menu & search

1〜15件 / 全15件

< Back   Next >
  • 1

THE CARETAKER - An Empty Bliss Beyond This World : CD

架空の彼方のムード音楽。V/VMの変名THE CARETAKERの2011年の名作が復刻されました。

111曲+ ADDITIONALの94曲の総数205曲で構成される「The Death Of Rave」をはじめV/VM TEST RECORDSを拠点に膨大なリリースをしている実験音楽家V/VM(Leyland Kirby)のTHE CARETAKER名義でのアルバム。クラシックなピアノ、ムーディー、オールディーズ、ラグジュアリーサウンドがノイズまみれ、非現実の彼方から奏でられるような、ゴージャス、LOW-FI SPACE AGEサウンド。 (サイトウ)

RECOMMENDED新入荷

THE CARETAKER - Everywhere At The End Of Time - Stage 4 : 2LP

サイケデリックミュージックの歴史に残るだろう「Everywhere At The End Of Time 」。STAGEを増すごとに壊れていくシリーズのStage 4。最終章Stage 6のリリースにあわせてシリーズ一挙に再プレスです。

▼ Tracklisting

RECOMMENDED再入荷

THE CARETAKER - Everywhere At The End Of Time - Stage 3 : LP

〈HISTORY ALWAYS FAVOURS THE WINNERS〉からV/VMの変名THE CARETAKER。アナログなサーフェイスノイズとともに、夢中のノスタルジックサウンド。クレイジーな世界。「Everywhere At The End Of Time」シリーズ最終章第3弾。

SP盤から流れ出るオールド・ジャズ、ビックバンド、映画音楽のようなノスタルジックな音世界が、ゆっくりと脳内を侵食して蝕むような,タイム感覚と、テープ音楽的イマジネーションのトリップ。「Everywhere At The End Of Time 」STAGE3。 (サイトウ)

RECOMMENDED再入荷

THE CARETAKER - Everywhere At The End Of Time Stages 1-3 : 3CD

【名盤!】ノスタルジックな情景の極上サイケデリック・サウンド。V/VMの変名THE CARETAKER。アナログなサーフェイスノイズとともに、夢中のサウンド。ディープな世界。「Everywhere At The End Of Time」シリーズが1から3のセットでCDリリース。

SP盤から流れ出るオールド・ジャズ、ビックバンド、映画音楽のようなノスタルジックな音世界が、ゆっくりと脳内を侵食して蝕むようなタイム感覚と、テープ音楽的イマジネーションのトリップ。このタイトルどういう風に捉えますか? (サイトウ)

▼ Tracklisting

RECOMMENDED再入荷

THE CARETAKER - Everywhere At The End Of Time - Stage 2 : LP

ノスタルジックな情景の極上サイケデリック・サウンド。V/VMの変名THE CARETAKER。今作も素晴らしい。良い振動は、良い影響をうむ。音の波動です。

〈HISTORY ALWAYS FAVOURS THE WINNERS〉からV/VMの変名THE CARETAKER。アナログなサーフェイスノイズとともに、夢中のノスタルジック・サウンド。素晴らしい世界。言葉もありません。ストック出来ました。 (サイトウ)

RECOMMENDED再入荷

THE CARETAKER - Everywhere At The End Of Time - Stage 1 : LP

V/VMをはじめ様々なプロジェクトを行うイギリスの実験音楽家JAMES KIRBYのTHE CARETAKER名義。連作となった「Everywhere At The End Of Time 」シリーズ。最初のリリース 「Stage 1」。アナログ再プレス。

Stage 6まで全6作リリースされることになるV/VM、JAMES KIRBYのプロジェクトTHE CARETAKER「Everywhere At The End Of Time」の第1弾リリース、アナログがうれしいリプレス!はじまりは、SP盤からながれでるようノスタルジックな交響曲、ピアノ曲。2001年宇宙の旅を思い出した。時間の終わりの全ての場所。 (サイトウ)

RECOMMENDED新入荷

THE CARETAKER - Everywhere At The End Of Time Stages 4-6 : 4CD

V/VMをはじめ様々なプロジェクトを行うイギリスの実験音楽家JAMES KIRBYのTHE CARETAKER名義。連作となった「Everywhere At The End Of Time 」シリーズ。4-6。

V/VMをはじめ様々なプロジェクトを行うイギリスの実験音楽家JAMES KIRBYのTHE CARETAKER名義。連作となった「Everywhere At The End Of Time 」シリーズ。Stage 4から6までを4枚組のCDとしてリリース。ステージを増すごとにメロデイーが崩壊していくようです。メロディーは残像となって、ノイズと混沌にまみれ奇跡的な美しさを産んでいる。必聴。 (サイトウ)

▼ Tracklisting

RECOMMENDED再入荷

THE CARETAKER - Everywhere At The End Of Time - Stage 6 : 2LP

THE CARETAKER 「Everywhere At The End Of Time 」最終章 Stage 6。現行のサイケデリア、最深部の一人。時間の終わりのあらゆる場所。

個人的にも、じわじわと侵食されその凄み、崇高さすら感じ取れてしまうような深いサウンドに、やられてしまったアーチストの一人。V/VMをはじめ様々なプロジェクトを行うイギリスの実験音楽家JAMES KIRBYのTHE CARETAKER名義。連作となった「Everywhere At The End Of Time 」シリーズ。最終章です。絶望ではない。 A Brutal Bliss... (サイトウ)

第1章だけ入荷遅れていますが、シリーズ全てアナログリプレスされています。どれも入手困難になっていたのでぜひこの機会に。1-3と4-6章がセットになったCDもそれぞれ入荷しています。

▼ Tracklisting

RECOMMENDED再入荷

THE CARETAKER - Patience (After Sebald) : CD

V/VM aka LEYLAND KIRBYによるプロジェクトTHE CARETAKERの2012年にリリースした作品を、CDで再発!

レコードの擦り切れたノイズの奥で鳴るピアノがどうしてこうも感動的に聴こえるのか。曲によってはノイズミュージックやドゥームにも聴こえるようなバランスの中で奏でられています。ケージの4分33秒やマリーシェーファーのサウンドスケープからの流れだと周辺の音にフォーカスしていくようなものですが、これは時間を超えた先の架空のノスタルジアを体験するようなものに聴こえます。 (日野)

▼ Tracklisting

RECOMMENDED再入荷

THE CARETAKER - Persistent Repetition Of Phrases : CD

V/VM aka LEYLAND KIRBYによるプロジェクトTHE CARETAKERの2008年にリリースした作品を、自身のレーベル〈HISTORY ALWAYS FAVOURS THE WINNERS〉から再発!

THE CARETAKERの人気シリーズ「Everywhere At The End Of Time」が始まる前にリリースしたアルバムPersistent Repetition Of Phrases。雑音の中で微かに鳴るノスタルジックなサウンドに耳を澄まして聴く、冷たさと暖かさが同居するサイケデリックミュージック。 (日野)

▼ Tracklisting

RECOMMENDED再入荷

THE CARETAKER - Everywhere At The End Of Time - Stage 5 : LP

サイケデリック・ミュージックの極北「Everywhere At The End Of Time 」。STAGEを増すごとに壊れていくシリーズのStage 5。メロディーの残骸とともにねじれる狂気的世界。奇跡のようです。

V/VMをはじめ様々なプロジェクトを行うイギリスの実験音楽家JAMES KIRBYのTHE CARETAKER名義。連作となった「Everywhere At The End Of Time 」シリーズの第5弾。ノスタルジックなSP盤のようなサウンドからスタートしたこのシリーズは、ステージを増すごとにメロデイーが崩壊していくようです。メロディーは残像となって、ノイズと混沌にまみれ奇跡的な美しさを産んでいる。必聴。 (サイトウ)

RECOMMENDED再入荷

LEYLAND KIRBY - Sadly, The Future Is No Longer What It Was (Part One: When We Parted My Heart Wanted To Die) : 2LP

V/VM(LEYLAND KIRBY)の2009年の3部作「Sadly, The Future Is No Longer What It Was (Part One: When We Parted My Heart Wanted To Die) 」の第1部「When We Parted My Heart Wanted To Die」のアナログがリプレスされました。

V/VM TEST RECORDSを拠点に膨大なリリースをしている実験音楽家V/VM(LEYLAND KIRBY)のHISTORY ALWAYS FAVOURS THE WINNERSからの3部作「 Sadly, The Future Is No Longer What It Was」の「Part One: When We Parted My Heart Wanted To Die 」の2LP VERSION。2017 editionです。映像を喚起するようなディープな世界。 (サイトウ)

*シールドにすこし破れあります。

▼ Tracklisting

RECOMMENDED再入荷

LEYLAND KIRBY - Memories Live Longer Than Dreams : LP

V/VmやThe Caretakerでも知られるLEYLAND KIRBYの2009年作のアルバムの復刻2LPリリース!

不安や悲しみ、怒り、喜びなどすべての感情が入っているような空間を埋め尽くす大きな響きのリバーブのシンセサイザー(フィールドレコーディング?)ドローンは、教会の中のようでいて深海のような音空間。高音域が切り落とされたテープのような温かみのある音質でありながら、今にも壊れてしまいそうなピリッとした緊張感があります。時間感覚が狂うような脆くも壮大なドローンの先、2枚目のD面でようやく表れる点々とつま弾かれるクラシカルなピアノは讃美歌のような美しさがあります。 (日野)

▼ Tracklisting

RECOMMENDED再入荷

THE CARETAKER - An Empty Bliss Beyond This World : LP

架空の彼方のムード音楽。V/VMの変名THE CARETAKERの2011年の名作が復刻されました。

111曲+ ADDITIONALの94曲の総数205曲で構成される「The Death Of Rave」をはじめV/VM TEST RECORDSを拠点に膨大なリリースをしているスカムな実験音楽家V/VM(Leyland Kirby)のTHE CARETAKER名義でのアルバム。クラシックなピアノ、ムーディー、オールディーズ、ラグジュアリーサウンドがノイズまみれ、非現実の彼方から奏でられるような、ゴージャス、LOW-FI SPACE AGEサウンド。 (サイトウ)

RECOMMENDED新入荷

1〜15件 / 全15件

< Back   Next >
  • 1

pagetopへ

[試聴方法]

  1. ページにある試聴ボタンをクリックすると、自動的に音が流れます。自動的に音が鳴らない場合は、プレイヤーの再生ボタンをクリックして下さい。
    ※環境によっては読み込みに時間がかったり、再生できない場合があります。
  2. 試聴中の曲の詳細を知りたい場合や購入したい場合は、プレイヤー内のタイトルをクリックすると、試聴を保持したまま、詳細ページへ移動します。

×

×