menu 検索する ×閉じる

1〜4件 / 全4件

< Back   Next >
  • 1

ROGER DOYLE - Thalia : 2LP

ROGER DOYLE Thalia

DEAD-CERT (UK)
2LP // VCR013
---- yen (税込)

ダブリンの作曲家ROGER DOYLEにより作られた壮大なストーリーを感じる大作Thalia(78年)がANDY VOTELとDEMDIKE STAREのSEAN CANTYの〈DEAD-CERT〉より初のリイシュー!宇宙的な方向性とはすこし違う、もっと複合的で簡単には言えないような音楽の旅。

相互作用のシステムをつかったマルチメディアのショウなどを行うグループOPERATING THEATREの設立者のひとりで、49年生まれで70年代から現在も現役活動中のアカデミックな教養もある作曲家ROGER DOYLE。ミュージックコンクレート的にフィールドレコーディング音、作曲したものをテープで加工して複雑なストーリーを作り上げている3部作のタイトル曲Thalia(sample1)がまずすごい。そのアヴァンギャルドな世界観から一転し、Baby Grandという曲(sample2)ではピアノとハープシコードの中間のような鍵盤で爪弾かれる爽快な曲に安堵。そしてSolar Eyes(sample3)という曲では大野松雄の世界を感じるような不穏なのに安心感もあるような底知れない空間の広がりを感じる電子音が深い。〈DEAD-CERT〉さすがのリイシューです。 (日野)

RECOMMENDED新入荷

A.R LUCIANI - Elettroencefalogramma : LP

A.R LUCIANI Elettroencefalogramma

DEAD-CERT (UK)
LP // VCR-014
2850 yen (税込)

〈FINDERS KEEPERS〉のANDY VOTELとDEMDIKE STAREのSEAN CANTYによる発掘レーベル〈DEAD-CERT〉によるリイシュー!70年代に主に活動していたイタリアの映画音楽なども手がける実験的な電子音楽家として知られるA.R LUCIANIの膨大な曲の中から選曲されたアルバム。これでも大きな氷山のほんの一部のようです。

これまであまり知られることのなく埋もれていたイタリアの作曲家A.R LUCIANI。どうやらアウトサイダーと紹介されることが多いようですが、コンテンポラリー、テープ音楽、クラシック、電子音楽が混じりあった技術と才能を感じるもの。雅楽の笙のような透き通った倍音が神聖さを出し、そこに電子音やリズムが乗るセンスが素晴らしい。もちろんそれだけではなく、クラシックの曲やスペーシーな規模の大きな電子音楽まで有り。ユーモアでポップな側面もチラリと見えたりするのも良い。お勧めです! (日野)

▼ Tracklisting

RECOMMENDED新入荷

Ami Shavit - Neural Oscillations And Alpha Rhythms : LP

〈FINDERS KEEPERS RECORDS〉のAndy VotelとDemdike StareのSean Cantyによる〈DEAD-CERT〉から70年代に作られたAmi Shavitの作品をリイシュー。

脳が瞑想状態に入るのを誘発させるアルファ脳波を使ったアルファムードという実験をしたAmi Shavit。2015年に〈FINDERS KEEPERS RECORDS〉からAmi Shavitの1977年作「In Alpha Mood」がリイシューされましたが、今回はさらにその実験を進めた一部の録音となります。A面は14分弱の脳を柔らかくするサイケデリックな長尺電子音楽。B面はAlpha Rhythmsと名付けられた曲で、ゆっくりなリズムマシンの上に心地よくシンセが混じり合っていく。聴いてると脳内に心地いい成分が分泌されてるような感覚に。 (日野)

▼ Tracklisting

RECOMMENDED新入荷

RASKOVICH - Science & Technology : LP

RASKOVICH Science & Technology

DEAD-CERT (UK)
LP // VCR-011
---- yen (税込)

〈FINDERS KEEPERS〉とDemdike Stareの発掘レーベル〈DEAD-CERT〉から40年以上も前に作られた貴重な曲たち。安定の〈DEAD-CERT〉、さすがの素晴らしい仕事です!

イタリアの作曲家/キーボーディストのGiuliano SorginiによるプロジェクトRASKOVICHの発掘音源をリリース!Pierre Henry、François Bayle、BERNARD PARMEGIANIや大野松雄などの電子音楽に近く、左右のPANを活かして右左行き交い臨場感のある電子音や、不穏なドローンの醸し出す雰囲気がSFとホラー映画を足したような世界感。プリミティブで圧倒的な電子音が炸裂するA1の「TEST222」や、Dark EntiresからリイシューされたCupolの大名曲「Kluba Cupol」も思い起こすようなA2。圧倒的存在感の不穏なドローンA4など、昨今のモジュラーシンセなどでは出せないだろうと思える曲たちです。 (日野)

▼ Tracklisting

RECOMMENDED再入荷

1〜4件 / 全4件

< Back   Next >
  • 1

pagetopへ

[試聴方法]

  1. ページにある試聴ボタンをクリックすると、自動的に音が流れます。自動的に音が鳴らない場合は、プレイヤーの再生ボタンをクリックして下さい。
    ※環境によっては読み込みに時間がかったり、再生できない場合があります。
  2. 試聴中の曲の詳細を知りたい場合や購入したい場合は、プレイヤー内のタイトルをクリックすると、試聴を保持したまま、詳細ページへ移動します。

×

×