menu 検索する ×閉じる

THE CRUISING Dispassion

  • 試聴する
  • 試聴する
  • 試聴する

RECOMMENDED

新入荷

Rune Lindbaek リミックス収録。USテキサスのハウス・レーベル〈WHISKEY PICKLE〉のバイナルリリース。

ARTHUR RUSSELL、USのアンダーグラウンド・ディスコに影響を受けたモスクワのTHE CRUISINGの12インチ。2013年に自身のレーベル〈KRASAWA RECORDS〉をモスクワでスタート、ブラジルのROTCIV主宰の〈MISTER MISTERY〉からもリリースしています。ギターや生っぽいドラムサンプル、シンセサイザーで飛翔していく「Dispassion」オリジナル。ダークトーン、ディープ目のグルーヴ、和と中東的、東洋なメロディが折衷されヒプノティックなリーディングが展開する、90年代のB級映画のようなサイケデリックな世界が魅力の「Malinovsky」のミックス。B2は、Rune Lindbækのリミックスでニューエイジ・ディスコ・ダブ。間違いのないリミックス。 (サイトウ)

▼ Tracklisting

A1.Dispassionsample
B1.Dispassion (Malinovsky Remix)sample
B2.Dispassion (Rune Lindbaek Remix)sample

The Cruising’s two cool customers, Yula Vovk and Sergei Demidov, make a remarkable return to Whiskey Pickle, and this time around on the label’s vinyl department. Even as Russians their original tune “Dispassion” has an NYC underground retro-futurism. Their blues vocal sampler, impressive bassline, and impeccable drum programming conjure an Arthur Russell guitar fascination and a cosmic disco weirdo Balearic rhythm exploration.

Malinovsky’s version is centered on a dusty deeper affair. The result is a soft percussive, melancholic remix with a darker synth-scape and intensely psychedelic Eastern echoes.

Rune Lindbæk’s talent and versatility completes the space between duets undefined DIY disco and house's general spectrum. His mix is a mesmerizing Balearic house reflection of the original. The Phil Harding-wise rhythm supported by an atmospheric trumpet and original's strings escapism.

pagetopへ

[試聴方法]

  1. ページにある試聴ボタンをクリックすると、自動的に音が流れます。自動的に音が鳴らない場合は、プレイヤーの再生ボタンをクリックして下さい。
    ※環境によっては読み込みに時間がかったり、再生できない場合があります。
  2. 試聴中の曲の詳細を知りたい場合や購入したい場合は、プレイヤー内のタイトルをクリックすると、試聴を保持したまま、詳細ページへ移動します。

×

×