menu & search
  • 試聴する
  • 試聴する
  • 試聴する

RECOMMENDED

再入荷

SLY & FAMILY STONE名曲「Running Away」のカヴァー収録!現在でも人気とWantの絶えぬGrap Luva(I.N.I.)をFeatした2004年のからの名作『Take A Look』から12年…。DJ Spinnaが、Basement Khemistでもお馴染みの盟友Joc Maxと共に送るスペシャル・プロジェクト=Domecrackersによる待望と呼ぶに相応しい6TRK EPがからリリース!

アクの強いReggie Bのヴォ−カルがばっちりはまってます。 (サイトウ)

昨年リリースされた『Compositions4』で、その揺るぎないヒップホップ・プロダクションのオリジナリティーと進(深)化を魅せつけたDJ SpinnaとJoc Maxが織り成すヒップホップ/ソウルの世界が余す事無く詰め込まれた作品になっている。
 
 一聴してSpinnaのものと体感できるバウンシーなビートと鮮やかなキーボードワークが光るビート・インスト「Domecrackers Intro」から幕開ける本作。
 続く「A2」では、D'Angeloの最新アルバム『Black Messiah』でもその大きな影響が話題になったSly & The Family Stoneの71年の傑作『There's A Riot Goes On』収録のハートウォームなソウル/ファンクの名曲「Running Away」をカヴァー。Reggie Bによるヴォーカル、Miles Bonnyによるトランペットを交えた原曲への敬意を感じさせる生演奏のアプローチと、Joc Maxによるドライブ感のあるビート、Spinnaならではの高揚感に溢れるソウル・エレクトリックなアレンジが融合し、素晴しいカヴァーに仕上がっている。 
 タイトに跳ねたビートに、ジャジーなピアノ・リフレイン、グルーヴィーなキーボード/シンセ、Reggie Bによる淡く伸びやかなソウル・ヴォーカルがFeatされ、メロー・エッセンシャルな80'sソウル的なヴァイブに溢れた世界を繰り広げる「Out Of This World」も、このEPのハイライトと呼ぶに相応しい名曲。
 B-Sideは、Joc Maxによるドラム、ベース、ギター・リフの織り成す漆黒のビート/グルーヴ、ブラックポエット的なフロウがリズミカルに呼応するヒップホップ「Go On」からスタート。
 ピアノのリフレインを軸にした90'sフレイバーを感じさせるタイトなビート/グルーヴに、Reggie BとJoc Maxxが黒く鮮やかなヒップホップ・ソウルの世界が繰り広げる「Martian Man」は、後半からのムーグ系キーボードのソロもヤバい仕上がり。
そして密室型のエレクトリック・ファンク的なトリップ感に溢れるDJ Spinnaによるビート・インスト「Outro」で幕を閉じる。

 DJ Spinnaが、原点であるヒップホップからブラック・ミュージックの進化と広がりを実践する注目作。 Fuse Greenによるアートワークにも注目。何卒、お聞き逃し&お楽しみ逃し無く! 

▼ Tracklisting

A1.Domecrackers Introsample
A2.Running Away feat. Reggie B. & Miles Bonnysample
A3.Out Of This World feat. Reggie B.sample
B1.Go On feat. Joc Maxxsample
B2.Martian Man feat. Reggie B & Joc Maxxsample
B3.Outrosample

pagetopへ

[試聴方法]

  1. ページにある試聴ボタンをクリックすると、自動的に音が流れます。自動的に音が鳴らない場合は、プレイヤーの再生ボタンをクリックして下さい。
    ※環境によっては読み込みに時間がかったり、再生できない場合があります。
  2. 試聴中の曲の詳細を知りたい場合や購入したい場合は、プレイヤー内のタイトルをクリックすると、試聴を保持したまま、詳細ページへ移動します。

×

×