」な音と音楽、空気と空間の道しるべ。コンピューマ名義としては約1年半ぶりの新作MIXCDの発売です。 アートワークは、このMIXにインスパイアされて描き下ろされた五木田智央の絵と、アートディレクター ジェリー鵜飼のデザインによる、ADS(アントニオ・デザイン・サービス)の10数年ぶりのプロダクトで、三者の音と絵とデザインの三位一体の熱いセッションによる装丁となっている。 今回のリリースは、今後の動きも気になるコンピューマのあらたなプロジェクト「SOMETHING ABOUT」からの記念すべき第一弾の作品となります。』 怪人コンピューマの織りなす白昼夢。無邪気で幽玄なTRIP感。音の隙間から溢れ出すファンタジー。それらがすーっと染みこむ優しいMIXです。 DJ NOBU(FUTURE TERROR) バリ島の人たちは、音楽と踊りによって到達することの出来る存在の状態を指して「別の心」と言ったそうです。自分自身に内包された世界の本質と向き合うためには「別の心」を呼び起こす必要がある。ここに記録されている放射状に拡張する閃きの時間もまたそんな儀式の一端であっただろうと察します。音楽という最古の寺に奉仕する名住職、コンピューマ恩師のアルタード・ステイツに響いた音風景2012、有り難く拝聴させていただきましたうえで「大推薦っ!!!」とさせて頂きます。 BING aka カジワラトシオ (THEGODSARECRAZY)

RECOMMENDED再入荷

COMPUMA - A Date With Compuma 2 -adventures of the john&#039;s universe in dreams- : CD

A DATE WITH COMPUMA シリーズ第二弾!2009年リリース。

「ミッドナイト・エレクチオン」に続く第2弾は、太っちょキャラの名優JOHN CANDYの夢旅行 ?懐かしの曲や馴染みの曲に新たなスポットを当てていたり、意外なディスカヴァリーも。いい曲ばかりなんだけどそれだけじゃない、 マッドなSE的シンセやミックスワークで紡がれた、ユーモラスで摩訶不思議、ファンタジーな世界観は、コンピューマ氏ならではでしょ。こだわりのあれやこれやが、ぎっしり詰まってるんで、それに気づいて愉しんでくれたら嬉しいです。 (サイトウ)

『今年2009年6月に自主でリリースした『A DATE WITH COMPUMA』?midnight エレクチオン?に続いて、コンピューマのミックスCDシリーズの第2弾が自身のレーベル「son of compuma」(設立誕生しました!)よりリリースされます。 前作では、真夜中のエレクチオンというタイトル通り、エロ?ソウルがテーマでそこから広がる妄想音世界が電子音やらいろいろを交えてコラージュ&スクリューでファンクして絡み合い、遂にマザーシップは静かに離陸に成功したのでした。新作『A DATE WITH COMPUMA2』では、なんとか宇宙に飛び立ったマザーシップが巡る新たな音の旅の物語が綴られているはずなのです、が、果たしてそれは夢なのか?幻なのか?現実なのか?妄想なのか?それとも便所のクソの中なのか?それとも?? 宇宙空間に広がる電子音の中から現れるカリンバの夢見ごごちの調べに始まり、タイムワープ!?で一気に路上へタイムスリップ、?なR&Bと洗練、オールドスクールとDUBとJAZZ、どこか懐かしく微笑ましいエレクトロニクスやムーグ、レクイエム的にも聞こえる鳥のさえずりが楽しくもせつないコズミックな電子世界が続き、、、そして!?  そう、まだまだ旅は続くのです。』

RECOMMENDED再入荷

COMPUMA - A Date With Compuma -Midnight エレクチオン- : CD

待望のコンピューマ氏ミックスCD!!!2009年リリース。

いつも予測できない面白アイデアで魅了してくれる、スマーフ男組のコンピューマ氏。「A Date With Compuma」ミックスCDシリーズがスタート!アダルトなR&Bな前半から徐々に不穏な電子音の予兆が現れて....そしていっきにあちら側の世界へ。コンピューマ氏ならではの、一筋縄では、いかない不思議な世界をゆらゆら旅する60分。あのメガネの向こう側に拡がる、イマジナティヴなコンピューマ宇宙の片鱗が、試聴の音源でちょっとは伝わるでしょうか?深夜の「エレクチオン」。是非体験して欲しいです。Date With ! (サイトウ)

『「A DATE WITH COMPUMA」はコンピューマがはじめたミックスCDのシリーズです。その記念すべき第一弾として「midnightエレクチオン」がリリース。
コンピューマのミックスCDとしては、2005年の異色のレゲエミックスシリーズ「STRICTLY ROCKERS Revenge Chapter.13 -随ィ喜!随ィ喜!MIX-」以来のリリースとなり、その内容も一応レゲエをテーマにした作品だったため、いわゆるミックスCDとしては初のリリースとなります。

幅広い、というか、偏り広すぎて今イチ実態の掴みづらいコンピューマのDJですが、今作は"真夜中のエレクチオン"というタイトル通り、彼の大好きな要素のひとつである"エロ?ソウル"がひとつのテーマとなっており、かなり聞き手のプライベート時間向けの効果音楽集といった内容で、聞き手それぞれのイマジネーションの手助けや恋のプレイヤーぶりの応援&確認BGM的な要素も高くなっております。
ただ、一筋縄ではいかないのがコンピューマ。やはり、というか徐々にその世界は変化していき、中盤からは電子音やいろいろが顔を出しはじめ、それらが絡み合い、くんづほぐれつ、うっとりねっとりと想像をはるかに超えたミックス音世界は広がり続け、その妄想音旅行のゴールには、、、。

収録曲は、前半はうっとりねっとりとしたR&Bやソウル、まさにplaya playa、pillowtalkで始まり、いろんな電子音楽、Dr JOHN / gris-gris、SUN RA / media dreams、EDDY GRANT / time warp、ERIC B & RAKIM / microphon fiend、HAIR STYLISTICS / underhair world、BIG MOEなどが収録されている。』
*試聴音源は、15秒程度ずつ前半中盤部分より抜粋してます。

RECOMMENDED再入荷

SUB BASICS - Shipment : 12inch

SUB BASICS Shipment

TEMPLE OF SOUND (UK)
12inch // TOS001
---- yen (税込)

非常に興味深いBPM113前後のダブステップ・スローモーション・テクノ秀作EP。ブリストル注目のSUB BASICS、期待の新レーベルTemple Of Soundからの記念すべき第一弾リリース。LTDヴァイナルオンリー・リリース。

ひんやりとした音感と繊細しなやかな音響構築も美しく、低音ベースとのバランスも面白い3トラック。ふんわりとトライバルなB2「Keep it Moving」(sample3)も心地いい。新しい感覚。 (コンピューマ)

▼ Tracklisting

RECOMMENDED新入荷

COMPUMA & 竹久圏 - Reflection : CD + insert

COMPUMA & 竹久圏 Reflection

宇治香園/SOMETHING ABOUT (JPN)
CD + insert // UJKCD-5188
2420 yen (税込)

道行く息遣いも伝わるフィールド録音と繊細な電子音、そしてギターの叙情的な旋律。静寂を慈しみながら存在する”音”を、じっくり味わう。京都の老舗茶問屋・宇治香園の創業155年の記念の年、同社が取り組んできた音と光で茶を表現する”Tealightsound”シリーズ最新作の番外編として、COMPUMAと竹久圏(KIRIHITO/GROUP)による5年ぶりの新作がリリース!

【11/11水曜発売!】平成27年の創業記念作品であり、本シリーズ”Tealightsound”の原点ともなっている作品「SOMETHING IN THE AIR ‒ the soul of quiet light and shadow layer -」から5年、、前作録音直後に放棄され廃園となってしまった茶園での詳細なフィールドレコーディングに宿った風情と、無機質な電子音、じっくりと感情に語りかけるギターの演奏、その三者の調和。
廃園を踏みしめる足音や電子音という”人為的サウンド”と、川のせせらぎや心情が映された旋律という”自然音”が一体化したアルバムに。茶葉がお湯に滲むように、空間(静寂)に音が滲みます。
ミュージックコンクレート作品として、生活空間に息を吹きかけるサウンドスケープとして、聴く人によって様々な味わいを魅せる作品。アートワークは前作に続き、画家・五木田智央氏とデザイナー・鈴木聖氏、コメントはLOS APSON? 山辺圭司さん、威力さんが担当されております。推薦です! (Akie)

▼ Tracklisting

RECOMMENDED再入荷

JO BISSO - African Disco Experimentals (1974 to 1978) : 2LP

1960-70年代に渡米して当時のUSソウル&ファンク・シーンに感化されながら唯一無二のユニーク&ファンキーなアフリカン・アメリカン・アンダーグラウンド・ダンスミュージックを作っていたアフリカ・カメルーン出身の音楽家JO BISSOの1974-78年間の秘宝音源をコンパイルまとめた素晴らしき2LPが到着!!!

1960年代初頭、隣国コンゴの巨匠フランコ/TP Ok Jazzやタブ・レイ・ロシェローから影響をもとに、アメリカへ渡りバークレー音楽学校で学びつつ当時のUSソウル&ファンク・ミュージックより多大な影響を受けながら、アフリカン・アメリカとして自身の音楽を探求してアンダーグラウンド・シーンにてユニークなアフリカン・ファンク&ディスコ・サウンドを残していたカメルーンの音楽家JO BISSOの入手困難な楽曲をコンパイルした素晴らしきコンピレーション2LP!!!1974-1978年の5年間に制作された、スパークするアフリカン・パーカッション、アシッディ・ムニュムニュとしたシンセサイザーの個性的ファンキーな鳴り、お色気セクシーなガヤも最高にかっこいい4/4グルーヴィンなアフリカン・ブギー・ディスコ、JBやKOOL & THE GANGマナーのゴキゲン・ファンキー・サウンズをプレイ&リスニングにご堪能ください。トラックリストから是非ともどうぞ。 (コンピューマ)

▼ Tracklisting

RECOMMENDED新入荷

KELEKETLA! - DJ Stingray & Skee Mask Remixes : 12inch

設立30周年を迎えたNINJA TUNE総師COLDCUTによるフューチャー・モダン・アフロビート・ジャズ・プロジェクトKELEKETLA!傑作デビューアルバム「Keleketla!」からのDJ StingrayとSkee Maskによる超絶リミックスEPがリリース!!!

BPM128、力技フットワーク・エレクトロ剛腕ぶりが圧倒的にかっちょよすぎるレジェンドDJ Stingrayによるトリッキー・トリッピン・アフロ・フューチャリスティック・リミックスA面「Future Toyi Toyi (DJ Stingray Remix) 」(sample1)と、自身によるILIAN TAPEからの数々の異彩を放つ名リリースによって新世代エレクトロニック・ミュージックシーンでも独自の存在感を発揮するSkee MaskによるBPM84、ベース・サイエンティフィック・アフロ・ダウンテンポ・リミックスB面「Swift Gathering (Skee Mask Remix) 」(sample2)の強力2リミックスを収録。Keleketla!は、COLDCUTの二人と、南アフリカのアーチストたちを中心にスタートしたプロジェクトながら、その後、ロンドン、南アフリカ・ヨハネスブルグはもちろん、ナイジェリア・ラゴス、ロサンゼルス、インドネシアなど、より国境を超えた様々なアーチスト達が参加して形作られていき、現在のUKジャズ・シーンより、シャバカ・ハッチングスにジョー・アーモン・ジョーンズ、フェラ・クティに仕えた名キーボード奏者デレ・ソシミ、ロサンゼルスの伝説的スポークン・ワードの先駆者ワッツ・プロフェッツ、西パプアの活動家ベニー・ウェンダ、そして先日急逝したアフロビートの創始者トニー・アレンなどまでもが参加した強力なプロジェクトとなっており、フューチャー・モダン・クロスオーバー・クロスカルチャーなアフロビート・ジャズが雄大に奏でられている。 (コンピューマ)

▼ Tracklisting

RECOMMENDED再入荷

DANIEL WANG - The Look Ma No Drum Machine Ep - 2020 Edition : 12inch

DANIEL WANG,〈BALIHU RECORDS〉 1993年リリース。デビュー作。ディスコ、ハウスへの愛情が昇華した名作中の名作です。

メインストリームからはもちろん、アンダーグラウンドサウンドの中でも、一際ユニークなスタンスでカルトな人気を集めることになるDANIEL WANGの長いリリースの歴史の原点。サンプリングをベースに構築した名作「The Look Ma No Drum Machine Ep」がリマスター再発です。 (サイトウ)

▼ Tracklisting

RECOMMENDED新入荷

41〜60件 / 全167件

< Back   Next >

pagetopへ

[試聴方法]

  1. ページにある試聴ボタンをクリックすると、自動的に音が流れます。自動的に音が鳴らない場合は、プレイヤーの再生ボタンをクリックして下さい。
    ※環境によっては読み込みに時間がかったり、再生できない場合があります。
  2. 試聴中の曲の詳細を知りたい場合や購入したい場合は、プレイヤー内のタイトルをクリックすると、試聴を保持したまま、詳細ページへ移動します。

×

×