menu & search

POSTELEKTRIK So We All Thought We Knew Technology

  • 試聴する
  • 試聴する
  • 試聴する

RECOMMENDED

再入荷

ヴィンテージ・シカゴに根付きながらもシンセストリングスでシネマティックなサウンドデザインに。A-ENO-ACIDことMARK CHURCHERが主宰する〈CHICAGO BEE〉カタログ6番は、レーベルコンピにも参加していたPOSTELEKTRIKことVOL ONE NIALL MINOGUE!

DEEPCHORD, PLACID (I LOVE ACID) , DAMO B (OUTER LIMITS RADIO SHOW) COLIN DALE, JEROME HILL , RENNIE FOSTER AND TYPE 303ら数多くのアナログマスターズがサポートする一枚!旋律的にアシッドシンセを活用、リズミカルなマシンビートに交わらせた「WHATS FOR DINNER」(sample1)のようなチープ&ソリッドなシカゴハウスもあれば、広がりのあるストリングスを用いた「THE GREEN STROBE」(sample2)、そしてその両者をうまく折衷したような「NOT THEM」(sample3)など、今作ももちろんバイナルオンリー! (Akie)

▼ Tracklisting

1. WHATS FOR DINNER   (6:33) sample
2. F.U.S.U PLOD   (5:46) sample
3. OUT OF THEM CLOSET   (5:52) sample
4. THE GREEN STROBE   (9:28) sample
5. NOT THEM   (7:46) sample

pagetopへ

[試聴方法]

  1. ページにある試聴ボタンをクリックすると、自動的に音が流れます。自動的に音が鳴らない場合は、プレイヤーの再生ボタンをクリックして下さい。
    ※環境によっては読み込みに時間がかったり、再生できない場合があります。
  2. 試聴中の曲の詳細を知りたい場合や購入したい場合は、プレイヤー内のタイトルをクリックすると、試聴を保持したまま、詳細ページへ移動します。

×

×