menu & search

イベント

Laraaji Japan Tour Osaka "Brane"

2018年9月16日(日曜日) :: open 18:00 / start 18:30
会場 : 南港サンセットホール
ADV 4800 yen / DOOR 5500 yen
Live : Laraaji
DJ EYE :: Visual Installation : COSMIC LAB .. 詳細

入荷

Comatonse Recordings/Terre Thaemlitz

SDカードでリリースされたマルチメディア・アルバム「Deproduction 不産主義」のSDと、アナログヴァージョンの12インチ2種筆頭に、COMATONSE, テーム・テムリッツ氏関連の作品をまとめております。

PICK UP

ピックアップ

Rock/Experimental/World/Othermore

Hip Hop/Funk/Rare Groovemore

Techno/Dubstepmore

House/Discomore

CD/Equipmentmore

usedmore

今週入荷分はこちら

Event

LARAAJI JAPAN TOUR OSAKA

LARAAJI JAPAN TOUR OSAKA

南港サンセットホール
OPEN 18:00 / START 18:30
ADV 4800 yen / DOOR 5500 yen

前売りチケット
Livepocket : https://t.livepocket.jp/e/g0mjs

Live : Laraaji

DJ EYE
Visual Installation : COSMIC LAB

info: https://www.newtone-records.com


テン年代初頭よりエレクトロニック・ミュージックの新潮流の一つとして拡張を続けるニューエイジ/アンビエントの権化とも言える、ミュージシャン、パーカッション奏者、”笑い瞑想”の施術者でもあるLaraaji(ララージ)の東京は単独公演、全席座りで2回のロング・セットを披露、大阪、京都を巡る待望の単独初来日ツアーが決定。そのキャリアは70年代のストリート・パフォーマンスからを始まり、Brian Enoに発見されアンビエント・シリーズへ参加以降、Harold Budd、Bill Laswell、John Cale、細野晴臣、Audio Activeなどとコラボレーションを果たし、近年のニューエイジの再興から発掘音源含む再発で再び注目を集め、後世に影響を与えたオリジネータとしての新世代の音楽家Blues Control、Sun Araw、Seahawksとのコラボレーション作品、遂には新譜もリリース、各国でのツアーやフェスティバルに出演し、ワールドワイドに活動の幅を広げている。風のようにそよぎ、水のように流れる瑞々しいアルペジオや朗らかなドローン、土のようにほっこりとしたソウルフルなボーカルや温かなアナログ・シンセ、ドラム・マシーン、テープ・サンプリング、瞑想的なアンビエントから時にボーカルも織り交ぜたパーカッシヴなシンセ・ポップ、ヨガのワークショップまでも展開。風、水、空、土といった自然への回帰と神秘さえも感じさせる圧倒的な心地良さと静的空間、情報渦巻く現代のデジタル社会に”癒し”として呼び起こされる懐かしくも新しいサウンドとヴィジョン、ニューエイジの真髄が遂に本邦初公開を迎える。

pagetopへ

[試聴方法]

  1. ページにある試聴ボタンをクリックすると、自動的に音が流れます。自動的に音が鳴らない場合は、プレイヤーの再生ボタンをクリックして下さい。
    ※環境によっては読み込みに時間がかったり、再生できない場合があります。
  2. 試聴中の曲の詳細を知りたい場合や購入したい場合は、プレイヤー内のタイトルをクリックすると、試聴を保持したまま、詳細ページへ移動します。

×

×