menu 検索する ×閉じる

MANDUKA Manduka

ブラジル人のMANDUKAが激動時代のチリ1972年にて録音!ロス・ハイバスなどチリを代表する音楽家たちも集結し、彼の地のフォルクローレを取り入れた異色のサイケデリック・フォーク。

カエターノらが中心になった60年代後半の軍事政権に対するブラジル音楽ムーヴメントである"トロピカリア"に共鳴した、チリの”ヌエバ・カンシオン”が起こり、チリでもアートと現地のフォルクローレは見直されるという現象が勃発。その後の軍事政権により平和運動は潰され、RICARDO VILLALOBOSが幼少時に亡命したのは有名な話です。そんな時代背景で録音されたのが本作です。土着的パーカッションと呟くボーカルの南米サイケフォークまっしぐら。何度目かの再発でついにお届けします。ポイントは正しき"暗さ"、南米サイケの深淵の一つ。 (Shhhhh)

▼ Tracklisting

A1.Brasil 1500 (10:30) 
A2.Entra Y Sale (5:46) 
A3.Naranjita (5:10) 
B1.De La Tierra (4:21) 
B2.Patria Amada Idolatrada Salve Salve (4:56) 
B3.Oiticumana (2:05) 
B4.De Un Extranjero (4:54) 
B5.Qué Dirá El Santo Padre (4:46) 

pagetopへ

[試聴方法]

  1. ページにある試聴ボタンをクリックすると、自動的に音が流れます。自動的に音が鳴らない場合は、プレイヤーの再生ボタンをクリックして下さい。
    ※環境によっては読み込みに時間がかったり、再生できない場合があります。
  2. 試聴中の曲の詳細を知りたい場合や購入したい場合は、プレイヤー内のタイトルをクリックすると、試聴を保持したまま、詳細ページへ移動します。

×

×