menu & search

1〜14件 / 全14件

< Back   Next >
  • 1

VARIOUS - An Anthology of Mongolian Khöömii : 2CD

モンゴル音楽、ホーミー&口琴+∞の強烈なアンソロジー!

2010年にモンゴルのホーミーがユネスコの無形文化遺産に登録されたのを受け、そのレファレンスワークたるべく編まれたものとのことで、この伝統芸術を巡る多様性にも配慮しつつ、口琴やトブショール、馬頭琴、ヤトガ、オーケストラ、伝統楽器アンサンブル。そして、1950年代や60年代のアーカイバルな録音、ホーミーの現代的展開の背景ともなる都市の環境音/フィールドRECも収録。ロングボックス2枚組CDに全43トラック、1954年から2016年までの録音(28トラックは未発表)を収録時間150分以上にわたって集成。写真も綺麗です。ワールド・ミュージック名門BUDAからの贈り物。DONATO DOZZYも口琴でアルバム一枚作ってましたね・脳の奥底 / 記憶を刺激するこの音色は、ダンス・ミュージックリスナーにも瞑想アンビエントとして使えそうです。フロアでも試してみてっください。 (Shhhhh)

RECOMMENDED再入荷

BORIS LELONG - Tibet - Songs From Exile : CD

BORIS LELONG Tibet - Songs From Exile

BUDA MUSIQUE (FRA)
CD // 3731687
2490 yen (税込)

【ニュートーン・ベストセラーの名作】BORIS LELONG。チベットの民族音楽の素晴らしさを現実の音から、すっとイマジナリーな世界へと昇華させるフィールド・レコーディングの傑作。

フィリピン、セブ湖の少数民族のティボリ族のフィールド・レコーディングがベストセラーとなっているミュージシャンでコンポーザー、文化人類学の講師でもあるフランスのBORIS LELONG(ボリス・ルロン)によるフィールド・レコーディング作品新作届きました。不当占領の続くチベットの音楽。チベット仏教の中心地ともいわれるラダックでの録音で中国に破壊されたチベット自治区よりも伝統を多く残す山岳地方らしい。遊牧民や農耕民族の生活の歌。BORIS LELONGによるアンビエンスを交えた録音と編集によって、トータルアルバム的に仕上がっています。ユニゾンと、自然のひびき。喜びの歌。祝福するかのようなベル。澄み切ったソウル・ミュージック。Harvest Song(sample_1)。リカルド・ヴォラロボスとかフォーテット、バーント・フリードマンとかsample_3あたり聴いたらどんな反応するんでしょうか、至極のポリリズムです。IWAKI KENTARO氏、shhhhh,Alex Cellerも賞賛しておりました。 (サイトウ)

▼ Tracklisting

RECOMMENDED再入荷

TSEGUE MARYAM GUEBROU - Ethiopiques 21 : Piano Solo : CD

エチオピークシリーズでも異色の名作、ニュートーンでもずっと壁にディスプレイしてたんですが、BEATRICE DILLONや DJ SHHHHH, たしかレナたちもこのアルバムに反応してました。みんな彼女の大ファン。エチオピアの修道女EMAHOY TSEGUÉ-MARYAM GUÈBROU(エマホイ・ツェゲ=マリアム・ゴブルー)。ピアノソロ。

63年、67年、70年のアルバムからのセレクトと、96年にリリースされたコンピレーションからセレクトしたTSEGUE MARYAM GUEBROUのピアノ・ソロ。音に霊性が宿ってしまうような純粋ピアノサウンド。圧巻の素晴らしさ。ひたすた美しい。感動の音の軌道。28pageのブックレット付き。〈MISSISSIPPI RECORDS〉もこれをライセンスしてリリースしていました。 (サイトウ)

RECOMMENDED再入荷

VARIOUS - Les Esprits Ecoutent, Musique Des Peuples Autochtones De Siberie : 2CD

シベリア先住諸民族の音楽。動物と同化する演劇的、儀式要素の強いsample1, 輪唱のミニマル、不思議な音程、声の使い方、の天然ヒューマン・ビートボックス。アイヌ、モンゴル、ロシア。シャーマニズムや仏教的要素も垣間見れながら、魅力の尽きることのない2枚組の数珠の素晴らしい録音。

極寒の広大な自然が育んだスピリットが滲み出る音楽の魅力。アジアの少数民族も多数リリースしているBUDA MUSIQUEのシベリア先住民の録音。 (サイトウ)

仏BUDAのMUSIQUE DE MONDEより、11枚にもわたってリリースされてきたシベリア・シリーズの総集編となる2枚組のアンソロジーです。1992年から2011年の間に録音された、ハンティ、マンシ、ネネツ、ンガナサヌィ、セルクプ、コリャーク、チュクチ、ユカギール、ニヴフ、エヴェン、ナナイ、オロチ、ウデヘ、ウィルタ、ウルチ、アルタイ、ヤクート・サハ、ブリヤートというシベリア先住諸民族の音楽、計30曲(約2時間)収めています。アカペラや太鼓などを伴ったチャント、口琴や撥弦楽器、擦弦楽器、バスクのチャラパルタのような木材を用いた打楽器、笛といった各種民俗楽器、アルタイのホーミーなど、興味深い音楽満載です。究極のオーガニック作品。モンゴルやアイヌなど周辺の音楽とも併せて聴き比べたりするのも面白いかもしれません。英語/仏語による32ページ・ブックレット付。
▼ Tracklisting

RECOMMENDED再入荷

Various - Ethiopiques 10: Tezeta - Ethiopian Blues & Ballads : CD

▼ Tracklisting

VARIOUS - Tanga - Madagascar: Tanga - Le Tresor Des Ancetres : CD

高度で感覚的、跳躍リズム、ポリフォニーの驚異の演奏力を持つギター音楽の伝統が根付く、(映画ギターマダガスカルでも取り上げられた)特別な音楽の島マダガスカルの素晴らしい音源が到着。セブ湖やチベットの民族音楽等々で当店数々のベストセラーを誇る、フィールド・レコーディング信頼のボリス・レロンが監修。超リズム感覚。圧倒的な音楽、歌のパワー。素晴らしいです。SHHHHHにコメントもらいました。: マダガスカル: タンガ〜受け継がれていくもの

フィリピン、セブ湖の少数民族のティボリ族やインドのラダックへ逃れた亡命チベット人たちによる素朴な労働歌、祭儀歌、そして生活音など。2000年代以降のワールド・ミュージックでも屈指の名盤を出してくれたフランスはサン・ドニに拠点を置くNGO団体「アルタミラ」からの数年に一度の贈り物。今回はマダガスカルは南の高地に住む、ベトシレオ人のタンガ一家による演奏+その生活音です。一家による高速ダンス・ミュージック、ポリフォニーコーラスと弦楽器アンサンブル(ギター、カボシー、カララカ、バシスタ、ハーモニカ...)甲高く素朴な子どもたちの歌とメロディがひたすら美しく、まだ見ぬ現地へ優しくトリップさせてくれる、相変わらずシネマティックな魅力に溢れた盤です。ブックレットの写真も素晴らしい。録音はもちろんアンビエント作家、ボリス・ルロン。
動画と合わせてどうぞ。 (SHHHHH)

soundcloud
RECOMMENDED再入荷

Alèmu Aga - Éthiopiques 11: The Harp Of King David : CD

エチオピークシリーズの11番。エチオピアで最も古いハープ とされる、ベゲナ奏者のアレム・アガ(1950年産まれ)の作品。

この不思議な音色の弦楽器とアレムによる呟きのような、呪文 のようなボーカル/ボイスのみ。古えからエチオピアに存在し たであろうサウンドスケープは今聴いても呪術的ながら、どこか雄 大な癒しの感覚も内蔵されています。YOSHIMIさんに大昔に教えてもらいました。時空を越えてしまってる ワールドカルト盤。 (Shhhhh)

▼ Tracklisting

RECOMMENDED

BORIS LELONG - Philippines - Femmes Artistes Du Lac Sebu / Women Artists Of Lake Sebu : CD

久々に再入荷です!アジアの民族音楽フィールド・レコーディング屈指の名盤。フィリピンのミンダナオ島の南部のセブ湖の少数民族のティボリ族の女性たち。

フィリピンのミンダナオ島の南部のセブ湖の少数民族のティボリ族の女性たちの自作楽器による演奏をフィールドレコーディングした「Women Artists Of Lake Sebu(セブ湖の女性アーチストたち)」。オールカラーのフォトブックレットが付いていて、鮮烈な赤色を使った民族衣装も印象的。NGOアルタミラの企画で、写真家でもありアンビエント作品もリリースしているフランスのBORIS LELONGによる作品。「Ethiopiques」シリーズでも知られるフランスのBUDA MUSIQUEから。ニュートーン・ベストセラーの一枚。 (サイトウ)

RECOMMENDED再入荷

FINGGUY FLANG & LUMING TUAN - Philippines Musiques De Luth En Pays T'boli : CD

▼ Tracklisting

RECOMMENDED

BALLET ROYAL DU CAMBODGE - Chants & Musique Pinpeat : CD

カンボジア王立舞踊団!チルにも最高のエキゾ・サウンド!

9 世紀からの歴史を誇るカンボジア王立舞踊団による演奏。ガムランそっくりの 木琴の音色と、艶やかでなんとも言えないボーカル。バリやジャワのガムランや、タイ・ファンクなんかも耳に馴染んできましたが、これはまたなんとも言えない聴いたことあるようでないバランス感覚のアジアン舞踏音楽ですね。しかし さすが王立だけあってだらだらセッションにならず、絶妙なところで均整を保っているナチュラル・トリップミュージック。変わった民族音楽を探してる方にもオススメ。納涼にもどうぞ。 (Shhhhh)

RECOMMENDED再入荷

TETA - Blue Tsapiky : CD

TETA Blue Tsapiky

BUDA MUSIQUE (FRA)
CD // 860262
---- yen (税込)

マダガスカル島の海と風を感じさせてくれるオーガニックで心地よい、ギターのつま弾きによるアフロでもブルースでもない、アイランド・リラクゼーション・ミュージックの極み。最小限なパーカッションとのインスト曲もとにかく最高なんです。

アフリカ・インド洋のマダガスカル島のギター名手TETAの自らのルーツ回帰アルバム第二弾。彼のルーツであるマダガスカル西南部チュレアール地方に伝わるマロヴァニーという長方形の箱型の弦楽器を用いた伝統音楽ツァピックを、ギターに持ち替えてオリジナリティを探った意欲作の続編。バハマの名人Joseph Spenceともまたひと味違った優しい魅力が素敵。全12曲。 (コンピューマ)

RECOMMENDED

GETATCHEW MEKURYA - Negus Of Ethiopian Sax : CD

GETATCHEW MEKURYA Negus Of Ethiopian Sax

BUDA MUSIQUE (FRA)
CD // 82256-2
---- yen (税込)

2061 yen(税込) 10%(229yen) off
奇天烈BLACKHOLE

ムラトゥの横でSAXを吹いていた奇人。現在もGETATCHEW MEKURIA & THE EXで異次元歌舞伎サウンドを吹き鳴らしておられる彼の、脂ノリノリ・とろとろの1972年ソロアルバム。どうしてこの演奏スタイルになったのかは賢い人にきいて下さい (2YANG)

RECOMMENDED

SHERAP DORJEE & SHANG SHUNG DA YANG - Tibet : Chansons Des Six Hautes Vallees : CD

チベットの伝統音楽。

当店でもベストセラーのフィリピンのミンダナオ島の南部のセブ湖の少数民族のティボリ族の女性たちを手掛けたBORIS LELONG監修によるチベットの伝統音楽。純粋な美しさと力強さに心打たれます。 (サイトウ)

『世界の亡命チベット人は、13万4千人。そのうち10万人がインドに住んでいるといわれています。本作のリーダーであるSHERAP DORJEEもインド北部、ジャンムー・カシミール地方にあるチベット文化圏、ラダックに亡命した一人です。桃の木やサンダルウッド(檀木)をくり抜いて、その上に動物の皮を貼って作ったチベットの伝統的な擦弦楽器で「美しい音」という意味を持つ楽器、ダムニェン、リンブ(木でできた横笛)、コヴォ(馬の顔の木彫りがついた3弦の楽器。三線のような型をしている)、gyumang zitherと呼ばれる中国の楊琴由来の打弦楽器、それに3人の女性ヴォーカルという構成で、殷の時代から続く西チベットのTHOT TSO YUL DUK渓谷の貴重なフォルクローレを届けてくれます。どこかアイヌのトンコリ奏者OKIを思い起こさせるSHERAPの弾くダムニェンや唄声は、明朗で優しいぬくもりがあり、さらにリンブや3人の女性の歌声と混じると全員で一つの唄を歌っているかのような一体感に包まれています。楽曲はどれもすぐに口ずさめそうな程シンプルですが、それがかえって楽器や声の音色一つ一つを強調させ、何度でも繰り返し聴きたくなるような親しみ易さを生み出しています。本作は弊社国内盤でも非常にご好評をいただいている『セブ湖の11楽姉』と同じく、フランスのNGO団体「アルタミラ」(民族文化の維持、発展に重点をおいて東南アジアやアフリカの民族の活動を支援する団体)によって企画されました。また、驚く程ハイクオリティーで臨場感のある録音を手掛けたのは前述の『セブ湖?』でも活躍した、写真家で、そして自らもアンビエント作品をリリースしているBORIS LELONG。今回も録音だけでなく、西チベットの美しい風景や精妙で鮮やかな刺繍の衣装に包まれた女性たちを収めた写真の数々や英語とフランス語による詳しい解説も執筆しています。チベットでは昔からオペラのような歌舞劇や独自の民族楽器が沢山存在しますが、チベット自治区では伝統文化の教育ができなくなっており、継承者もいないといわれています。そういった意味でも本作は、中国で消えつつある危険に瀕しているチベット文化が、どれだけ独自性を持ったよいものかを伝える貴重な音源であるといえましょう。今年3月10日を発端に、「Free Tibet」ムードが高まっていますが、ニュースなどでは決して分からないチベットの真実をここで感じることができます。そしてなによりも高音質でクオリティーの高い音源は、音楽アジア音楽や民族音楽ファンは勿論のこと、アンビエントやヒーリング・ミュージックからオーディオ・マニアまで、沢山のリスナーの目をひく大注目の一枚です。』

RECOMMENDED再入荷

1〜14件 / 全14件

< Back   Next >
  • 1

pagetopへ

[試聴方法]

  1. ページにある試聴ボタンをクリックすると、自動的に音が流れます。自動的に音が鳴らない場合は、プレイヤーの再生ボタンをクリックして下さい。
    ※環境によっては読み込みに時間がかったり、再生できない場合があります。
  2. 試聴中の曲の詳細を知りたい場合や購入したい場合は、プレイヤー内のタイトルをクリックすると、試聴を保持したまま、詳細ページへ移動します。

×

×