menu & search

LAY-FAR HOW I COMMUNICATE PART.2

  • 試聴する
  • 試聴する
  • 試聴する

RECOMMENDED

再入荷

モスクワの急進プロデューサー・ALEXANDER LAY-FARが〈LOCAL TALK〉からミニアルバム・2部作を発表、その第2弾。

〈GLENVIEW〉からのファースト・アルバムではまだB-BOY上がりの初々しい印象でしたが、〈LOCAL TALK〉との契約後、よりプロデューサーとしての器を開花させているLAY-FAR。注目は、阿河泰子のカヴァーでも良く知られる、80年代に活躍したサンフランシスコのブラジリアン・フュージョングループ・VIVA BRASILのサンバ名曲”Skindo Le Le”のイントロ部分のヴォーカルを拝借し見事なディープハウスに昇華させた”Another Way (The Siren Song)”(sample1)、パート1に引き続きMARK DE CLIVE-LOWEをフィーチャーしたウォーミーなシンセパッドの合間を流麗なピアノが踊るブロークン・ジャズハウス”Jump Higher”(sample2)も盛り上がりそう。'14年、同レーベルからリリースされたシングル”Communication EP”のなかでも特に耳を惹き付けた”Side 2 Side (I Just)”(sample3)の再収録もうれしい。全6トラック! (DNT)

▼ Tracklisting

A1Submergingsample
A2Another Way (The Siren Song)sample
A3Drop The Time feat.Ann Wellersample
B1Jump Higher feat.Mark De Clive-Lowesample
B2Rising / In Between Conceptssample
B3Side 2 Side (I Just)sample

pagetopへ

[試聴方法]

  1. ページにある試聴ボタンをクリックすると、自動的に音が流れます。自動的に音が鳴らない場合は、プレイヤーの再生ボタンをクリックして下さい。
    ※環境によっては読み込みに時間がかったり、再生できない場合があります。
  2. 試聴中の曲の詳細を知りたい場合や購入したい場合は、プレイヤー内のタイトルをクリックすると、試聴を保持したまま、詳細ページへ移動します。

×

×