menu 検索する ×閉じる

RUUTU POISS Palav Aed

  • 試聴する
  • 試聴する
  • 試聴する

RECOMMENDED

再入荷

〈INTERNATIONAL MAJOR LABEL〉や〈LEVELS〉、AJUKAJAの〈PORRIDGE BULLET〉にも合流するエストニア・タリンのRUUTU POISSのデビューアルバム!アーリーテクノ、ハウス、シンセサイザー・ミュージックの正統を受け継ぎながら、レフトフィールドでもあるようなサウンド。DIYなエレクトロニック・ミュージック・シーンに投じれられたおすすめの一枚。

MOODHUTやSEX TAGSに象徴されるような各地のDIYなエレクトロニック・ミュージック・シーンに、エストニア、タリンからRUUTU POISS。デトロイト・テクノからシンセサイザー・ブギー、NEWAGE、ニューウェイヴまでさまざまなエッセンスを滲ませる10曲で構成されたアルバム。自身レーベルと思われる〈WAKE DREAM〉から。 (サイトウ)

▼ Tracklisting

A1.Kiirend (2:00)sample
A2.Enne (4:29)sample
A3.Murded (6:03)sample
A4.August (5:57)sample
A5.Jaanid (3:50)sample
B1.Veste I (2:05)sample
B2.Sahinad (4:36)sample
B3.Veste II (1:47)sample
B4.Palav Aed (4:31)sample
B5.Leil (4:29)sample

Wake Dream is proud to present Palav Aed, the first full length album by Amsterdam/Tallinn based Estonian musician Ruutu Poiss.

Recorded over the course of seven years from 2012 to 2019 in various home studios in Ruutu Poiss’ home town Tallinn, the tracks on Palav Aed were all made revolving around the same equipment constellation, the album sounding as coherent as it sounds timeless.

Having released several 7”s, 12”s and EPs on Levels, International Major Label, Rets Records and being featured on various compilations from Fasaan Rec. and Porridge Bullet, Ruutu Poiss defined a sonic universe of his own that is equally unique as it is familiar.

Rich in influences and references, from ethereal harmonics and melodics that might be traced back to his background in choral music, to saturated synth funk and psychedelic futurism, Palav Aed is a document that encompasses the full range of Ruutu Poiss, a musician peacefully floating through leftfield electronics, experiments and sonic imaginations.

pagetopへ

[試聴方法]

  1. ページにある試聴ボタンをクリックすると、自動的に音が流れます。自動的に音が鳴らない場合は、プレイヤーの再生ボタンをクリックして下さい。
    ※環境によっては読み込みに時間がかったり、再生できない場合があります。
  2. 試聴中の曲の詳細を知りたい場合や購入したい場合は、プレイヤー内のタイトルをクリックすると、試聴を保持したまま、詳細ページへ移動します。

×

×