menu & search

1〜5件 / 全5件

< Back   Next >
  • 1

ANTONIO LOUREIRO - livre : CD

ANTONIO LOUREIRO livre

NRT (JPN)
CD // NKCD1019
2500 yen (税込)

歌と器楽、ジャズとエレクトロニクスが融合する、音楽の近未来。ブラジル最注目シンガーソングライター/マルチ奏者による最新作。カート・ローゼンウィンケル、ジェネヴィーヴ・アルタディ(Knower)、アンドレ・メマーリ、ペドロ・マルチンス他参加。

間も無く来日ツアーもはじまるアントニオ・ロウレイロ。名作「livre」ストックしています。リズムも熱量も超越している。素晴らしい音楽。 (サイトウ)

『MPBニュー・スタンダードとなったデビュー作 『ANTONIO LOUREIRO』 (2010) が、ミュージックマガジン誌で高橋健太郎氏が1位に推した名作としてその名を知られることとなったミナス・オーガニック・サウンドの新ブレイン=アントニオ・ロウレイロ。あの衝撃から早や二年。待望の2ndアルバムがついにリリース。

作編曲はもとより、ほぼ全ての楽器を自らプレイする、多彩な才能を更に覚醒させた待望の新作 『SO』 の登場を、ついに驚きを持って迎える。ブラジル本国でもその偉才ぶりは大きな注目を集めており、ここ日本でも広く音楽ファンから注目されることは確実。まさに2012年度ブラジル・シーンの最重要作品。アンドレ・メマーリ、セルジオ・サントスらに肉薄するスピリチュアルな世界観、そしてエルメート・パスコアルやエグベルト・ジスモンチという偉大な先人の系譜を継ぐアヴァンギャルドな香りが絶妙に絡み合う、まさしく異能の天才の進化がここに凝縮。

そして今回はゲストも特筆。サンパウロ・シーン孤高の歌姫タチアナ・パーハ、そしてそのタチアナとのコラボレートでその存在感を昇華させたアカ・セカ・トリオの名手アンドレス・ベウサエルトほか、ブラジル/アルゼンチンに跨るオーガニック・サウンドのブレインを迎えた、ハイクオリティ・ミナスMPBの新時代を予感させる素晴らしいサウンド!!』

▼ Tracklisting



RECOMMENDED再入荷

ANTONIO LOUREIRO - So : CD

ANTONIO LOUREIRO So

NRT (JPN)
CD // NNCD-1005
---- yen (税込)

アントニオ・ロウレイロ新作。前作も話題だったブラジルの先鋭的なアーチスト。ジスモンチやアルゼンチン、現代フォークローレ・ファンにお薦めのアルバムです。

ピアノ、ギター、ドラム。様々な楽器をこなし、歌うブラジルの新しい才能アントニオ・ロウレイロのニューアルバムが到着しました。一人多重録音をベースに、アルゼンチンのアカ・セカ・トリオ、アンドレス・ベウサエルトや歌姫タチアナ・パーハらもゲスト参加。ジスモンチやカルロス・アギーレ、MONO FONTANAにも匹敵するような素晴らしい音世界を築いています。レコメンド。SHHHHやYOSHITAKE EXPEくんも賞賛! (サイトウ)

RECOMMENDED再入荷

QUIQUE SINESI - Live in sense of quiet  guest: Carlos Agirre : CD

【先行発売】 カルロス・アギーレとともに来日した、アルゼンチン音楽界を代表するギタリスト/作曲家、キケ・シネシの初来日公演を収録したライブ・アルバム。

カルロス・アギーレとともに来日した、アルゼンチン音楽界を代表するギタリスト/作曲家、キケ・シネシの初来日公演の録音。「ソロ演奏による代表曲5曲とカルロス・アギーレ(ピアノ、ヴォーカル他)とのデュオ演奏4曲を収録した、アルゼンチン音楽史に残る傑作。」クワイエットムーヴメント、モダン・フォークローレ。高度なテクニックをベースにしながら、魂の軌跡、やりとりともいえるような美しい軌道を描いています。文句なしに素晴らしいです。 (サイトウ)


All compositions by Quique Sinesi
Except "A Beto" by Carlos Aguirre
Quique Sinesi: 7 strings guitar, Piccolo guitar (M4), Acoustic guitar (M5)
Carlos Aguirre: Piano, Accordion (M7), Vocal (M6, 7, 8 & 9)
Produced by Quique Sinesi
Exective produced by 成田佳洋/ Yoshihiro Narita (NRT)
Recorded by 井口寛/ Hiroshi Iguchi at Sogetsu Hall, Tokyo (15 & 16th May 2012)
Live sound engineered by 稲荷森健/ Takeshi Inarimori
Mixed and Mastered by Ariel Gato at Estudio Puntoar, Buenos Aires (23, 24 & 26th Oct. 2012)

▼ Tracklisting

RECOMMENDED再入荷

OS RITMISTAS - S/T : CD

OS RITMISTAS S/T

NRT (JPN)
CD // DDCN-3010
---- yen (税込)

ブラジルの音響以降の素晴らしい傑作。不思議な時間感覚。たのしい。ストックしました!

ここ最近愛聴していたブラジル新世代の素晴らしい一枚をご紹介。モレーノ・ヴェローゾとの活動でお馴染みのマルチ・プレイヤーDOMENICOを中心としたオス・リチミスタス!ボサノヴァやサンバをベースにテクノや音響以降のエレクトロニクス、実験性で見事に調理した奇想天外なサウンド!ポップな調和度、高度なリズム設計、サイケデリックな音響。どれをとっても一級品。面白すぎます!日本盤のボーナストラックもお楽しみに! (サイトウ)


▼ Tracklisting

RECOMMENDED再入荷

藤本一馬 - Dialogues : CD

藤本一馬 Dialogues

NRT (JPN)
CD // NKCD-1004
---- yen (税込)

ジャズや南米音楽の国境、その先に辿りついた美しき作品集。カルロス・アギーレ、ヘナート・モタ&パトリシア・ロバート、北村聡ほか参加。

ブラジルのモレーノ・ヴェローゾ以降の才能OS RITMISTASのリリースで知った東京のレーベルNRT。 アントニオ・ロウレイロに続いて藤本一馬。orange pekoeのギタリストらしい。レーベル主の成田氏もプロデュースとして関わったレーベルの重要なリリースです。ブラジルのデュオ、ヘナート・モタ&パトリシア・ロバート等を迎え録音。アルゼンチンのモダン・フォークローレの奇才カルロス・アギーレも参加しています。ゆったりと流れる時間の中で奏でられる音楽。やはりこういう静かに豊かな音楽もニュートーンでも需要あるんじゃないかと思ってます。レコメンド。 (サイトウ)

『日本国内のアルゼンチン・クワイエットムーヴメント/フォルクローレを体現する稀有な才能、藤本一馬のセカンドアルバム届きました。カルロス・アギーレやヘナート・モタ&パトリシア・ロバート、日本からは現代タンゴの先鋭バンドネオン奏者、北村聡が参加しています。』

▼ Tracklisting

RECOMMENDED

1〜5件 / 全5件

< Back   Next >
  • 1

pagetopへ

[試聴方法]

  1. ページにある試聴ボタンをクリックすると、自動的に音が流れます。自動的に音が鳴らない場合は、プレイヤーの再生ボタンをクリックして下さい。
    ※環境によっては読み込みに時間がかったり、再生できない場合があります。
  2. 試聴中の曲の詳細を知りたい場合や購入したい場合は、プレイヤー内のタイトルをクリックすると、試聴を保持したまま、詳細ページへ移動します。

×

×