menu 検索する ×閉じる

DE AMBASSADE Duistre Kamers

  • 試聴する
  • 試聴する
  • 試聴する

RECOMMENDED

再入荷

ベルギー、オランダの実験音楽、オルタナティヴな先鋭音楽の伝統を受け継ぐアムステルダムのKNEKELHUISから

社会不安やドラッグが蔓延していた80年代アムステルダムの陰鬱とした雰囲気を再現するようなねじれたロマンサー。Dollkraut名義でも知られるPascal PinkertのDE AMBASSADE、2019年のデビューEP。 (サイトウ)

▼ Tracklisting

A1.Duistre Kamers (4:54)sample
A2.Zo Hoog Als De Bogen (3:55)sample
A3.Geen Genade (3:41)sample
A4.Malefica (3:13)sample
A5.Verloren (4:08)sample
B1.Niet Van Mij (4:00)sample
B2.Wat Voel Je Nou (3:17)sample
B3.Laatste Uur (3:05)sample
B4.Wapengekletter (3:29)sample

Something was brooding in the furthest outskirts of Amsterdam. The isolated concrete suburbs of the western part of the city constituted the ideal dwelling place for the writing of De Ambassade's debut album Duistre Kamers.

Pascal Pinkert, accompanied by bass player Timothy Francis, searched for new horizons and managed to find them on this next chapter in the evolution of De Ambassade. Icy electronics display a love for NDW, ragas and raves. Beneath the surface lies a deeper Dutch language narrative celebrating free speech and thought, starkly in opposition with a world where alienation and solitude create ever more distance between all beings.

pagetopへ

[試聴方法]

  1. ページにある試聴ボタンをクリックすると、自動的に音が流れます。自動的に音が鳴らない場合は、プレイヤーの再生ボタンをクリックして下さい。
    ※環境によっては読み込みに時間がかったり、再生できない場合があります。
  2. 試聴中の曲の詳細を知りたい場合や購入したい場合は、プレイヤー内のタイトルをクリックすると、試聴を保持したまま、詳細ページへ移動します。

×

×