menu 検索する ×閉じる

GACHA BAKRADZE Western Arrogance

  • 試聴する
  • 試聴する
  • 試聴する

RECOMMENDED

再入荷

シネマティックなメロディフローを備えたアシッド・ブレイクビート!名門〈APOLLO〉から〈FEVER AM〉までリリースしてきたトリビシの才人GACHA BAKRADZEが〈DIE ORAKEL〉に初登場。「Western Arrogance(西洋の傲慢さ)」という攻めたタイトルで、トランス〜IDMを横断。

EDWARDやROMAN FLUGELから、新鋭UPSAMMYまでリリースする〈LIVE AT ROBERT JOHNSON〉の実験サイド〈DIE ORAKEL〉新作は、OBJEKTやPEACHからサポートを受けた前EPで話題となったGACHA BAKRADZE!エッジ鋭い2ステップエレクトロに物語感じるアンビエントスケープをくぐらせた「Constant」(sample1)に始まり、90年代WARPサウンドな直情型ウワ音にガラス細工のようなブレイクビートを重ねたタイトル「Western Arrogance」(sample2)。開放的に広がるアンビエントにしっかり重いブロークン〜ブレイクビートを走らせなんと14分(!)の長尺を作り上げた「Inside」 (sample3)は、後半のアシッド展開まで素晴らしい。 (Akie)

▼ Tracklisting

A1.Constantsample
A2.Big Cabinsample
A3.Western Arrogancesample
B.Insidesample

Tbilisi-based artist Gacha Bakradze creates cinematic soundscapes on his Die Orakel debut entitled ‘Western Arrogance’ a genre-transcending exploration of electro, breakbeats, trance and IDM.

pagetopへ

[試聴方法]

  1. ページにある試聴ボタンをクリックすると、自動的に音が流れます。自動的に音が鳴らない場合は、プレイヤーの再生ボタンをクリックして下さい。
    ※環境によっては読み込みに時間がかったり、再生できない場合があります。
  2. 試聴中の曲の詳細を知りたい場合や購入したい場合は、プレイヤー内のタイトルをクリックすると、試聴を保持したまま、詳細ページへ移動します。

×

×