menu & search

NICOLA RATTI 220 Tones

  • 試聴する
  • 試聴する
  • 試聴する

RECOMMENDED

新入荷

【4/30に空間現代の運営する「外」にて来日公演あり!共演はPANからもリリースしているKONRAD SPRENGER、KATSUNORI SAWAです。】〈WHERE TO NOW?〉からのリリースでは芯のあるシンプルで純粋なパーカッシヴな電子音でのリズムワークが素晴らしかったNICOLA RATTIが、元々のメインの楽器だったギターとシンセサイザーのどちらも使い制作した2011年に発売された作品です。

これまでに〈WHERE TO NOW?〉や〈HOLIDAYS RECORDS〉、直近では2017年に〈ROOM 40〉からリリースするなど活発に作品をリリースしてきたNICOLA RATTIですが、こちらは2011年にイタリアの名門〈DIE SCHACHTEL〉からリリースされたもの。今ではモジュラーシンセ奏者として知られているNICOLAですが、元々ギタリストとして知られていて段々とシンセサイザーの世界へ入っていったようです。この作品ではギターとシンセサイザーどちらも使われていて、少しシリアスで情緒ある作品となっています。 (日野)

pagetopへ

[試聴方法]

  1. ページにある試聴ボタンをクリックすると、自動的に音が流れます。自動的に音が鳴らない場合は、プレイヤーの再生ボタンをクリックして下さい。
    ※環境によっては読み込みに時間がかったり、再生できない場合があります。
  2. 試聴中の曲の詳細を知りたい場合や購入したい場合は、プレイヤー内のタイトルをクリックすると、試聴を保持したまま、詳細ページへ移動します。

×

×