menu 検索する ×閉じる

1〜2件 / 全2件

< Back   Next >
  • 1

PILGRIMS OF THE MIND - ELSEWHERE: FURTHER EXCURSIONS (1994-1995) : EU12INCH

90sバンクバーのトランス、ダブ、エスノ、ハウス、アンビエント等交錯したレフトフィールドなレイヴ、テクノシーンで活躍したStéphane Novak、PILGRIMS OF THE MINDの音源MID 90s。〈ECHOVOLT〉から再発第2弾。

名門Interchill Recordsからもリリース。バンクーバーのアンビエント〜トランスなテクノシーンで活躍したPILGRIMS OF THE MINDの音源をECHOVOLTが再発。ダブをベースにしたボトム、オールドスクールなトランス、プログレッシヴなエッセンスと共にフロアを彩るキラートラックス。A1はGatto Frittoが「The Sound Of Love International」でチョイスした「Airplane」。ステッパーズ、重くうねるベースラインとフロートするチルドレン・エスノチャント。ダビーなアンビエントトランス「La Belle Du Jardin」、ビートレスからアシアシッドなベースラインに突入する祝福的なスロー・トランス「Good Morning Angel」。 (サイトウ)

▼ Tracklisting

RECOMMENDED再入荷

SOUND SOURCE - Naked Themes EP : 12inch

SOUND SOURCE Naked Themes EP

ECHOVOLT (HOL)
12inch // EVRE 002
---- yen (税込)

ニュージャージーベテランWAYNE GARDINERの2014年作!音響的配慮、熟練のエレクトロニクス。これ傑作だと思います。

90年代初頭からCLASSIC MAN名義で〈NERVOUS〉から、ROGER SANCHEZ達とのユニットLOGIC〈STRICTLY RHYTHM〉やTONY VARNADOとのTHE MOOD MEN〈I! RECORDS〉からのリリースWAYNE GARDINER名義ではPEACE FROGからもリリースのあるベテランプロデューサー/キーボディスト。折り重なる多重な感覚アメイジング・シンセワーク。90年代の初頭の音源のようです。今でもまったく古びていないマスターピース「Naked Theme」,「Jazz House (Element Mix)」。 (サイトウ)

▼ Tracklisting

soundcloud
RECOMMENDED再入荷

1〜2件 / 全2件

< Back   Next >
  • 1

pagetopへ

[試聴方法]

  1. ページにある試聴ボタンをクリックすると、自動的に音が流れます。自動的に音が鳴らない場合は、プレイヤーの再生ボタンをクリックして下さい。
    ※環境によっては読み込みに時間がかったり、再生できない場合があります。
  2. 試聴中の曲の詳細を知りたい場合や購入したい場合は、プレイヤー内のタイトルをクリックすると、試聴を保持したまま、詳細ページへ移動します。

×

×