menu & search

1〜8件 / 全8件

< Back   Next >
  • 1

KAMAZU - KOROBELA : LP

KAMAZU KOROBELA

AFROSYNTH (HOL)
LP // AFS043
---- yen (税込)

80~90年代南アフリカにおけるクワイト/ディスコ・スターKAMAZUのコンピ・アルバム!コアな80s,90s音源発掘の〈AFROSYNTH〉が、入手困難極めるアフロ・ブギー「KOROBELA」だけでなく、アルバムを含むKAMAZUライブラリーから選び抜いた6曲を収録。マシン波及期の南ア特有、イナたドリーミーなシンセとダンスビートの魅力。

NTOMBI NDABAやTHE BEESなどの良質アフロ再発で信頼の厚いオランダ〈AFROSYNTH〉から。スカスカ・チープな主旋律とシンセベースに踊らされる「Victim」といったディスコ色の強い初期作品から、スローモー・クワイト「Atikatareni」などのラストアルバム収録曲までを網羅。本作ジャケットにも起用されているシングル「KOROBELA」(sample1)は、レゲエなリフとコーラス、ボトムの力強さとウワ音のチープさが丁度折衷する名作で、今尚中古市場を荒らす作品。贅沢な一枚です! (Akie)

RECOMMENDED新入荷

BURNIN BEAT feat. OLIVE MASINGA - IT'S HOT : 12inch

BURNIN BEAT feat. OLIVE MASINGA IT'S HOT

AFROSYNTH (HOL)
12inch // AFS034
2050 yen (税込)

ブート再発も出回ったSUPA FRIKAやSHALOMなど、TVショーでも活躍したグループのプロダクションに携わっていたENOCH NDLELAが、舞台女優であったシンガー・OLIVE MASINGAを迎えて一念発起し作り上げたレア・シンセディスコ”IT'S HOT”が、サウスアフリカのレア音源リイシュー<AFROSYNTH>からリイシュー!

アパルトヘイト政権下において大衆の娯楽として育まれてきたナイトクラブ・シーンの常連であり、大きく成長する音楽業界の広報として働いていた若いミュージシャン・ENOCH NDLELAが、メジャーレーベル<CTV>のボス・MAURICE HORWITZと組んでヒットを狙うもすぐ会社からは見放され、別の<RPM>によってクラブDJに数枚手渡されたのみで、レコード屋さんにはほとんど並ぶことがなかったという、幻の1枚が再発!シンセと調子を合わせたようなファルセット、いなたく訛ったようなズレがなんとも味のある”Burnin Beat (It's Hot)”、今年もバッチリDJ HARVEYがプレイしている”Searchin'”、両面ともに10分オーバーのディスコ仕様!待望のリプレス。 (DNT)

RECOMMENDED再入荷

THE BEES - SHE'S A WITCH - TIKOLOSHI : LP

THE BEES SHE'S A WITCH - TIKOLOSHI

AFROSYNTH (HOL)
LP // AFS042
---- yen (税込)

<AWESOME TAPES FROM AFRICA>からリイシューされたUMOJAや、<RUSH HOUR>によって発掘されたSENYAKAといった、南アフリカのレイト80'sからアーリー90's期のリズムマシン/シンセサイザーの波及により隆盛したプロトハウス/バブルガムポップのシーンから、SOLOMON PHIRIを中心とした3人組・THE BEESによる'88年アルバム「SHE'S A WITCH - TIKOLOSHI」が復刻。

SOWETO、南アフリカ産ジャズ、ジャイブの発掘を行ってきた<UBUNTU>のサブレーベル<EGOLI>からリリースされたコンピレーションにもフィーチャー、90年前後の南アフリカ産のクワイト〜バブルガム・ポップのリリースを多くのこす名門<ON RECORDS>から'88年にリリースされたTHE BEESのアルバム、ヨハネスブルグのアフロ・スペシャリスト・DJ OKAPI a.k.a. DAVE DURBACHの<AFROSYNTH>からリイシュー!DON LAKAも在籍したUMOJAや、SENYAKAなどの音源をレコーディングしていた「CUT 'N MIX STUDIOS」のオーナー・STEVE COOKSもメンバーということで、当時の先端であるリズムマシン、シンセサイザーを駆使し、ポップや哀愁も聴かせるプロト・ハウス〜ダンスホールサウンド。 (DNT)

▼ Tracklisting

RECOMMENDED

SEA BEE - I WANDA WHY? : 12inch

SEA BEE I WANDA WHY?

AFROSYNTH (HOL)
12inch // AFS039
1990 yen (税込)

ヨハネスブルグのアフロ・スペシャリスト・DJ OKAPI a.k.a. DAVE DURBACHの<AFROSYNTH>から、'サウスアフリカの流通カンパニー<RPM>から94年にCD盤のみでリリースされた、SEA BEEのレア音源がリイシュー!

SEA BEE LE SPOKESという名義で初期KWAITOのムーヴメントに関わってきた人物で、サウスアフリカでの人気と影響力を保持したまま惜しまれつつ帰らぬ人となってしまったSEA BEEによるCDアルバム「I WANDA WHY?」からの4トラックをピックアップし、<AFROSYNTH>からの復刻仕事で初ヴァイナルカット!この名義での唯一のリリース作品で、クワイトやダンスホールの要素よりも、どちらかというとサウスアフリカ版シカゴハウスといった趣で、約20,000にも及ぶYOUTUBE再生回数の”Thiba”(sample3)を筆頭に、いなたくもゴージャスかつポジティヴなサウンド・プロダクションに彼の人気っぷりが伺える、今こそ真価が発揮されるべきアフリカン・オブスキュア・ジェム! (DNT)

▼ Tracklisting

RECOMMENDED再入荷

NTOMBI NDABA - Tomorrow : LP

NTOMBI NDABA Tomorrow

AFROSYNTH (HOL)
LP // AFS036
2090 yen (税込)

南アフリカ・ブギー/クワイト/バブルガムのスペシャリスト、ヨハネスブルグのDJ OKAPI主宰のレア80s/90s音源再発レーベルAFROSYNTHのニューリリース。

3ピースバンドRGE SYRVIVALSとのNtombi & Survivalや、ソロ名義のNTOMBI NDABAで、80年代中頃から90年代初冬にかけて作品をリリースしているシンガーNTOMBI NDABAをAFROSYNTHがコンパイル。プロト・ハウスなバブルガム、シンセサイザー&マシーンリズムで奏でるアフリカンビート、洗練といなたさの魅力がせめぎ合う名曲91年の「Tomorrow」筆頭に黒人居留区で隆盛した南アフリカのダンスシーンの魅力を伝える名曲選。素晴らしい。 (サイトウ)

▼ Tracklisting

RECOMMENDED再入荷

NIGHT FORCE & THE TOM CATS - DANCE : LP

NIGHT FORCE & THE TOM CATS DANCE

AFROSYNTH (HOL)
LP // AFS037
2090 yen (税込)

南アフリカ共和国産バブルガムソウル・ミーツ・ベルジャン・シンセサイザーサウンド!驚異の一枚!NIGHT FORCE & THE TOM CATS 81年作を〈AFROSYNTH〉が再発!

ヨハネスブルグの80sアフロハウス、シンセサウンドのスペシャリストDJ Okapiによるマニアック再発レーベルAFROSYNTHから,ベルギーのプロデューサー FRANK DEGRIJSEとALAIN DENISSEプロデュースのNIGHT FORCE80年作。A1「Dance」は元々は45回転 でヨーロッパでリリースされた曲を、南アフリカでリリースの際に33回転の速度に落としてリリースされた曲だそうです。アフロ・ディスコ、シンセディスコ・マニア垂涎だった超レア人気作! (サイトウ)

▼ Tracklisting

RECOMMENDED再入荷

MABUTA - WELCOME TO THIS WORLD : 2LP

MABUTA WELCOME TO THIS WORLD

AFROSYNTH (HOL)
2LP // AFS041
---- yen (税込)

瞼の向こう側で交錯するアフロジャズとエレクトロニクス、現代ジャズの本命。南アフリカジャズシーンの今を背負うベース奏者SHANE COOPERのプロジェクトMABUTA(瞼)のデビューアルバムが満を持して登場です!フュージョンジャズ、アフロビート、マリ伝統音楽、エレクトロニクスを飲み込んでしまう宇宙グルーヴを体験してください。

コアな80s,90s音源再発で話題を呼んでいる〈AFROSYNTH〉から、エレクトロ・フュージョンジャズ・バンドMABUTAの1stアルバムが“量子コンピュータはミンガスやジャコパスの夢を見るか?”の謳い文句とともに到着。首謀のSHANE COOPERはDAEDELUSやYOUNG FATHERSと共演するなど、電子音楽の文脈においてもその名を馳せる現行ジャズシーン旗手のひとり。その豊かな音楽性をもって織りなすサウンドは、いわゆるステレオタイプの”アフロ”でなく、80年代フュージョンのスムースな質感と、胎動するアフリカンジャズビート・極彩メロディラインの交錯。加えてSHABAKA HUTCHINGS、BUDDY WELLS、REZA KHOTAと、南アフリカジャズシーン重要アーティストをフィーチャーする固め方。タイトルトラック「Welcome To This World」(sample1)の電子ジャズのスケールには正直鳥肌でした。トラックリストからも是非! (Akie)

▼ Tracklisting

RECOMMENDED再入荷

VOLCANO / THE BEAT GANGSTERS - Vanonyana Lava / Chappies : 12inch

発掘の続く南アフリカ共和国の90s KWAITO。93年のVOLCANOと95年のTHE BEAT GANGSTERS。

BUBBLEGUMやKWAITOと呼ばれたハウス、シンセブギーのシーンがあった、ハウス・ミュージックのメッカ、南アフリカ共和国産の80s-90s。その発掘をリードするヨハネスブルグのDJ OKAPIのブログ、レーベルAFROSYNTHから。RUSHHOURから再発されたSENYAKAにもMALCOLM X MAKUME関連のVOLCANOとOKAPIによって発掘されたニューディスカバリーTHE BEAT GANGSTERSの「Chappies」。 (サイトウ)

▼ Tracklisting

RECOMMENDED新入荷

1〜8件 / 全8件

< Back   Next >
  • 1

pagetopへ

[試聴方法]

  1. ページにある試聴ボタンをクリックすると、自動的に音が流れます。自動的に音が鳴らない場合は、プレイヤーの再生ボタンをクリックして下さい。
    ※環境によっては読み込みに時間がかったり、再生できない場合があります。
  2. 試聴中の曲の詳細を知りたい場合や購入したい場合は、プレイヤー内のタイトルをクリックすると、試聴を保持したまま、詳細ページへ移動します。

×

×