menu & search

二名敦子 PLAY ROOM 〜戯れ〜

  • 試聴する
  • 試聴する
  • 試聴する

RECOMMENDED

再入荷

1983年のブラジル・ラテン&ジャズ・フュージョンなライト・メロウな和物アダルト・コンテンポラリー珠玉の名品、二名敦子「Play Room」がまさかの待望のオリジナル仕様でアナログ盤復刻です。

A.C.ジョビン「ワン・ノート・サンバ」「イパネマの娘」「Wave」「おいしい水」に、オールドラテン・クラシックス「キサス・キサス・キサス」「ベサメ・ムーチョ」、サミー・デイヴィス・Jrの永遠の「Mr.ボージャングルズ」サイモン&ガーファンクル「明日に架ける橋」そして「幸せの黄色いハンカチ」までアーバン且つアダルトな日本人離れしたラテン・ブラジルなアダルティな選曲に、ジャズ・フュージョン・ラテン・ジャス・ボザノヴァでクロスオーバーな見事で秀逸なアレンジ、そして洗練の洋楽的でありながら、あくまでも日本語の響きを大切にした日本語の歌詞のリズム感の見事さが合致した、1983年の二名敦子のデビュー作にして、和物レアグルーヴ奇跡の名品が、遂に当時の仕様を再現した帯付き、ライナーノーツ封入で初のアナログ再発です。トラックリストからもぜひともどうぞ。 (コンピューマ)

▼ Tracklisting

SIDE-A
A1.Communication(ワン・ノート・サンバ) sample
A2.マッチ売りの少女(ジャニー・ギター) 
A3.Liar(キサス・キサス・キサス) 
A4.Mr.ボージャングルスsample
A5.明日に架ける橋(Bridge Over Troubled)sample
SIDE-B
B1.Man Or Boy(イパネマの娘) 
B2.艶しい関係(ベサメ・ムーチョ) sample
B3.Let Me Kiss(ウェイブ) sample
B4.戯び(おいしい水) sample
B5.幻の手(幸福せの黄色いリボン) sample


ラテンやジャズ、ボサノバ、アメリカン・ポピュラー・ミュージックの有名曲を日本語カヴァーした内容と希少性から、シティ・ポップ〜和ジャズ・ファンの間で評価が急騰し、近年は中古市場でプレミア化!二名敦子の再評価のきっかけともなった'83年発表作品。

Logic Systemとして活動していた入江純がサウンド・プロデュースを手掛けた'83年のデビュー作品。ザ・スクェア(後のT-SQUARE)に在籍していた和泉宏隆が収録曲の半分のアレンジを担当しており、翌年にリリースされた『LOCO ISLAND』以降、二名敦子のイメージとして定着していくリゾート〜シティ・ポップ路線とは一線を画したジャズ・フュージョン色の強い、アーバンかつアダルトなサウンドが特徴的で、スタンダード・ナンバーの新鮮な日本語詞による歌唱は、30年を経た今また違った趣を持って響きます。いずれも耳馴染みのあるメロディだけにキャッチーですが、とくに「イパネマの娘」を高速サンバ・カバーしたB1は、現在のクラブ・ジャズ・シーンでもそのまま通用する和モノ・レアグルーヴの逸曲です!当時の仕様を再現した帯付き、ライナーノーツ封入で初のアナログ再発となります。

pagetopへ

[試聴方法]

  1. ページにある試聴ボタンをクリックすると、自動的に音が流れます。自動的に音が鳴らない場合は、プレイヤーの再生ボタンをクリックして下さい。
    ※環境によっては読み込みに時間がかったり、再生できない場合があります。
  2. 試聴中の曲の詳細を知りたい場合や購入したい場合は、プレイヤー内のタイトルをクリックすると、試聴を保持したまま、詳細ページへ移動します。

×

×