• LP
  • Recommended
  • Back In


Espuma De Mar

  • Cat No: ShSh050
  • 2023-11-06

アルゼンチンのプロデューサー、バリオリンドの2022年作!コロナ禍でスタジオに入り生楽器とセッションしてそこからのインスピレーション∞カリンバからピアノ、トランペット、フルートの音色と旋律はフォルクローレの影響下でその色気と影も漂うリラックス∞フローティン・オーガーニック・ジャム。バリオリンドやSHIKA SHIKAが進化させたサウンドをアコースティックにアダルトに進化した野心作!

エレクトリック・フォルクローレの代表レーベルShika Shikaをエル・ブオとともに引っ張ってきたバリオ・リンドの最新作は2019年の日本ツアー中にインスピレーションが降り、そしてコロナ禍真っ只中の2020年初頭に友人たちとスタジオに入りセッションを重ね練り上げた結晶。SHIKA SHIKAからもアルバムを出しているパーカッショニスト、CHANCHA VIA CIRCUITOのバンドにも参加のFederico Estévezが参加。今作はTru ThoughtsのHidden OrchestraとMark ErnestusのNdagga Rhythm Forceに影響されたとのことで、フォルクローレ/ダンス・ミュージック/セッションの間を揺蕩います。底にはアルゼチンとしか言いようのない暗く色気のある情感が滲み漂いながらも、やはりダンスミュージック畑ならではの静かな低音が時折顔を出し、乾いたスペイン語圏の情感とこの横たわるダンスシーケンスはバレアリックとしても聴けますね。サントラのようでもあり聴く度に印象が変わる不思議な作品、じわじわと素晴らしい。中毒性ありリピート中。180gカラーバイナル。日本盤風の帯付き。フロアユースではないですがリスニングでじっくり聴き込みたいです。このバンドセットでも来日して欲しいですね。 (Shhhhh)

Back to List

ページトップへ戻る

fold the sound player