menu & search

REJOICER Spiritual Sleaze

  • 試聴する
  • 試聴する
  • 試聴する

RECOMMENDED

再入荷

イスラエスのサイケデリック・ジャズBUTTERING TRIOのREJOICERが新作ソロアルバム!〈STONES THROW〉から。ディープにひろがるマジカルな音の世界。フィジカルなマインド・ミュージック。素晴らしい音楽。サイケデリック、ジャズ、プログレ、コンテンポラリーR&B、ニューエイジ等キーワードになる人、MOCKYやVISIBLE CLOAKS、MONO FONTANA好きにまでおすすめします。

2018年の〈STONES THROW〉からの「Energy Dreams」に続く2NDアルバム「Spiritual Sleaze」。アブストラクトなサウンドスケープ、アラビックな音階に誘われて、まどろむあちら側の世界に。テクニカルで、マジカルなエレクトロニック、REJOICER改めて素晴らしいです。紛れもない天才。室生山上公園でのライブ見逃したこと後悔される。推薦盤です。 (サイトウ)

▼ Tracklisting

A1. Moon Hike
A2. Pre-Memory Circle sample
A3. Song For Spirit Flights sample
A4. Heart Way (Chapeau)
A5. Up In Flames feat. iogi
A6. Aura Sight sample
A7. Earth Talk feat. Sam Wilkes
B8. Crystal Lagoon sample
B9. My Beans feat. KerenDun
B10. The Pride, Oh, The Pride
B11. No Bells Rang That Day feat. Nitai Hershkovits
B12. Lemons feat. Jenny Penkin sample
B13. Third Eye Jungle Run sample
B14. Eagle In The Lodge
B15. There Is Time

Spiritual Sleaze is dense with lush textures, laid-back beats and complex instrumentation that could equally be described as jazz, hip-hop, and ambient without ever being one of those things. The tension between melodic, easy-listening sounds and Rejoicer’s tendency towards improvisation inspired the album’s sound. Where Energy Dreams was “floaty”, Spiritual Sleaze is more “dirty and bouncy” while holding on to the earlier album’s dreamy, psychedelic vibe.

Rejoicer (Yuvi Havkin) is a producer from Tel-Aviv, who splices together funk, hip-hop, ambient and jazz. He's helped cultivate Israel’s modern beat movement, and fostered a community of international artists who contribute to his Raw Tapes label.

pagetopへ

[試聴方法]

  1. ページにある試聴ボタンをクリックすると、自動的に音が流れます。自動的に音が鳴らない場合は、プレイヤーの再生ボタンをクリックして下さい。
    ※環境によっては読み込みに時間がかったり、再生できない場合があります。
  2. 試聴中の曲の詳細を知りたい場合や購入したい場合は、プレイヤー内のタイトルをクリックすると、試聴を保持したまま、詳細ページへ移動します。

×

×