menu & search

JERRY PAPER Like A Baby

  • 試聴する
  • 試聴する
  • 試聴する

RECOMMENDED

再入荷

〈NINJA TUNE〉などからリリースする気鋭のバンドBadBadNotGoodのメンバーであるMATTY TAVARESと共にプロデュースを行った今作。エレクリックなドリーミーポップからバンドに昇華され、極上のポップスへと進化を遂げてきたJERRY PAPERですが、これを聴いているとまだまだ過小評価されていると思えます。

くねくねしたパフォーマンスやそのビジュアルの個性の強さに隠れてしまいがちですが、この人はやはりすごいです。ギターやベース、パーカッションやシタールまで自分で演奏しプロデュースも行うという天才肌。前作と同様にMATTY TAVARESとの共同プロデュース、そしてバンドサウンドでのアルバムとなっています。基本的に2、3分のポップスにまとめられていて、さらっと全て聴けてリピートしてしまう中毒性もあり。彼の盟友でもあるHOMESHAKEやMAC DEMARCOなど好きな人には一押しです。大阪の才能BIOMANとの共作とか聴いてみたい。 (日野).

▼ Tracklisting

A1. Your Cocoon (2:52) sample
A2. Grey Area (2:05)
A3. A Moment (3:09)
A4. Something's Not Right (1:56) sample
A5. Did I Buy It? (3:36) sample
A6. Commercial Break (2:35)
B1. My God (2:11)
B2. Baby (4:43) sample
B3. Everything Borrowed (2:23) sample
B4. Huge Laughs (2:14)
B5. You (3:03)
B6. Losing The Game (2:07)
B7. More Bad News (1:48)

pagetopへ

[試聴方法]

  1. ページにある試聴ボタンをクリックすると、自動的に音が流れます。自動的に音が鳴らない場合は、プレイヤーの再生ボタンをクリックして下さい。
    ※環境によっては読み込みに時間がかったり、再生できない場合があります。
  2. 試聴中の曲の詳細を知りたい場合や購入したい場合は、プレイヤー内のタイトルをクリックすると、試聴を保持したまま、詳細ページへ移動します。

×

×