menu & search

CARLOS 'PAJARO' CANZANI Aguaragua / Algun Dia

  • 試聴する
  • 試聴する
  • 試聴する

RECOMMENDED

再入荷

南米ウルグアイから素晴らしい音楽を発掘。

カルロス・パハリート・カンサーニの74年作"aguaragua"とライブ盤"algun dia"の2 IN 1ウルグアイ直輸入盤。
ウルグアイといえばのエドゥアルド・マテオとルベン・ラダのエル・キントの影響とマテオの解釈したいびつで美しいボサノヴァ。そして隣国アルゼンチンのアルメンドラ、特に今作の前年にリリースのペスカド・ラビオソのアルトー(73年)の影響。スピネッタが切り拓いたあのシンフォニックな南米サイケデリアの直系のボーカルに、ウルグアイのフォルクローレであり、アフリカのルーツのカンドンベのリズム/パーカッション(マテオとも共演盤を出すホルヘ・トラサンテが担当)が絡む今日的な浮遊感。南米センチメンタル/サウダージが充満しながらも、静かな、とても静かな引き際の素晴らしさ。これは再発されてないのが不思議なくらいのクオリティです。ルラ・コルテス級だと思います。
後半のライブも素晴らし過ぎる。カエターノ・ヴェローゾのカバーで有名な"Viola, Meu Bemの"色気と闘争、アイアートとエルメート・パスコアルがやった名曲"Os Escravos De Jó"、ミルトン・ナシメントの"サン・ビンセント"のカバー、チリのロス・ハイバス(カンサニは元ロス・ハイバス)の名曲カバーなど当時70年代前半の南米の先鋭的な空気を網羅したアルバムです。現地盤の音の質感がなんとも言えない味。2016年ひょっこり入荷、このタイミングでした! (Shhhhh)

▼ Tracklisting

1.Y aquí no amanece ná
2.Toma la palabra
3.Paraná/Por cantar
4.Y por eso canto blues
5.Os escravos de Jó
6.Soy un barrio de Fray Bentos
7.Canción para Federico
8.De nuestra sangre
9.Interludio
10.Jacinta
11.Moreno
12.Toca tu flauta
13.Dum dum tambora
14.Muelas de juicio
15.Hasta perderme en el zapato
16.Aguaragua
17.La de la melaza
18.Y por eso canto blues
19.Mira niñita
20.San Vicente
21.Viola, meu bem
22.Algún día

pagetopへ

[試聴方法]

  1. ページにある試聴ボタンをクリックすると、自動的に音が流れます。自動的に音が鳴らない場合は、プレイヤーの再生ボタンをクリックして下さい。
    ※環境によっては読み込みに時間がかったり、再生できない場合があります。
  2. 試聴中の曲の詳細を知りたい場合や購入したい場合は、プレイヤー内のタイトルをクリックすると、試聴を保持したまま、詳細ページへ移動します。

×

×