menu 検索する ×閉じる

1〜12件 / 全12件

< Back   Next >
  • 1

JACK CHRYSALIS - MANA17 : LP

JACK CHRYSALIS MANA17

MANA (UK)
LP // MANA17
---- yen (税込)

透き通るシンセシスを有したオーガニックテクノ/ベースミュージック!LACK、SAMUEL PURCELL(SMX)と共にトリオ”NATURE UNIT”ととして活動、RINSE FMでは”HESSLE AUDIO”とBAKEにフックされた才能J CHRYSALISがデビューアルバムをリリース!

学術的見地より音楽を探求する〈MANA〉より意外すぎる挑戦的な作品が到着。デビューEPはBEN UFOらトップDJがプレイしたことでも知られるロンドンのJACK CHRYSALISが登場!夢見心地なシンセサイザー、ガラージスイングを孕んだビートで織りなすブリリアントなダンス作品。木管の有機的なサウンドがブロークンビートと邂逅した「Another Year」やガラージテクノ「Coldharbour」(sample1)。FXヴォーカルサンプルに中期エレクトロニカのノスタルジーを感じる「One Day」(sample2)など。00年代フォークトロニカやアンビエントテクノの郷愁と、モダンなエッジを秘めたビートワークを組み合わせたダンスミュージック。 (Akie)

▼ Tracklisting

RECOMMENDED新入荷

JACOB DWYER - The Devil Museum : 2LP

JACOB DWYER The Devil Museum

MANA (UK)
2LP // MANA12
4090 yen (税込)

フィールドレコーディング音源とポエトリーリーディングが対話するミュージックコンクレートアルバム。推薦です!アカデミックな視点を交えて電子音楽を放出するロンドン〈MANA〉より。リトアニアにおける4週間の滞在を音声日記で記録。環境音をコラージュすることでシュールに浮かび上がる滞在模様。臨場する録音を楽しんでください。

インドネシアの芸術集団UWALMASSAから、ミニマルハウス/テクノ作家PRETTY SNEAKY、そして現代エレクトロニックミュージック屈指の才能NICOLAS JAARまで、学術的見地より音楽を探求する〈MANA〉が送り出すコンクレート作品。アーティストJACOB DWYERがリトアニア滞在記を音声記録。川のせせらぎなどの環境音だけでなく、カリンバといったミュージックインスツルメントも導入しコラージュ。臨場感のある圧倒的な録音技術とミキシングし、4編にまとめ上げでいます。〈MANA〉はレコードの音質が素晴らしいので、コンクレート作品は勿論バッチリハマる、大プッシュさせて頂きます。 (Akie)

RECOMMENDED新入荷

MADALYN MERKEY - Puzzle Music : LP

MADALYN MERKEY Puzzle Music

MANA (UK)
LP // MANA13
---- yen (税込)

「多様な音から視覚的イメージを作りたい」という思い、アナログ実機への深い造形、電子音の展延性から成せる甘美なシンセサイザーミュージック、推薦です。ミルズ大学卒業生の音楽家MADALYN MERKEYによる何とも美しいサウンドアート!アカデミックな視点を交えて電子音楽を放出するロンドン〈MANA〉より。

インドネシアの芸術集団UWALMASSAから、ミニマルハウス/テクノ作家PRETTY SNEAKY、そして現代エレクトロニックミュージック屈指の才能NICOLAS JAARまで、学術的見地より音楽を探求する〈MANA〉最新作が素晴らしい。MIDI音源モジュール”Oberheim Xpander”の丸みを帯びた音色と、ヴィジュアルイメージを導く音の配列、立体感を形成するダイナミクス。まさに音を視覚するために作られたシンセサイザーミュージック。耽美。 (Akie)

▼ Tracklisting

RECOMMENDED新入荷

UWALMASSA - Malar : LP

UWALMASSA Malar

MANA (UK)
LP // MANA14
---- yen (税込)

インドネシア伝統音楽にしっかりと根を下ろしながら、グローバルな意識を融合させた打楽器ワークアウト/エレクトロアコースティック作品。エレクトロジャカルタ拠点のビジュアルアートコレクティブ”DIVISI62”のサウンド名義”UWALMASSA”がアルバム作品をリリース。西洋のリズムを取り入れより高みを目指すアイデンティティ、圧倒されます。

アカデミックな視点を交えて電子音楽を放出するロンドン〈MANA〉より、またも驚異的な作品が到着。DON'TDJの〈DISK〉からの作品でも知られ、JON Kも虜にするジャカルタの芸術集団”DIVISI62”が演奏および音楽製作をする際の異名”UWALMASSA”にフィーチャー!シンセサイザーとアコースティック楽器の併用。そしてD&Bやステッパーというグローバルなリズムとインドネイティブのリズムを複合。伝統の継続的構築、そして新たな高みに到達することを目的としたサウンドワーク。手放しで推薦です。 (Akie)

▼ Tracklisting

RECOMMENDED新入荷

PRETTY SNEAKY - Pretty Sneaky LP : 2LP

PRETTY SNEAKY Pretty Sneaky LP

MANA (UK)
2LP // MANA10
---- yen (税込)

HARDWAX経由で、素性を伏せたままスタンプラベルのみの5枚のシングルをリリースをして話題を読んだPRETTY SNEAKYがロンドンの先鋭レーベル〈MANA〉からアナログリリース。

前半はビートレス+後半はダンストラック的な、各サイド、ブレイクを挟んで2部構成になっているようなそれぞれ14分を超える4章からなる曲で構成されています。フィールド_レコーディング、音響、ダブ、テクノ等々様々な要素が絡みつつディープなサウンド。ユニークな捻れ方をしています。VILODに続いてこちらもストックできました。 (サイトウ)

▼ Tracklisting

RECOMMENDED再入荷

NICOLÁS JAAR - Telas : 2LP

NICOLÁS JAAR Telas

MANA (UK)
2LP // MANA11
---- yen (税込)

現代エレクトロニックミュージック屈指の才能NICOLAS JAARが新作アルバムを発表!チェロやカスタム打楽器、声、ピアノなど、多種インスツルメントで歪に構成。活発であった変名”AGAINST ALL LOGIC”でのダンス性を排除し、旋律美を研ぎ澄ましたような抽象実験電子音楽、アカデミックな視点を交えて電子音楽を放出するロンドン〈MANA〉より。

制作期間は実に4年、本作品を”自らを液状化”して聴くことができる特設サイトまで設立した気合の入りようで胸が膨らむNICOLÁS JAARの新作アルバムが店着!「怒りを取り除けば、悲しみを感じることができる。それで悲しんだ後に『Telas』がやっていることをできるんだ。聴けば分かるよ。これはプロセスなんだ」という本人のコメントにもある通り、”AGAINST ALL LOGIC”で感じ取れる激情的なダンス表現の経過で為せる繊細な感情表現、それでいて通づるところもあるのが実に興味深い。。例えば、一曲目「Telahora」(sample1)でのホーンセクション、そしてリズミカルな打楽器や鍵盤のレイヤー。インプロのようにも思えるほど各楽器が抽象かつ奔放ですが、収録4曲全てが15分近い長尺で物語のような展開を創造しているのもまた興味深い。 (Akie)

RECOMMENDED新入荷

VILOD - The Clouds Know : 2LP

VILOD The Clouds Know

MANA (UK)
2LP // MANA9
---- yen (税込)

RICARDO VILLALOBOSとMAX LODERBAUERのユニット”VILOD”のセカンドアルバム!巨匠LUC FERRARIの再発やNICOLAS JAARによるOSTなどアカデミックな視点を交えて電子音楽を放出するロンドン〈MANA〉よりダブルパックで登場です!

これまでに〈PERLON〉〈ECM〉からリリース、今作は過去作と比較してもその折衷点を掘り下げた作品に。電子音のインパルスとパーカッションが拮抗するインプロヴァイゼーションや、パーカッションジャズまで、オーガニック音楽と電子音楽の両者を突き詰めながらミックス。アブストラクトなリズム骨格の中で旋律的にシンセサイザーを配した電化ファンクなど、そのファンクネスを維持しながらここまでも抽象化/複雑化できるものかと。唖然。トラックリストから全曲試聴できます! (Akie)

▼ Tracklisting

RECOMMENDED再入荷

SA PA - In A Landscape : 2LP

SA PA In A Landscape

MANA (UK)
2LP // MANA 8
---- yen (税込)

MARCEL DETTMANNの〈MDR〉からデビュー、〈GIEGLING〉のサブレーベル〈FORUM〉からアルバムをリリースしているSA PAが、LUC FERRARIから、NICOLAS JAARまでラインナップするロンドンの先鋭レーベル〈MANA〉からアルバムリリース。

2015年のデビューアルバム「風物詩[Fuubutsushi]」に続く2ndアルバム。「雨」「つば」「氷」「ネオン」「水銀」「電弧」「植物」「スチーム」「土」そして「塵」。これはSA PAからのドリーム・ミュージックです。テクノ、ダブ、アンビエントで描かれた、空想と創造力に富んだ、視覚的、詩的、アブストラクトなサウンドの豊かな領域を確立する。 (サイトウ)

▼ Tracklisting

RECOMMENDED新入荷

DE LEON - S/T : LP

DE LEON S/T

MANA (UK)
LP // MANA4
---- yen (税込)

パーカッションとガムラン、電子音のセッション×ダブ。UK新興〈MANA〉から、2本のカセットリリースのみ・詳細不明のパーカッションアンサンブルDE LEONが登場!

HONEST JONSが配給するUK新鋭レーベル〈MANA〉が匿名ミニマルパーカッションプロジェクト・DE LEONの初のヴァイナルでのリリースに着手!まさにプリミティブ・ダンスミュージック。ミニマルに躍動するパーカッションは鋭いエッジ、そこに温度感のあるガムランのメロディが邂逅する(sample2)は言葉を失う素晴らしさ。ポリリズムにパーカッションがセッションする(sample3)も抜群。アルバム全体として、主張しすぎない電子音の挿入・ダブ処理がパーカッションを際立たせ、ゾクッとする音像を作り上げてます。既に井上薫氏、JUSTIN VAN DER VOLGENがプレイするなど、民族音楽・ミニマルミュージックのみならず、クラブ・ミュージックのラインからも熱い視線を受けている一枚。このレーベルは鳴りもバッチリ、トラックリストからも是非。 (Akie)

▼ Tracklisting

RECOMMENDED再入荷

LUC FERRARI - L'Escalier Des Aveugles : LP

LUC FERRARI L'Escalier Des Aveugles

MANA (UK)
LP // MANA 6
---- yen (税込)

これまでDE LEONやNICOLAS JAARをリリースしているUKの〈MANA〉が、フランスの伝説的な電子音楽研究機関GRM創設のひとりでもある巨匠LUC FERRARIの作品をリリース!こちらは1991年にスペインの国営ラジオ局の為に作られた作品であり、同年CDで発売されていたものがレコードとなってリイシューされました。

街中や地下鉄、様々な環境でスペイン語で紡がれたストーリーにLUC FERRARIがエフェクトやシンセサイザーを加えたあまりにも先を行くポエティックな作品。スタジオ録音された会話に環境音を足していたり、実際にフィールドレコーディングとしてフィールドワークしながら録音したりしているのかと思いますが明らかに異質な空気感。一体これをなんと表現すべきなのか。会話の内容が分かった状態で聴くとどう聞こえるのかが気になりますが、純粋に音として聴くだけでも十分すごいです。 (日野)

▼ Tracklisting

RECOMMENDED新入荷

O YAMA O - S/T : LP

O YAMA O S/T

MANA (UK)
LP // MANA 7
2490 yen (税込)

当店でもマスターピースなTHE FLYING LIZARDSでも知られるレジェンドDAVID CUNNINGHAMプロデュースによる日本人アーチストデュオ。ロンドンのユニークな実験音楽のホットスポットCAFE OTO周辺。

茶碗や時計などのユニークな素材に動力をつけたおもちゃのようなカスタムメイドの自動装置を使った演奏、インスタレーションを行い、SAKATA AKIRAやDAVID TOOPとも共演しているイギリス在住のアーチストRIE NAKAJIMAと、ロンドンのアンダーグラウンド・ミュージック、フリージャズ、即興音楽、電子音楽等々の実験音楽のホットスポットCAFE OTOの創設者の1人KEIKO YAMAMOTOの2人によるプロジェクトO YAMA Oのアルバムがリリースされました。先鋭的なアーチスト達によるミックス・アーカイヴBLOWING UP THE WORKSHOPを運営するMATTHEW KENTとTHE BRITISH LIBRARY SOUND ARCHIVEのキュレーターANDREA ZARZAが運営するレーベルMANAから。日本の民謡、童謡や伝統音楽の要素を取り込みながらエキセントリックな音と、言葉、不思議な世界を作り上げています。 (サイトウ)

▼ Tracklisting

RECOMMENDED新入荷

DIPTERA - 001 [Antenna] : 12inch

DIPTERA 001 [Antenna]

MANA (UK)
12inch // MANA3
---- yen (税込)

分解して再構築するUKガラージ!ロンドンの要注目新興レーベル〈MANA〉第三弾に、ミステリアスデュオDIPTERAが登場。90年代後期2ステップガラージの枠組みを押しつぶし、溶解して、再構築。出来上がったのはUKガラージのDNA、質感を備えた4つのアコースティック・エレクトロ作品。とんでもない逸品。

アーカイブされた音楽と、現行の音楽の交差点でリリースを重ねる〈MANA〉。スイスの音楽家PIERRE MARIÉTANのフィールドレコーディング作品「Rose Des Vents」再発で幕開けた本レーベルに、劇物的新作が登場。DIPTERA"蝿”というその名が示すように、まさに放電する蝿のようにノイジーでヒステリック。ノイズの喧騒をビートが跳ね回る「Silver」(sample1)はビートの差し引き、レイビーなヴォイス使いが最高にクール。「Children's Story」(sample2)は音色が一層豊か。コラージュ感がたまらない一曲。抜群の攻撃性と、歪むベースグルーヴに持ってかれる「Stem4bcc」(sample3)。実際、蝿の羽音サンプルを使ってるんですが、彼らが言うところでは、人間が蝿を避ける仕草はUKGで踊る姿にそっくり、だそうです、、、。 (Akie)

▼ Tracklisting

RECOMMENDED新入荷

1〜12件 / 全12件

< Back   Next >
  • 1

pagetopへ

[試聴方法]

  1. ページにある試聴ボタンをクリックすると、自動的に音が流れます。自動的に音が鳴らない場合は、プレイヤーの再生ボタンをクリックして下さい。
    ※環境によっては読み込みに時間がかったり、再生できない場合があります。
  2. 試聴中の曲の詳細を知りたい場合や購入したい場合は、プレイヤー内のタイトルをクリックすると、試聴を保持したまま、詳細ページへ移動します。

×

×