menu & search

RABIRABI and FRIENDS Song of the Earth

  • 試聴する

RECOMMENDED

  • RABIRABI (JPN)
  • SOTERELEASEPROJECT
  • CD+PICTUIRE BOOK
  • 3240 yen (税込)
from RaBiRaBi and friends to all the people living on the Earth. CDの売上げはすべてフクシマの子供たちへ届けられます

東日本大震災から4年目を迎えた2015年3月11日、2011枚リリース。中越地震の慰霊祭[SONG OF THE EARTH 2009]でラビラビが即興で唄った曲が、口承歌という形でラビラビと縁のあるミュージシャン達の間で自然とうたわれるようになっていったそうです。そして今回この歌を一つの作品としてリリースし、福島の子どもたちの健康を維持するための基金を募ろうという素晴らしいプロジェクトとなりました。プロジェクトに賛同したミュージシャン、エンジニアが集まり、太陽光発電によるレコーディング。プロデュースはKUNIYUKI氏、白檀のMARLYN、KABAMIX、内田直之氏等も参加しています。地震がおきると何が起こるのか、という事を子どもに語り継いでいくための絵本にも注目。あの日の事を忘れずに、そして子供達の未来を願う心に響く作品です。 (ヤマ)

復興で綴った唄はくりかえされる震災を経てひとつの曲に... 「Song of the Earth」は、中越地震、東日本大震災という二度の大震災を経て、旅す るバンド、ラビラビによって紡がれました。「地球の声をきこう」と呼びかけるこの唄 は復興を願うミュージシャンの間で共感を呼び、グラスルーツな広がりの中で自然とう たわれるようになりました。 大地がふるえると、何が起こるのか、あの日感じたことをうたい継いでいきたい...。ラ ビラビを発起人に、そんな想いに共感するミュージシャンやアーティスト、サポーター が集まり、CDと絵本をつくりました。多くの人がうたいやすいようにあえて楽曲の著作 権はフリーにし、さらに太陽光発電でレコーディングにかかる電力をまかない、多くの 人たちの募金によって制作しています。自然エネルギーや人の想いというパワーがたっ ぷりつまった地球の唄は大震災から4年目の3月11日にリリースし、CDの売上は全額、 福島の子どもたちの健康を維持するための基金に充てられます。(プレスリリースより)▼ Tracklisting

1.Song of the Earth
2.Reading - Song of the Earth




pagetopへ

[試聴方法]

  1. ページにある試聴ボタンをクリックすると、自動的に音が流れます。自動的に音が鳴らない場合は、プレイヤーの再生ボタンをクリックして下さい。
    ※環境によっては読み込みに時間がかったり、再生できない場合があります。
  2. 試聴中の曲の詳細を知りたい場合や購入したい場合は、プレイヤー内のタイトルをクリックすると、試聴を保持したまま、詳細ページへ移動します。

×

×