menu & search

1〜15件 / 全15件

< Back   Next >
  • 1

ENSEMBLE DISSONANZEN - Dissonanzen : 5CD

ENSEMBLE DISSONANZEN Dissonanzen

DIE SCHACHTEL (ITA)
5CD // DSIMP2
5150 yen (税込)

イタリアの実験的アンサンブルENSEMBLE DISSONANZENの2003年から2006年にかけて録音された作品を集めた回顧的な作品。

1993年に結成されたENSEMBLE DISSONANZENは、これまでLUCIANO BERIO、JOHN CAGE、MORTON FELDMANやKARLHEINZ STOCKHAUSENなどの作品を演奏してきた実験的アンサンブル。彼らが2003-2009年の間に演奏してきた最も重要な曲をまとめ、〈DIE SCHACHTEL〉によって5CDにまとめられたものです。ただつまらない現代音楽とは違い、実験的ながらも曲としての良さも追求していて広い層で聴けるもの。アンサンブルなものから、電子音を使った実験的な作品もあってそちらも素晴らしいです。とても充実した内容で価値のあるものだと言えます。 (日野)

RECOMMENDED新入荷

LINO CAPRA VACCINA - Antico Adagio : LP

LINO CAPRA VACCINA Antico Adagio

DIE SCHACHTEL (ITA)
LP // DS27 1
---- yen (税込)

【名作。久々に再入荷できました!】イタリア産NEWAGE、メディテーショナル・アヴァンギャルド屈指の名盤!LINO CAPRA VACCINA「Antico Adagio」。EYEさんやモブ・ノリオ氏、VISIBLE CLOAKSも絶賛する一枚です。

FRANCO BATTIATOととも活動したイタリアン・パーカッショニスト、コンポーザーLINO CAPRA VACCINAの1978年の1STアルバム。インド、東洋の音楽のに影響を受けたスピリチュアルなミニマル・サウンド,メディテーショナル・サイケデリック極上の一枚。2014年に再発されるもそれ自体万越えの人気作となっていた一枚が嬉しいリプレスされました。リマスター。オリジナルのライナーノーツに加えてFOUR TET、キーラン・ヘブデンがライナーノーツを手がけています。VISIBLE CLOAKSのスペンサーもフェイバレット・アルバムと絶賛しておりました。 (サイトウ)

▼ Tracklisting

RECOMMENDED再入荷

PHILL NIBLOCK - Six Films (1966-1969) : DVD

巨匠PHILL NIBLOCKによる60年代後半に作られた6つの映像作品をまとめたDVDです!

ドローンの巨匠としても知られるPHILL NIBLOCKの60年代に作られた貴重な映像作品集。Morning(1966-69), The Magic Sun(1966-68), Dog Track(1969), Annie(1968), Max(1966-69), Raoul(1968-69)を収録。中でもThe Magic SunではSun Ra Archestraによるもの!他にもMaxではジョンケージやシュトックハウゼンなどとコラボレーションしているサウンドアーティスト/パーカッショニストのMAX NEUHAUSについてのものだったりと要チェックです!! (日野)

RECOMMENDED新入荷

ARKE SINTH - Arke Sinth : LP

ARKE SINTH Arke Sinth

DIE SCHACHTEL (ITA)
LP // DS32LP
3490 yen (税込)

1972-73年の僅かな期間でしか活動していなかった、当時若く先端な4人組によって結成されたグループARKE SINTHの貴重な録音を〈ARKE SINTH〉がリリース。

同じく〈DIE SCHACHTEL〉からリリースした電子音楽家TERESA RAMPAZZIの生徒であったALVISE VIDOLIN、GIOVANNI DE POLIの二人と、イタリアではまだ珍しかった実験的映像作家でもあるとMICHELE SAMBINとその兄弟であるMARCO SAMBINにの四人によって結成されたグループ。伝説的シンセサイザーEMS Synthi A、チェロやオルガン、サックスやクラリネットなどを使っていて、音がカオティックにはならずにうまく空間を活かしたものになっていますが、グラフィックスコアに則って演奏されているようです。インナー資料にはその手書きスコアやEMS Synthi Aのパッチのメモなどもあり、そちらもすごく面白いです!! (日野)

▼ Tracklisting

RECOMMENDED新入荷

TERESA RAMPAZZI - Immagini per Diana Baylon : LP

初期の女性電子音楽家としてDAPHNE ORAMなどがよく引き合いに出されるGRUPPO NPSという名義でも活動していたイタリアの女性実験的電子音楽家TERESA RAMPAZZI(1914-2001)によるアルバムが〈DIE SCHACHTEL〉よりリリースです!

ピアニストとして教育されるもJOHN CAGEと出会い、電子音楽やコンピューターでの音楽の可能性を広げる努力をしてきたTERESA RAMPAZZI。こちらの作品は1970年代初期に録音されたものであり、細かな粒子が震えていたり、短波ラジオのような音や、かすかにつぶれたようなハーモニーが聞こえてきたりと、音楽というかはひとつひとつの音にフォーカスし追及しているように思えます。しかしその中で、突然音楽的な響きが鳴ると無性にじわっと感動的でもあるのがすごく良い。 (日野)

▼ Tracklisting

RECOMMENDED新入荷

NICOLA RATTI - 220 Tones : CD

NICOLA RATTI 220 Tones

DIE SCHACHTEL (ITA)
CD // DSZ12
2190 yen (税込)

【4/30に空間現代の運営する「外」にて来日公演あり!共演はPANからもリリースしているKONRAD SPRENGER、KATSUNORI SAWAです。】〈WHERE TO NOW?〉からのリリースでは芯のあるシンプルで純粋なパーカッシヴな電子音でのリズムワークが素晴らしかったNICOLA RATTIが、元々のメインの楽器だったギターとシンセサイザーのどちらも使い制作した2011年に発売された作品です。

これまでに〈WHERE TO NOW?〉や〈HOLIDAYS RECORDS〉、直近では2017年に〈ROOM 40〉からリリースするなど活発に作品をリリースしてきたNICOLA RATTIですが、こちらは2011年にイタリアの名門〈DIE SCHACHTEL〉からリリースされたもの。今ではモジュラーシンセ奏者として知られているNICOLAですが、元々ギタリストとして知られていて段々とシンセサイザーの世界へ入っていったようです。この作品ではギターとシンセサイザーどちらも使われていて、少しシリアスで情緒ある作品となっています。 (日野)

RECOMMENDED新入荷

LINO CAPRA VACCINA - Antico Adagio : CD

LINO CAPRA VACCINA Antico Adagio

DIE SCHACHTEL (ITA)
CD // DS27CD
---- yen (税込)

イタリア産NEWAGE、メディテーショナル・アヴァンギャルド屈指の名作!LINO CAPRA VACCINA「Antico Adagio」。CD盤も入荷しました!

FRANCO BATTIATOととも活動したイタリアン・パーカッショニスト、コンポーザーLINO CAPRA VACCINAの1978年の1STアルバム。インド、東洋の音楽のに影響を受けたスピリチュアルなミニマル・サウンド,メディテーショナル・サイケデリック極上の一枚。2014年に再発されるもそれ自体万越えの人気作となっていた一枚が嬉しいリプレスされました。リマスター。オリジナルのライナーノーツに加えてFOUR TET、キーラン・ヘブデンがライナーノーツを手がけています。VISIBLE CLOAKSのスペンサーもフェイバレット・アルバムと絶賛しておりました。 (サイトウ)

▼ Tracklisting

RECOMMENDED再入荷

ROLAND KAYN - Simultan : 3LP BOX

ROLAND KAYN Simultan

DIE SCHACHTEL (ITA)
3LP BOX // DS36-ESZ1
---- yen (税込)

GRUPPO DI IMPROVVISAZIONE NUOVA CONSONANZAのメンバーであり、歴史的に見て最も重要な電子音楽家の一人であるROLAND KAYNによる1977年に発売された3LP BOXが初めての再発!!それもイタリアの名門〈DIE SCHACHTEL〉からのリリースとなります!とても価値ある作品です!!

JULIUS EASTMANやMORTON FELDMAN、THOMAS BRINKMANNのリリースをし、一気に世界的に広がったフィンランドのレーベル〈FROZEN REEDS〉により16CDという驚異的フォーマットでリリースされたのがまだ記憶に新しいROLAND KAYNですが、次はイタリア〈DIE SCHACHTEL〉からの77年作のトータル2時間を超える3LP BOXが新装、リマスタリングで再発!ミクロの世界を覗き込んでいるようであり、宇宙をも連想させるような大野松雄氏の音の感覚に近いものを感じます。ROLAND KAYNは自分の作っている音を「サイバネティックミュージック(人工頭脳学音楽)」と呼んでいたようですが、細胞がうねり生命を感じさせる有機的な音。これを聴いていると、先日の来日の際に行われたEle-kingでのオウテカのインタビューで、電子音楽が人間的ではないと言われる事に対する反論のくだり(http://www.ele-king.net/interviews/006477/)を思い出しました。16CD BOXとは曲の被りはなく、どちらも貴重で膨大な音の集合体。これぞ一家に1BOXと言いたい。〈FROZEN REEDS〉のボックスと合わせて推薦します。 (日野)

▼ Tracklisting

RECOMMENDED新入荷

GIOVANNI DI DOMENICO / JIM O'ROURKE - Arco : LP

イタリアの〈DIE SCHACHTEL〉から、坂田明や秋山徹次、山本達久らとコラヴォレートしてきた音楽家GIOVANNI DI DOMENICO とJIM O'ROURKEの共作。2015年に発売された6人の弦楽器/シンセサイザーによる隠れざる名作ドローン!!

JIM O'ROURKEが電子音を、GIOVANNI DI DOMENICOがヴァイオリン、チェロ、ヴィオラの6人のストリングスでの作曲・指揮をおこない、東京で録音した2015年作。弦楽器と一緒に溶けるように交じり合うジムオルークのシンセサイザーの波。これはもっと話題になってもおかしくない名作で、DAVID BEHRMANや小杉武久、JON GIBSONなどを引き合いに出したくなります。推薦! (日野)

soundcloud
RECOMMENDED再入荷

MARTINO TRAVERSA - Critical_Path : CD

MARTINO TRAVERSA Critical_Path

DIE SCHACHTEL (ITA)
CD // ZEITC 010CD
---- yen (税込)

ルイジ・ノーノの元で電子音楽を学んだイタリアの作曲家Martino Traversaの2000-2008年の間に制作された繊細で緻密な凛とした電子音楽作品。(電子音楽通信2014.4.2)

朗読の変調の妙を23分26秒にわたりじっくりと堪能できる1「Variazioni Sopra Un Labirinto」虫の羽の音のような繊細で微細な電子音の凛とした風物的調和が心地よい2「Esclepion」4「Ngc 253」フィールド・レコーディングと幾何学的電子音のイマジナリーに繋がり広がって持続していくアルバム・タイトルの3「Critical Path」の全4トラック。 (コンピューマ)

RECOMMENDED

MARIO BERTONCINI - Arpe Eolie : LP

MARIO BERTONCINI Arpe Eolie

DIE SCHACHTEL (ITA)
LP // DS31
---- yen (税込)

イタリアの作曲家/ピアニストであり、伝説的即興グループGRUPPO DI IMPROVVISAZIONE NUOVA CONSONANZAのメンバーでもあるMARIO BERTONCINIによる、風を使った楽器エオリアンハープを使って制作された神秘的で恐ろしさもあるアルバムが〈DIE SCHACHTEL〉よりリリースです!!

〈DIE SCHACHTEL〉によって2007年にCDとしてリリースされていた作品が、レコードとして初めてとなるリイシュー!とてつもない大きな動物の咆哮のようにも聞こえたり、つま弾かれる楽器のようでもあったりと、美しくも恐ろしい自然の姿をエオリアンハープが表現しているようなもの。なんの情報も無く聴いたらこれを生音楽だと思う人はあまりいないんじゃないかと思ってしまう。不思議でありとても興味を惹かれる楽器であり、それを多方面から捉えて見事にパッケージングした作品です。 (日野)

▼ Tracklisting

RECOMMENDED新入荷

FABIO SELVAFIORITA / VALERIO TRICOLI ? - Death by Water : CD

イギリスの詩人、劇作家、文芸批評家であるT・S・エリオットの詩「The Waste Land」に影響を受けて作られたという40分の長尺1トラックアルバム。オープンリールを使ったVALERIO TRICOLIの独特な質感が素晴らしく、映画を観ているような感覚に近いストーリー性のある素晴らしい作品。

恐らくPANからのリリースで最も知られていると思うVALERIO TRICOLIと、FABIO SELVAFIORITAによるイタリア人デュオ。2011年に〈DIE SCHACHTEL〉からリリースされた作品で、まるでフィールドレコーディングを聴いているような(もしくは一部フィールドレコーディングも使っている?)風や水のような音。心地よく適度に荒い、恐らくこの作品でも使われているだろうと思われるオープンリールテープの質感が素晴らしい。7年前に発売されたCDで、PANのリリースよりも過剰なエフェクトがされていないピュアに聴かせる作品。 (日野)

RECOMMENDED新入荷

RAUL LOVISONI - FRANCESCO MESSINA - Prati Bagnati del Monte Analogo : CD

1979年にイタリアの名門レーベル〈CRAMPS RECORDS〉よりリリースされたRAUL LOVISONIとFRANCESCO MESSINAによる美しいハープの響きの作品が〈DIE SCHACHTEL〉にて再発されました。

MOOGやEMSシンセなどで作られた背後に潜んだ空間に広がるシンセサイザーに断片的に爪弾かれるハープの調べを鳴らしていく約23分の大曲Prati Bagnati Del Monte Analogo。その後はシンプルにハープのアルペジオの美しさを堪能するHula Om。そしてシンセサイザーかと思うようなグラスハープの響きの上にメディテーショナルな歌声を乗せていくAmon Ra。このオリジナルトラック3曲に加えてボーナストラックも3曲追加されています。瑞々しい美しさに溢れた素晴らしい作品です。 (日野)

▼ Tracklisting

RECOMMENDED新入荷

LUIGI ARCHETTI - Null II/Null III : CD

LUIGI ARCHETTI Null II/Null III

DIE SCHACHTEL (ITA)
CD // SEITC009CD
---- yen (税込)

イタリアのクラウトロック・バンドGuru Guruの元メンバーでもある、イタリア出身スイス・チューリッヒ在住の作曲家・ギタリスト&ヴィジュアル・アーチストLuigi Archettiの2010年リリースのNull(無)の続編パート2&パート3の2枚組。限定500部。(電子音楽通信2014.5.16)

2CD全20トラックによる140分にもおよぶ、静謐で緊張感のある電子音ドローンによる無の覚醒。Eliane RadigueやThomas Konerのファンはチェックをよろしくおねがいいたします。2012年リリース。ストックしました。Disc-1のみトラックリストからもお聴きできます。 (コンピューマ)

▼ Tracklisting

RECOMMENDED

CATHERINE CHRISTER HENNIX - The Electric Harpsichord : CD

ラ・モンテ・ヤング、そしてインド古典音楽のラーガ・グルーであるパンデット・プラン・ナートに出会いミニマリズムに傾倒した女性エレクトリック・ハープシコード奏者C.C.HENNIXによる知られざる1976年の天然サイケデリックな歴史的録音の発掘CD化!(電子音楽通信2011/7/1)

師であるふたり、ラ・モンテ・ヤングとパンデット・プラン・ナートの指導のもとで演奏された25分23秒のエレクトリック・ハープと発信器&シンセによる極彩色なギラギラとしたエレクトリックなラーガは、とんでもなく覚醒的で、深く深く身体の内側へ浸透してインナーヴィジョンを彩ってくれるはずです。豪華ボックス仕様の装丁の中には、ラ・モンテ・ヤングによる詩、楽譜、そしてヘンリー・フリントのエッセイも収められた分厚い装丁の本もセットとなっております。美術品、アートとしてもなかなかの逸品となっております。アカデミックな現代音楽ファンだけに聞かすのはもったいない天然サイケデリック・ドローン・ミニマルの秘宝発掘音源。 (コンピューマ)

新入荷再入荷

1〜15件 / 全15件

< Back   Next >
  • 1

pagetopへ

[試聴方法]

  1. ページにある試聴ボタンをクリックすると、自動的に音が流れます。自動的に音が鳴らない場合は、プレイヤーの再生ボタンをクリックして下さい。
    ※環境によっては読み込みに時間がかったり、再生できない場合があります。
  2. 試聴中の曲の詳細を知りたい場合や購入したい場合は、プレイヤー内のタイトルをクリックすると、試聴を保持したまま、詳細ページへ移動します。

×

×