menu 検索する ×閉じる

NAP Íntima

  • 試聴する
  • 試聴する

RECOMMENDED

再入荷

D. TIFFANYとのAMBIEN BABYでもリリースしたばかりのNAPことDANIEL RINCON。〈EXPERIENCES LTD〉からのLTD 7inch. ジュリア・デ・ブルゴスの詩を引用。B-SIDEはレイドバックなアンビエント・ブレイクビーツ。じっくり良さが滲み出ています。

UONやSPECIAL GUEST DJ,CAVEMAN LSD名義等で活動するSHYによるレーベル〈EXPERIENCES LTD.〉からNAPの7インチ。スペイン語のエキゾチックな響のポエットが溶解するように意識に語りかけるアンビエント。女性公民権運動家でもあったプエルトリコの詩人ジュリア・デ・ブルゴスの詩だそうです。B-SIDEは、言葉を取り去り、サックスをフィーチャリング、シンセ・アンビエンス、低音が揺れ、ビートを刻む、ダビー・アンビエント・ホップ。カナダの90年代のレイヴ・シーンから派生したサイケデリックなアンビエントへの意識があるんじゃないかともいます。推薦! (サイトウ)

▼ Tracklisting

1.Íntima (4:28)sample
2.Íntima (Sin Vox) (2:52)sample

Experiences Ltd. cradle gorgeous downtempo vibes from Dan Rincon aka NAP on the highly collectible label’s first 7”, following from treats by Perila & Ulla’s LOG, and the cream of the new ambient scene
Dan Rincon plies a fine line in textured electro-techno as half of Ambien Baby with pivotal producer D. Tiffany on his Isla label, however ‘Íntima’ reveals a more sensual side to his style, adapting early ‘90s chill out room vibes with seductive rhythms in a way that beautifully whispers the sound of 2020.
The ‘Íntima’ original features Rincon reciting text written by Julia De Burgos, a Puerto Rican poet, in drowsy delivery over dreamlike pads and a dembow groove that surely recalls the sexy suss of DJ Python’s ‘Mas Amable’ album as much as Photek’s seminal ‘Into The 90’s’ classic for Metalheadz. The B-side extends the pleasure for beanbag dwellers to finish their spliff, switching out the vox for deep blue sax lines by Davie Biddle and landing in lowlit DJ Krush trip hop zones.
Unmissable.

pagetopへ

[試聴方法]

  1. ページにある試聴ボタンをクリックすると、自動的に音が流れます。自動的に音が鳴らない場合は、プレイヤーの再生ボタンをクリックして下さい。
    ※環境によっては読み込みに時間がかったり、再生できない場合があります。
  2. 試聴中の曲の詳細を知りたい場合や購入したい場合は、プレイヤー内のタイトルをクリックすると、試聴を保持したまま、詳細ページへ移動します。

×

×