menu & search
PARTY

楽園モードの環境音楽、深みに潜るニューエイジ。素晴らしき聴覚体験だった昨年の来日公演も記憶に残るDOLPHINS INTO THE FUTUREことLIEVEN MARTENS MOANA(リーヴォン・マーティンス・モアーナ)と、前回も同行した盟友SPENCER CLARK(スペンサー・クラーク)(TYPHONIAN HIGHLIFE)が、再来阪します!! 大阪公演は、GABBY & LOPEZの森俊二さんのソロ名義222の出演も決まりました。コンピューマも!皆素晴らしい音を聴かせてくれると思います。是非お待ちしてます。

  リーヴォン・マーティンス・モアーナ来日ツアー情報
東京公演 10/13(金)
新潟公演 10/14(土)
京都公演 10/15(日)


Edições CNと、PACIFIC CITY SOUND VISIONS関連のレコード/CD/カセット特集!

PICK UP

ピックアップ

Rock/Experimental/World/Othermore

Hip Hop/Funk/Rare Groovemore

Techno/Dubstepmore

House/Discomore

CD/Equipmentmore

usedmore

今週入荷分はこちら

Event

FESTIVAL de FRUE 2017

FESTIVAL de FRUE 2017

つま恋 リゾート彩の郷(静岡県掛川市満水2000)
FESTIVAL de FRUE 2017
http://frue.jp/

●2017年11月3日(金・祝) 
開場:10:00 / 開演:13:00 / 終演: 5:00
※開場、開演、終演時間は予定。
The Master Musicians of Joujouka (Morocco)
Acid Pauli (Berlin | Console / The Notwist / 13 & God)
BaBaZuLa with Nourah (Istanbul | Glitterbeat)
DC/PRG led by 菊地成孔 (Japan | Taboo Label)
∈Y∋ (BOREDOMS | Japan)
Vessel (Bristol | Tri Angle)
WEDNESDAY CAMPANELLA/水曜日のカンパネラ (Japan)
BLACKSHEEP (Japan)
HOLE AND HOLLAND (Japan)

●2017年11月4日(土) 
開場:10:00 / 開演:13:00 / 終演: 26:00
※開場、開演、終演時間は予定。
The Master Musicians of Joujouka (Morocco) ※afternoon session & No PA set
Idris Ackamoor & The Pyramids (Ohio | Strut Records)
Masakatsu Takagi/高木正勝<バンドセット> (Japan)
Fabiano do Nascimento (Rio de Janeiro / LA | Now-Again)
OGRE YOU ASSHOLE (Japan)
VOODOOHOP with Thomash (Germany), Urubu Marinka (Brazil), Peter Power (Ireland), Psilosamples (Brazil), Kaloan (Brazil) & A Macaca (France)
 ※タイムテーブルの発表は、9月下旬を予定しています。

●出展者:
BUY ME STAND by SON OF THE CHEESE (並木橋)
spice kitchen HATONOMORI (千駄ヶ谷)
Simples (静岡)
香辛堂 (自由が丘)
……and many more shops

●IMAGES:Yuriko Shimamura (Japan)

●場所:つま恋 リゾート彩の郷
(〒436-0011静岡県掛川市満水2000)

●前売チケット:
前売2日通し券:17,000円
前売1日券:10,000円
キャンプサイト券:2,000円(1名様)
南駐車場駐車券:3,000円
※キャンプサイト券は1名様につき1枚必要。
※駐車券は車1台につき1枚必要。
※12歳以下は、無料。

https://frue.shop-pro.jp で好評発売中。

●主催・企画:FRUE

●後援:駐日ブラジル大使館 / 掛川市

●お問い合わせ先:
 http://frue.jp / contact@frue.jp

●NEWTONE RECORDにてチケットを販売しております。
通販ご希望の方は商品と同封可能です。
メッセージ欄にチケットの種類、枚数を明記の上ご注文下さい。
クリックポストでの郵送も可能です。
order@ のメールアドレスにチケットの種類、枚数を明記の上ご注文下さい。

Fabiano Do Nascimento ~Japan Transformando Tour 2017~

Fabiano Do Nascimento ~Japan Transformando Tour 2017~

CONPASS
Fabiano Do Nascimento
~Japan Transformando Tour 2017~

2017.11.07 (TUE) @CONPASS, Osaka

Live: Fabiano Do Nascimento (solo guitar)

DJ: Saito (newtone records)


ghetto:wax
Coffeebike Edenico


Open: 19:00
Start: 20:00

前売り 3,000yen (1ドリンク代別途)
当日  3,500yen (1ドリンク代別途)



前売りチケット
・e+ http://eplus.jp
・newtone records http://www.newtone-records.com
・Edenico Daikoku Experiment http://coffeebikeedenico.wixsite.com/coffeebike-edenico


※着席+立ち見です。席は先着順となります。
※当日、会場内は禁煙とさせて頂きます。(喫煙スペース有)


LIVE SPACE CONPASS http://www.conpass.jp
〒542-0083 大阪市中央区東心斎橋1-12-20 心斎橋ダイワビルB1F
TEL:06-6243-1666





Fabiano do Nascimento

アフロ・ブラジリアンの未来というべき才人、ファビアーノ・ド・ナシメントは1983年リオ・デ・ジャネイロ出身。由緒ある音楽一家に育ち、幼年期よりクラシックや音楽理論などの教育を受けたファビアーノは、12歳からギターを手にし以来この楽器に魅了されブラジル音楽とジャズを独学で研究し卓越した演奏能力を身につけていくことになる。

2000年にLAに移り住みマルチ木管奏者パブロ・カロジェロらとTRIORGANICO(トリオルガニコ)を結成。ブラジル音楽とジャズやヒップホップなどミックスした高い音楽性と共に、セウ・ジョルジやヘリオセントリクスなどを擁する「Now Again」からのリリースということで音楽通の間でその名が知られることとなり、その後ソロ名義でのリリースへとつながることとなる。

ソロ・デビュー・アルバムでは、一発録音という手法含めパーカッションの巨匠アイアート・モレイラをフィーチャーしたことが大きな注目を集めた。なお2017年の最新作「Tempo Dos Mestres」では、そのスタイルをさらに一歩押し進めバーデン・パウエル、エルメート・パスコアル、エグベルト・ジスモンチといったブラジル音楽の伝説たちの名も頭をかすめつつも、奥深い所では現在世界中で同時多発しているシャーマニック・ミュージック・シーン の最先端とも言うべき、清らかで繊細なサウンドで森羅万象と神を称えるメッセージ性の強い音楽を奏でている。

https://www.fabianodonascimentomusic.com/

RVNG Intl. Japan Showcase Osaka

RVNG Intl. Japan Showcase Osaka

中津マルコノスタルジ 特設会場(高架下倉庫)
LIVE:
Visible Cloaks
SUGAI KEN
7FO
Phantom Kino Ballet (Lena Willikens + Sarah Szczesny)
YPY

DJ: Matt Werth (RVNG Intl.)

VJ: Cosmic Lab PA : YORI

中津マルコノスタルジ 特設会場(高架下倉庫)
会場の旧イベントの風景
http://buzzap.jp/news/20161017-nakatsu-kokashita-yoichisai/

Total information : NEWTONE RECORDS


Visible Cloaks.jpg

Visible Cloaks [RVNG Intl. / from Portland]


ポートランドを拠点とするエレクトロニック・デュオ。2006年より日本のレーベル〈Easel〉から多数のCDをリリースしていたスペンサー・ドランによるプロジェクトCloaksを母体とし、サイケデリックロック・バンドEternal Tapestryのライアン・ カーライルが加わったことにより本名義での活動を始動。デビュー作品は2014年に〈Sun Araw〉のレーベルから、2017年に〈RVNG Intl.〉よりフィジカルの作品としては3枚目となる『Reassemblage』を発表。ソロ期ではサンプリングを主体としたビート / エレクトロニカ、現在ではPCとシンセサイザーによるアンビエント作品を展開するも、一貫して瑞々しく豊かな色彩のサウンドで人気を博している。

http://www.visiblecloaks.com
SUGAI KEN.jpg

SUGAI KEN [RVNG Intl. / from Kanagawa]


神奈川を拠点に活動する電子音楽家。日本の夜を想起させる独特なスタイルを軸に、国内のコアな俚伝を電化させる事にも日々勤しむ。様々な場所への出演の他、シネマティックなDJミックスが国内外のサイト(dublab、NTS等)にて多数掲載。UKのエクスペリメンタル・デュオSculptureによるリミックスがリリースされた他、アルゼンチンの奇才Emilio Haroによるリミックスもリリースが 予定されており、亜種な活動を兀兀と展開中。LP『鯰上 On The Quakefish』(Distributed by RUSH HOUR)は国内外から多数の評価を獲得。日本屈指のレーベル〈EM Records〉からリリースされた「如の夜庭 Garden in the Night (An Electronic Re-creation)」により世界中のコアなリスナーとコネクト。LOS APSON?の2014年&2016年間チャートに作品がそれぞれランクイン。先日Fabriclive(UK)への楽曲提供を行った他、BBC Radioの複数の番組にて楽曲がオンエアーされた。11月末に最新作のリリース先である〈RVNG Intl.〉ジャパン・ショーケースを控えると共に、2018年にはヨーロッパツアーも予定されている。また、現行のシーンでの活動と並行して、国内の郷土芸能アーカイヴプロジェクトに複数携わるなど、目下様々な手練手管を"オレズマガラズ"遂行中。
 
http://sugaiken.jp
Matt-Werth.jpg


Matt Werth [RVNG Intl. / from NY]


ニューヨークに拠点を置く〈RVNG Intl.〉を運営。 時にエレクトロニック、アヴァンギャルド、フリー、フライドと分類される、前線に届くアーティストをわずかな原則に基づき、若手からベテランまでコラボレーションや再発含むリリースで数々の作品をリリース。同じくニューヨークのPete SwansonとJed Bindeman主宰の〈Freedom To Spend〉とTim Sweeney主宰の〈Beats In Space〉の共同ダイレクションや流通も行い、MoMA PS1 Warm Upのシリーズ、Moogfest、Unsound Festivalの委員としても活躍している。
 
https://igetrvng.com


RVNG Intl. Japan Showcase Osaka


Phantom Kino Ballet (Lena Willikens + Sarah Szczesny)




pagetopへ

[試聴方法]

  1. ページにある試聴ボタンをクリックすると、自動的に音が流れます。自動的に音が鳴らない場合は、プレイヤーの再生ボタンをクリックして下さい。
    ※環境によっては読み込みに時間がかったり、再生できない場合があります。
  2. 試聴中の曲の詳細を知りたい場合や購入したい場合は、プレイヤー内のタイトルをクリックすると、試聴を保持したまま、詳細ページへ移動します。

×

×