menu & search

HENRY MANCINI The Mancini Touch

  • 試聴する
  • 試聴する
  • 試聴する

RECOMMENDED

再入荷

ティファニーで朝食を、など数々の映画音楽でおなじみ、アメリカ・ポピュラー音楽を代表する巨匠ヘンリー・マンシーニ1959年のヴィヴラフォン、シロフォン、マリンバの響きもクール&ラウンジーなスウィンギン・ムーディーなカクテル・ジャズ大名盤「The Mancini Touch」2010年復刻CD。当店初入荷。クロード・ソーンヒルの元祖エキゾチック・アンビエント名曲スタンダード「Snowfall」の名カヴァーがしみわたる。

今作ではラウンジーなカクテル・ジャズをテーマに、最高峰フルオーケストラの演奏によりステレオ・アクション・アドベンチャーな練りに練られた様々な音響効果の仕掛けが完璧に奏でられる優雅で至福な贅沢の極み。世代を超えての推薦盤。ここではない何処か、エキゾチック楽園音楽への情景。巨匠ヘンリー・マンシーニの凄さをあらためて感じさせてくれる夢見心地のイージーリスニング・マスターピース。全12曲。sampleは2曲ずつお聞きできます。 (コンピューマ)

▼ Tracklisting

01. Bijou (Burns) 2:54
02. Mostly for Lovers (Mancini) 2:34
03. Like Young (Previn) 2:42
04. My One and Only Love (Mellin-Woods) 2:45
05. Politely (Mancini) 3:12
06. Travlin Light (Mercer-Mundy-Young) 2:48
07. Lets Walk (Mancini) 3:27
08. Snowfall (Thornhill) 2:22
09. A Cool Shade of Blue (Mancini) 3:22
10. Robbins Nest (Thompson-Jacquet) 3:38
11. Free and Easy (Mancini) 3:52
12. Thats All (Haymes) 4:26
Total time: 39:29 min.
Originally released as RCA Victor LSP 2101.
Collective personnel includes:
Dick Nash, Karl de Karske (tb), Ronnie Lang (bs, as, fl), Ted Nash (ts), Harry Klee, Ronnie Lang (as), Vince
DeRosa (frh), John Graas (flh), Johnny Williams (p), Victor Feldman (vib, marimba), Bob Bain (g) and Shelly
Manne (d). Henry Mancini (arranger & conductor).
Recorded at RCA Victors Music Center of the World, Hollywood, California, on August 10, 11 and 14, 1959.
Produced by Dick Pierce
Recording engineer: Al Schmitt
Produced for CD release by Jordi Pujol

pagetopへ

[試聴方法]

  1. ページにある試聴ボタンをクリックすると、自動的に音が流れます。自動的に音が鳴らない場合は、プレイヤーの再生ボタンをクリックして下さい。
    ※環境によっては読み込みに時間がかったり、再生できない場合があります。
  2. 試聴中の曲の詳細を知りたい場合や購入したい場合は、プレイヤー内のタイトルをクリックすると、試聴を保持したまま、詳細ページへ移動します。

×

×