menu 検索する ×閉じる
  • 試聴する
  • 試聴する
  • 試聴する

RECOMMENDED

新入荷

ブラジリアン・ジャズ。突出した才能だったEUMIR DEODATOのブラジル時代の名作。65年のOS CATEDRÁTICOS 「Ataque」。

電子オルガンの強烈サウンドと圧巻のリズムで幕開ける「Ataque」筆頭に、2台の鍵盤にホーンセクション、パーカッション。アフロ・ブラジリアンなバトゥカーダと、ジャズ、ボサノヴァがミクスチャーされた「Os Grilos」(sample2)は、マルコス・ヴァーレーの「Crickets Sing For Anamaria」としても知られる曲。ブラジリアン・ブレイク屈指の1曲ですね。 Wilson das Nevesがリズムを叩き出しています。アルバムとおして、数珠の名曲が並ぶ、古典的だけども今の感覚でも驚きの内容。リズムの感覚もアフリカのリズムに影響された洗練と躍動があって、それぞれのポテンシャルの高さ、ポリなアンサンブル、ステジオワークの先鋭性まで黄金期60sブラジル音楽を象徴する一枚。CDでも幾度も再発されてきたアルバムですが、FAR OUTから嬉しいアナログ・プレス。 (サイトウ)

▼ Tracklisting

A1.Ataque (2:08)sample
A2.Os Grilos (2:23)sample
A3.E Bom Parar... (1:43)
A4.Feitinha P’ro Poeta (2:00)
A5.Terra De Ninguém (3:29)sample
A6.Razão De Viver (3:08)sample
B1.Tristeza (3:52)sample
B2.Samba Do Dom Natural (1:15)
B3.O Sol Nascerã (A Sorrir) (1:30)
B4.Samba De Rei (1:18)
B5.Até De Cavaquinho (2:12)sample
B6.Porque Somos Iguais (2:41)

pagetopへ

[試聴方法]

  1. ページにある試聴ボタンをクリックすると、自動的に音が流れます。自動的に音が鳴らない場合は、プレイヤーの再生ボタンをクリックして下さい。
    ※環境によっては読み込みに時間がかったり、再生できない場合があります。
  2. 試聴中の曲の詳細を知りたい場合や購入したい場合は、プレイヤー内のタイトルをクリックすると、試聴を保持したまま、詳細ページへ移動します。

×

×