menu 検索する ×閉じる

FELIPE GORDON For A Brigt And Acid Future

  • 試聴する
  • 試聴する

RECOMMENDED

新入荷

コロンビアの才人FELIPE GORDONの新作がLOCAL TALKから。B-SIDEのACID JAZZなトラックもグッド!

勢いの止まらないFELIPE GORDON新作は〈LOCAL TALK〉から、ジャズピアノ、ウッドベーズ、ブレイクビートをフィーチャリング、サンプラーベースのハウスの魅力を推し出し、中盤から空間を歪ませるようにエレクトロニックが挿入され、アシッドなシンセベースがうねる展開。TBが入ってからの方がスィングしてる感じのグッドトラック。B-SIDE「 Son Esquivias」は、アフロラテンなパーカッションとエレピ、鍵盤、サックスで展開していきます。 (サイトウ)

▼ Tracklisting

A.FELIPE GORDON - For A Bright And Acid Future
B.FELIPE GORDON /KEAR - Son Esquivias

Local Talk continues 2020 by adding another fine producer to the family, Felipe Gordon.

Felipe's variety of musical flavours and best moments come when he fully fleshes out his ideas, something showcased on the opening title track 'For A Bright And Acid Future'.

It starts off jazzy with a piano playing peek-a-boo with a double bass and just as you thought you had it all figured out, Felipe turns the track into a masterclass is sweaty, TB-303 driven jack-track.

On the flip Felipe teams up with Kear and delivers 'Son Esquivas', a rhythm driven track with beautiful keys splashed out for maximum vibes, the duo has managed to imbue a sense of soulfulness and emotion, bravo!

pagetopへ

[試聴方法]

  1. ページにある試聴ボタンをクリックすると、自動的に音が流れます。自動的に音が鳴らない場合は、プレイヤーの再生ボタンをクリックして下さい。
    ※環境によっては読み込みに時間がかったり、再生できない場合があります。
  2. 試聴中の曲の詳細を知りたい場合や購入したい場合は、プレイヤー内のタイトルをクリックすると、試聴を保持したまま、詳細ページへ移動します。

×

×