menu & search

BEING BORINGS Love House of Love

CRUE-Lから2011年リリース ! BEING BORINGS !! タイトルも最高!

瀧見さん!


『ナゾの新人というふれ込みのBeing Boringsのデヴュー12"。愛を感じたいアフターアワーズな明け方か、もしくはドライビング・デートに相応しいフレンチ・サントラ・フィールに包まれたミッド・テンポ・グルーヴァー、"Love House of Love"。様々なサンプルのイン/アウトとリズム・プログラミングの音響工作がバレアリック・ブギーの王道を絶妙にスルーしてドリーミーかつナチュラルな幸福感を長尺でキープしながら優しく包みこむ感じは、正にアダルト・オリエンテッド・ハウス。というか、本人達曰く「リアル・お洒落・ハウスを目指した」そう。うって変わって、Side AAは重心の低いブレイクとオブスキュアなウワもののレイヤーが鳥瞰と蝶瞰の二重の視点で、靄だらけの森の中を浮遊していながらじりじりと進軍していくようなフォーキー・バレアリック"Some are here and some are missing"。』

「正にラヴだね!」DJ Harvey
「いつも思いがけないものを出してくる!とても愛してる!スゴい!」Dan(Idjut Boys)
「Being Boringsはとても興奮させるゼ!」Conrad(Idjut Boys)
「Cool!!!」Eric Duncan(Rub n Tug)


盤質(Condition) : VG+/SLEEVE:VG+

pagetopへ

[試聴方法]

  1. ページにある試聴ボタンをクリックすると、自動的に音が流れます。自動的に音が鳴らない場合は、プレイヤーの再生ボタンをクリックして下さい。
    ※環境によっては読み込みに時間がかったり、再生できない場合があります。
  2. 試聴中の曲の詳細を知りたい場合や購入したい場合は、プレイヤー内のタイトルをクリックすると、試聴を保持したまま、詳細ページへ移動します。

×

×