menu 検索する ×閉じる

JOSE ROBERTO TRIO Jose Roberto Trio

  • 試聴する
  • 試聴する
  • 試聴する

RECOMMENDED

新入荷

アジムスのリーダーだった故José Roberto Bertamiの幻のデビュー作1966年発表、良質ボッサ/サンバジャズ。

エリス・レジーナ、ジョージ・デューク、サラ・ヴォーン、ジョルジ・ベン、エディ・パルミエリ、ミルトン・ナシメント、フローラ・プリムといった名だたるレジェンドの作曲、アレンジ、演奏を手掛けてきた故José Roberto Bertam。アーマッド・ジャマル、ビル・エヴァンスらが考案したピアノ・ジャズ・トリオのサウンドをブラジル流にアレンジしたスタイルがここで誕生しますが、こちらはその代表作。同時期に10代で組んだバンド、OS TATUISとほぼ同じメンバーにて。なんとこの時若干20歳???アジムスサウンドの原初はこういうハイクオリティの静謐ピアノだったんですね、円やか。もちろんFAR OUTからの再発。 (Shhhhh)

▼ Tracklisting

A1.O Canto De Ossanha (3:05) 
A2.Da-Me (3:25) 
A3.Impulso (1:47) 
A4.Dorme Profundo (2:30) 
A5.Lilos Walts (3:10) 
A6.So Tinha Que Ser Voce (3:00) 
B1.Kebar (3:20) 
B2.Chuva (3:07) 
B3.Mar Amar (1:50) 
B4.Flor De Manha (4:40) 
B5.Balansamba (3:07) 
B6.Taluhama (3:00) 

pagetopへ

[試聴方法]

  1. ページにある試聴ボタンをクリックすると、自動的に音が流れます。自動的に音が鳴らない場合は、プレイヤーの再生ボタンをクリックして下さい。
    ※環境によっては読み込みに時間がかったり、再生できない場合があります。
  2. 試聴中の曲の詳細を知りたい場合や購入したい場合は、プレイヤー内のタイトルをクリックすると、試聴を保持したまま、詳細ページへ移動します。

×

×