menu & search

LOUIS XAVIER LADJA

  • 試聴する
  • 試聴する
  • 試聴する

RECOMMENDED

アフロ〜フリージャズ秘境の奥地・INTERCOMMUNAL FREE DANCE MUSIC ORCHESTRAのサックス奏者・JOE MAKAやZAOのヴァイオリニスト・JEAN-YVES RIGAUDらを擁するグループ・SYNCHRO-RHYTHMIC ECLECTIC LANGUAGEのリーダー・LOUIS XAVIERの’81年アルバム「LADJA - Jazz with a West Indian Soul - 」が、マルティニークのピアニスト・GEORGES-EDOUARD NOUELやレユニオンのエレクトリック・マロヤの珠玉・ZISKAKANなどのレア音源のリイシューを手掛ける<REBIRTH ON WAX>から再発です。

学生時代に結成したバンド・EL CONJUNTO CHUNGOの噂を聞きつけたJOE MAKAとすぐ意気投合しSYNCHRO-RHYTHMIC ECLECTIC LANGUAGEとしてライヴ活動を続ける中で、プロデューサー・PIERRE LATTESと出会い、ピアニスト・GEORGES-EDOUARD NOUELのアルバム「CHODO」への参加や、グアダループの音楽家・FRANCK VALMONTとの共作アルバムを制作、’77年の「THE AUTUMN FESTIVAL」でのLAST POETSとの共演はメディアからも賞賛され、70年代のパリのジャズシーンに功績を残した黒人ベース奏者・LOUIS XAVIERによる'81年のアルバムが再発!グアドループパーカッショニストの・ALAIN DELOSに捧げられた、エレクトリック・ヴァイオリンがフィーチャーされた”Delito”(sample1)をはじめ、盟友であるサックス奏者・JOE MAKAが作曲・アレンジを手掛けた”Steps”(sample2)や、官能的な音色で交わされる2人の会話とも聴こえる”Miss Bee”(sample3)など、カリブのリズム・ヴァイブとパリの先鋭たるジャズが邂逅した神秘、貴重な演奏が記録された全6曲!この機会に是非。 (DNT)

▼ Tracklisting

A1. Delito (4:55) sample
A2. Trois Ilets (4:30) sample
A3. Hélix (2:46) sample
B1. Steps (3:55) sample
B2. Miss Bee (4:35) sample
B3. Migan (4:55) sample

pagetopへ

[試聴方法]

  1. ページにある試聴ボタンをクリックすると、自動的に音が流れます。自動的に音が鳴らない場合は、プレイヤーの再生ボタンをクリックして下さい。
    ※環境によっては読み込みに時間がかったり、再生できない場合があります。
  2. 試聴中の曲の詳細を知りたい場合や購入したい場合は、プレイヤー内のタイトルをクリックすると、試聴を保持したまま、詳細ページへ移動します。

×

×