menu 検索する ×閉じる

大野松雄 茶の木仏のつぶやき

  • 試聴する
  • 試聴する
  • 試聴する

RECOMMENDED

新入荷

1960年代初頭にテープ変調・電子DIY音響アイデア加工によって作りだされたエポックメイキングな音作りのマスターピースとなった手塚治虫アニメ「鉄腕アトム」効果音集「鉄腕アトム・音の世界」で知られる、戦後テレビ放送の黎明期から現在に至るまでの多岐に渡る活動が後進に大きな影響を与え続けているレジェンド御大、今年90歳を迎える音響デザイナー・大野松雄が“茶”に挑んだ意欲作!!!”茶の木仏のつぶやき”をテーマに制作された次元を超越した驚異の音響世界。大推薦盤とさせていただきます。

1865年(慶應元年)、京都山城で創業した茶問屋 宇治香園が、創業155年の記念の年に、同社が取り組んできた音と光で茶を表現する” Tealightsound”シリーズでの制作を大野松雄に依頼し実現。 「茶と光と音の統合」を探求する同社の思いを受け止め、大野自身が実際に体験したまだ仄暗い夜明けの茶園、過去に大野が宇治を訪れた時 に出会った、木の枝そのままでプリミティヴな「茶の木彫の人形」などからインスピレーションを得て、このオリジナル作品が誕生した。フィールドレコーディングとオープンリールによる様々な音響加工エレクトロニクス、そして、日本の原風景的な祝祭伝統音楽とによる、原始的精霊的というか、どちらかというと神に近い領域から司り放たれる重力波の波動が木霊する5章から成る驚異のサウンドデザイン音響世界。生き生きとした音と音像の躍動感も素晴らしい。過激でありながらも和の調和が整った心地いい珠玉唯一無二の音世界に圧倒される。凄いです。Yasuto Yuraさんによる”みどり、ざわめく「とき」”映像作品も必見! (コンピューマ)

▼ Tracklisting

1.はじまりの章 大地がめざめる「とき」sample
2.ふたつめの章 みどり、ざわめく「とき」sample
3.みっつめの章 ひかり、かがやく「とき」sample
4.よっつめの章 まわり、うつろう「とき」sample
5.おしまいの章 ......そして、めぐりあう「とき」

大野松雄
1930年東京生まれ。映画や黎明期のテレビで音響制作に携わり音響デザイナーとしての地位を固める。 日本初の国産アニメーション「鉄腕アトム」では新しい音響表現を作り出し後進に大きな影響を与える。 その後数々の「万博」、科学映画他幅広いジャンルで活動。 音楽家レイ・ハラカミのアルバム「レッドカーブの思い出」では史上最高齢のリミキサーとして参加。 2010年には半生を描いたドキュメンタリー映画「アトムの足音が聞こえる」が公開。 また2014年には大病を克服し京都・龍谷大学アバンティ響都ホール(現龍谷大学響都ホール校友会館)にて、大友良英氏、大口俊輔氏をゲス トに迎えての音の個展、『大野松雄「音の世界」』を開催。 またライフワークとして知的障がい者施設、社会福祉法人大木会もみじ・あざみ寮(滋賀県)に深く関わり、記録映画の制作から寮生による 創作劇での音響制作など、公私を超えた関係を40年以上築いている。


Artist: 大野松雄 Matsuo Ohno
Title: 「茶の木仏のつぶやき」 Whisper of a Chanoki-Botoke
Label: 宇治香園 Ujikoen Co. Ltd. UJKCD-5185
Format: CD
Contents: 5tracks, 52min 6sec
Release Date: Sep. 30, 2020


Matsuo Ohno: Sound Design, Electronics
Yasuto Yura: Electronics

Mastered by Naoya Tokunou
Artwork: Natsumi Hattori (Azami & Momiji Dorms)
Photographs: Yukiko Yokochi (Brand new day)
Design: Akira Sasaki

Produced by Matsuo Ohno
Executive Producer: Hirokazu Kojima (Ujikoen Co. Ltd.)

pagetopへ

[試聴方法]

  1. ページにある試聴ボタンをクリックすると、自動的に音が流れます。自動的に音が鳴らない場合は、プレイヤーの再生ボタンをクリックして下さい。
    ※環境によっては読み込みに時間がかったり、再生できない場合があります。
  2. 試聴中の曲の詳細を知りたい場合や購入したい場合は、プレイヤー内のタイトルをクリックすると、試聴を保持したまま、詳細ページへ移動します。

×

×