menu 検索する ×閉じる
tag: #AMBIENT
  • 数々の傑作でおなじみの名録音技師Bernard Fortが1997年に手掛けた名作の完全版となる全9トラック入りの2枚組CD「夜のコンサート」がジャケットを新たに2020年新装リリース。当店でも好評いただいている4トラック収録の編集盤「Nocturns Du Monde」も最高ですが、より多彩な夜の調べを満喫できるこの2CDも当然ながら大推薦とさせていただきます。

    2CD

    FIELD RECORDING/AMBIENT/NOCTURNAL

  • アマゾン・トリップ(2)信頼フランスの民族音楽・世界音楽の名レーベルFREMEAUX & ASSOCIESのフィールドレコーディング・シリーズ「アマゾン熱帯雨林・パート2(ギアナの森・編)」アマゾン川の熱帯雨林の奥地へ彷徨いこんでしまったかのような、ワクワク&ドキドキする好奇心や冒険心を刺激する臨場感溢れる音の体験とイマジナリーな安らぎに満ちたリラクゼーションの妙に魅了される。

    CD

    FIELD RECORDING/AMAZON/AMBIENT

  • アマゾン・トリップ(1)南米アマゾン熱帯雨林、フランス領ギアナとスリナムの国境川沿いを探検フィールドレコーディングして数多くの貴重な鳥達を中心に、虫、猿、獣達の生態とトロピカル・エキゾチックな鳴き声をノンストップ・メドレー的秀逸な編集でまとめたエキゾチック音の体験CD。全53トラック56分。

    CD

    FIELD RECORDING/AMAZON/AMBIENT

  • ヴァンクーバーMOOD HUTが2020年最初のリリース。音響、ダビー・アンビエント、モダン・ニューエイジ。YU SUとのYOU'RE MEで活動し、SÉANCE CENTREからもアルバムをリリースしたSCOTT GAILEYのニュープロジェクトHOTSPRING。

    LP

    MOOD HUT/AMBIENT

  • 説明不要、KAITLYN AURELIA SMITHの新作。前から凄かったが今回はさらにオリジナルなオーラを纏っての新作。Newtone先行発売でCDがまず入荷です。(Vinylはコロナ禍で大幅に遅れてますが入荷予定です)

    CD

    KAITLYN AURELIA SMITH/AMBIENT

  • アルバムでもかなり驚かされた繊細なメロディと音色の鮮やかさ、エレクトロのリリースは数あれど”センチメンタル”で括るとこの人は一級ではないでしょうか。〈20:20 VISION〉〈ORNATE MUSIC〉からもリリースする実力派であり、エレクトロ名門である本レーベル〈FRUSTRATED FUNK〉常連・REEDALE RISEによるニューリリース!

    12inch

    ELECTRO/AMBIENT

  • ブライアン・イーノとデヴィッド・バーンによる1981年アフリカ・コラージュ傑作「My Life Is Bush of Ghost」はもちろんの事、その後のロックやジャズ・フュージョンなどのジャンルに、当時は未知の音楽世界だったアフリカやブラジル、東南アジアなどワールドミュージックの要素がハイブリッドに融合され、新たな都市音楽が誕生していくきっかけともなった1980年の重要作品「第四世界の鼓動」で知られる、現在のクラブシーンからも絶大な再評価が高まる近代音楽史に於いての最重要音楽家のひとりであるジョン・ハッセル9年ぶりのニューアルバムが届きました!!!前進あるのみ!素晴らしい!!!

    LP

    AMBIENT/ETHNIC JAZZ/JON HASSELL

  • ノルウェー・アンビエント才人BIOSPHEREのチベットでのフィールドレコーディング含めたJAZZ的アプローチを試みた2006年リリース重要作品「Dropsonde」が、次々と意欲的に新旧重要作がリリースされている自身のレーベルBIOPHONから未発表だった新たな8トラックを追加してジャケットも新たに14年ぶりに2CD全19トラック完全版としてリマスタリング復刻された。

    CD

    AMBIENT/JAZZ/SOUNDSCAPE/BIOSPHERE

  • ロシア・モスクワ出身ベルリン在住の鬼才PHILIPP GORBACHEVによる教会の鐘の音とエクスペリメンタル・テクノとのユニーク融合センスを見事にミニマル・アンビントで静謐レイヴィーな領域にまで完成させたエレクトロニック意欲作。

    LP

    TECHNO/EXPERIMENTAL/RAVE/AMBIENT

  • MIDLAND主宰の〈GRADED〉や〈OPTIMO〉〈DARK ENTRIES〉など地下個性派レーベルに参加する鬼才"SOLITARY DANCER"がセルフレーベル〈PRIVATE POSSESSIONS〉をスタート!クラクラする幻想ハミングを取り入れたミッドテンポ〜低速レフトフィールドダンサー!

    12inch

    LEFTFIELD/AMBIENT

  • Mortiz Von Oswald Trio、Sistol、Luomoとしての活動、アンビエント・エレクトロニカからモノクロームなエレクトロニクス・ミニマルテクノまで数々の名作を産み出してくれている北欧フィンランドのベテラン名人Vladislav Delayの1999-2000年にBasic ChannelのChain Reactionからリリースされていた12インチ「Huone」と「Ranta」をまとめて2000年にCDのみでリリースされていたサードアルバム名作「Multila」がリマスタリングされ世界初ヴァイナル化!!!

    2LP

    DUB TECHNO/MINIMAL/EXPERIMENTAL

  • PHILPOT RECORDSを運営するシュトゥットガルトのレコードショップPAULS MUSIQUEとJorkes主宰のFREERIDE MILLENIUMのコラヴォレーション・リリース!

    7inch

    AMBIENT/SCREEN

  • 大貫妙子が坂本龍一とタッグを組んだヨーロピアン三部作の第一弾1980年のヌーヴェル・ヴァーグ名作アルバム「Romantique」からの名曲「Carnaval」を、2018年STUDIO MULEがDip In The Poolシンガー、レジェンド甲田益也子をフィーチャーしてエレガントにディスコ・カバーしたトラックを更に名手SuperpitcherがBPM122ほどグルーヴィーにリミックスを手がけた注目12インチ!!!

    12inch

    DEEP HOUSE/TECH HOUSE/AMBIENT

  • カリンバやクラシックピアノなど、オーガニックインスツルメントの煌びやかな反響。架空の海や都市を”聴覚”で見せるバレアリック・ニューエイジ/アンビエント!RUNNING BACKがサポートする伊バレアリック専科〈EDIZIONI MONDO〉より、〈PLANET MU〉〈100% SILK〉で10年代初期に活躍していた電子音楽家POLYSICKがお久しぶりの新作発表!

    LP

    BALEARIC/MOOD/AMBIENT

  • HUERCO S.主宰〈WEST MINERAL〉や〈BOOMKAT EDITIONS〉といった先鋭電子音楽処を拠点に活動するPONTIAC STREATORが〈MOTION WARD〉からアルバム発表,,,!洞窟内を思うエコーの掛かり具合の塩梅の良さと至福のシンセスケープ。異物なモジュラーやノイズさえもオーガニックに作用。

    2 x 12inch

    ELECTRONIC MUSIC/AMBIENT

  • NIC TASKER 主宰〈WHITIES〉から〈AD 93〉にレーベル名が移行して新作リリース。ダンスフィールドを離れてミニマル、エレクトロニック・ミュージック。素晴らしい世界。

    LP

    AMBIENT/EXPERIMENTAL

  • ギリシャ発、ニューエイジなんかも通過したシカゴハウス、アナログ回帰な良質サウンドを届けるECHOVOLTからメルボルンのレイト90sのプロデューサーCASTELによるEPを再発。

    12inch

    DREAM HOUSE/AMBIENT/IDM

  • オブスキュア・ミュージック発掘の最深部〈MUSIC FROM MEMORY〉のニューリリース。コンテンポラリー・ダンスのための音楽からの4トラックス。

    12inch

    MUSIC FROM MEMORY/AMBIENT/EXPERIMENTAL

  • 何も起こらないギターとYAMAHA DXシンセサイザーによる微睡みのサマー・デイドリーム桃源郷チルアウト・アンビエント極上盤。1986年にカセットとCDでのみリリースされていたPAUL & MARK「Quiet Water」がリマスタリング初アナログLP化!!!限定500枚ヴァイナル。ノルウェイPRESERVATIONからのリリース。

    LP

    AMBIENT/NEW AGE/CHILL OUT

  • メディテーショナルなアンビエント・トランス。2002年にJOE CLAUSSELL主宰の〈SPIRITUAL LIFE〉のサブレーベル〈NATURAL RESOURCE〉からリリースされ、2011年には〈SCHENATIC〉からデジタルリリース、いまだにWANTの絶えない名作が〈RUNNING BACK DOUBLE COPY〉シリーズから再発!

    12inch

    AMBIENT/IDM

  • このLOCUST名義では〈EDITIONS MEGO〉〈APOLLO〉からリリース、90年代より活動するエレクトロニック・アーチストMARK VAN HOENが〈TOUCHED〉から昨年発表し即売したCDアルバムのレコード化!70年代に通づるメランコリーなメロディメイクと、持ち味でもある電子音を有機的に鳴らす手法を発揮した夢幻エレクトロニカ/アンビエント作品。限定です。

    LP

    ELECTRONICA/AMBIENT/ELECTRONIC MUSIC

  • FARBEN aka JAN JELINEKがGRAMM名義で1999年にリリースした(Personal Rock)が自身のレーベルFAITICHEからアナログ再発。グリッチ、ディープ・エレクトロニック、ダンスの名作。

    2LP

    ELECTRONIC MUSIC/TECHNO/AMBIENT

  • シアトル交響楽団の打楽器奏者JON KELIEHORと現行屈指のシンセシストLORD OF THE ISLESというスコットランド拠点の鬼才コンポーザーによる共演。GEORGIA、MATTHEWDAVID、DON'T DJなどの名だたるアーティストが参加してきた”Schleissen”シリーズ8番をストックしました!

    LP

    NEWAGE/AMBIENT

  • RVNG INTL.からのSteve Moshierとのデュオ音源リリースも素晴らしかったLAアーチストANNA HOMLERと、今回のリリース・レーベルGANG OF DUCKS共同設立者でもあるイタリアのコンポーザーALESSIO CAPOVILLAの二人のコラボレーション作品。オーガニック・メディスン・シャーマニック子守唄のようなエレクトロニクス・アンビエント・エクスペリメンタル民族音楽テクノ5トラックEP。

    12inch

    TECHNO/AMBIENT/EXPERIMENTAL/LEFTFIELD

  • Brian Enoや細野晴臣とのコラボでも知られるレジェンド電子チター奏者Laraajiのアンビエント老舗名門ALL SAINTSからの待望新作は、いつものチターによる演奏ではなく、1950年代ニュージャージーで過ごした幼少期に学んだという彼にとっての最初の楽器であるピアノに回帰した、シンプルながらも彼の魂が宿るかのような生命力あふれる美しきソロ・ピアノ名作となっている。

    LP+DL

    AMBIENT/PIANO/LARAAJI

  • オーストラリア・シドニーのビジュアル・アーチストDanny WildによるソロプロジェクトLow Flungの2年ぶりのニューアルバム2nd「Outside the Circle」LP。エレクトロニカ・イマジナリー・アンビエント端正にサウンドデザインされたライフスケッチ・モダン・テック/ディープハウス集。

    LP

    ELECTRONICA/TECH HOUSE/AMBIENT

  • ウクライナ生まれでマドリードを拠点にし映像作家でもあるIURY LECHによる、1989年当時カセットのみのリリースだった元々は2つの短編映画「Final Sin Pausas」と「Bocetos Para Un Sueno」のサントラ。瞑想的なニューエイジ/アンビエントの美しきサウンドスケープ。

    LP

    SOUNDTRACK/SPAIN/NEWAGE/AMBIENT

  • 雨音や波音のサンプルを活用、水音が司るヒーリング効果を引き出したチルダンス/アンビエント作品!ANDRAS FOXやBELL TOWERSらを抱えるミュンヘン個性派〈PUBLIC POSSESSION〉からのデビューから約3年、ニューエイジとダンスの合成を進めてきたMØZAIKAによる初のアルバム!

    LP+DL CODE

    NEWAGE/DOWN TEMPO/AMBIENT

  • フィールドレコーディング電子音楽の名録音技師、Bernard Fortの2016年新作が、フランス信頼の民族音楽・世界音楽レーベルFREMEAUX & ASSOCIESから届けられた。今作のテーマは「雷鳴」。細部にわたる繊細緻密な驚異と迫力の音響、優雅で気品に満ち満ちた夏の午後や夜の雷を伴う夕立(嵐)の情景をサウダージな世界観までもを感じさせてくれながら、ひとつの音響作品として完成させた秀逸なるサンダー・サウンドスケープ集。天然自然の超絶エレクトロニック電子音楽。ご期待ください。

    CD

    FIELD RECORDING/AMBIENT/STORM

  • 信頼のフランス民族音楽・世界音楽の名レーベルFREMEAUX & ASSOCIESのフィールドレコーディング・シリーズの名録音技師Bernard Fortが1997年に手掛けた名作2枚組CD「世界の夜のコンサート」のベスト的4トラック編集盤。まずは、アンビエント・エレクトロニクス上質な電子音楽作品にさえ聞こえてくるような美しさに溢れたサイレンス・ミニマルな奇跡的録音「アフリカ・ケニアの夜」(sample1)からどうぞ。

    CD

    FIELD RECORDING/AMBIENT/NOCTURNAL

  • 心地いい〜。次々とバトンが渡されるかのような30秒から1分ほどの世界中の虫の音メドレーmixにうっとりコオロギ達の虫の音に癒されます。電子音楽にも通じるような擦れる羽音の複雑でミニマルな音波の調べにあらためての自然の神秘と驚異の奥深さに好奇心が刺激されます。ご体験ください。(待望再入荷!!!)

    CD

    FIELD RECORDING/INSECT/AMBIENT

  • エレクトロニカ・ポストロック・フォーキーなポストクラシカル室内楽アンビエント名品。クワイエット・ミュージック人気アーチスト才人garuka nakamuraの2008年にscholeレーベルより発表された傑作デビュー・アルバム「grace」(2018年に初アナログ化)名盤LPの嬉しい2年ぶりのリプレス。newtoneにも初入荷いたしました。

    LP

    ELECTRONICA/AMBIENT/POST CLASSICAL/PIANO

  • メイン・プロジェクトのFOG名義では、〈AUTOREPLY〉や〈ESCAPISM MUSIQUE〉、〈FLORE〉や〈METROLINE LIMITED〉といったミニマル志向のレーベルからも多くヴァイナル・リリースをのこしてきたギリシャのエレクトロニック・プロデューサー・ACHILLEAS DIMITRACOPOULOSが、〈SPIRAL TRAX〉や〈TRIBALVISION〉といった'00年代中期以降のサイトランス方面でも活動してきたアナザー・プロジェクト・ELASTICとしての12インチをリリース!

    12inch

    DOWNTEMPO/DUB/AMBIENT

  • 1979年にイタリアの名門レーベル〈CRAMPS RECORDS〉よりリリースされたRAUL LOVISONIとFRANCESCO MESSINAによる美しいハープの響きの作品。イタリアのレーベル〈DIE SCHACHTEL〉でも再発されていましたがそれも高騰していて、〈SUPERIOR VIADUCT〉から再度リイシューされました!

    LP

    AMBIENT/NEW AGE/MEDITATION

  • ニューエイジ/アンビエント巨匠LARAAJIとSUN ARAWのコラヴォレーション!W.25THのアナログ、ストックしました!

    2LP

    LARAAJI/NEW AGE/AMBIENT/PSYCHEDELIC

  • 2012年にリリースされていた、ASCとSAM KDCの二人による初コラボレーション記念碑にして内省的エレクトロニック・アンビエント名作LP「A Restless Mind」が8年の時を経てアナログ復刻された!!!限定クリアヴァイナル12インチ2枚組。

    2x12inch

    ELECTRONIC/AMBIENT/TECHNO

  • CHAOS IN CBDやURULUらと共に<AMADEUS>を中心にキャリアを始動、近年はベルリンを拠点に<OSCILLAT MUSIC>や<SLOW LIFE>、注目の<SMALL HOURS>のコンピレーションにも参加し活躍するカリフォルニア出身プロデューサー・HUERTAが、ANDY HARTのレーベル<VOYAGE>から、初アルバム作品「JUINPERO」をリリース!

    LP

    AMBIENT/DUB/ELECTRONIC

  • STLの架空のオーケストラが紡ぐサムシング・ミュージック。

    2LP

    EXPERIMENTAL/AMBIENT/STL

  • イタリアローマのエレクトロニック・マエストロ至宝!鬼才Donato DozzyのLorenzo Senni主宰Presto!?からの新作は、イタリア、テヴェレ川にまたがる、クジラの骨格にも似たミュージックブリッジ「Pont de la Musique-Armando Trovajoli」の為に制作され24台のスピーカーで再生された、二つの街を繋ぐそれぞれの宇宙が綴られた朝から夕暮れまでの12時間をパフォーマンスされたエレクトロニック/フィールドレコーディング環境音によるサウンドインスタレーション作品。

    2CD

    AMBIENT/TECHNO/ELECTRONICS/FIELD RECORDING

  • ブライアン・イーノとデヴィッド・バーンによる1981年アフリカ・コラージュ傑作「My Life Is Bush of Ghost」はもちろんの事、その後のロックやジャズ・フュージョンなどのジャンルに、当時は未知の音楽世界だったアフリカやブラジル、東南アジアなどワールドミュージックの要素がハイブリッドに融合され、新たな都市音楽が誕生していくきっかけともなった1980年の重要作品「第四世界の鼓動」で知られる、現在のクラブシーンからも絶大な再評価が高まる近代音楽史に於いての最重要音楽家のひとりであるジョン・ハッセル9年ぶりのニューアルバムが届きました!!!前進あるのみ!素晴らしい!!!

    CD

    AMBIENT/ETHNIC JAZZ/JON HASSELL

pagetopへ

[試聴方法]

  1. ページにある試聴ボタンをクリックすると、自動的に音が流れます。自動的に音が鳴らない場合は、プレイヤーの再生ボタンをクリックして下さい。
    ※環境によっては読み込みに時間がかったり、再生できない場合があります。
  2. 試聴中の曲の詳細を知りたい場合や購入したい場合は、プレイヤー内のタイトルをクリックすると、試聴を保持したまま、詳細ページへ移動します。

×

×