menu 検索する ×閉じる

ROMAN FLÜGEL Anima EP

  • 試聴する
  • 試聴する
  • 試聴する

RECOMMENDED

再入荷

ジャーマン・テクノのイノベイターROMAN FLÜGELが「Garden Party」に続いてRUNNING BACKから新作。

先日アナウンスされたニューアルバムの先行となるシングルAnima Ep。新たなサマー・オブ・ラブが訪れてようとしていたフランクフルト・シーンの、トランス、エレクトロニック・ディスコの多幸感を反映した「 D.I.S.C.O」ExtendedとDubの2 バージョン。「Anima」、「Eating Darkness」の内的世界の探求をイメージさせるようなタイトルが名付けられたB-SIDEの2TRACKS。「Eating Darkness」は先日アナウンスされたニューアルバムのタイトルでありながら、アルバムには未収、他の楽曲も未収となります。 (サイトウ)

"少しメランコリックではあるが、熱狂的な心境から過去を振り返るようなトラックを作ってみました。私の過去30年間の人生は、DJをしたり、旅行をしたり、さまざまな種類のクラブミュージックを制作することに大きな影響を受けてきました。その人生は、少なくとも一時的に保留されており、パンデミックの後は同じようにはいかないかもしれません。この音楽は、ナイトライフの一部であるカラフルさ、幸せ、美しさ、そしてドラマを反映させようとしています。この曲では、無限にあるディスコ・トラックの中から、ほんの少しだけリフを使っています。まるでロボットが過去のすべてを記憶しているかのような、クリーンで合成的なサウンドに仕上がっています。" ROMAN FLÜGEL (DeepL Translate)


▼ Tracklisting

A1.D.I.S.C.O Extended Mixsample
A2.D.I.S.C.O (Dub)sample
B1.Animasample
B2.Eating Darknesssample

By now, Roman Flügel needs no introduction. Neither the man, nor the music. We will try to describe the latter anyway. Precursory to his new LP Eating Darkness, Anima emblazes the manifoldness and elegancy of his sound. Starting off with D.I.S.C.O., Flügel links the unredeemed promise and euphoria of last year’s Garden Party to the present (including a dub version for the right balance of happiness.

As the man himself so eloquently put it: „I’ve tried to create a track that reflects the past from a slightly melancholic but still enthusiastic state of mind. The past 30 years of my life have been highly influenced by DJing, traveling and producing club music of many sorts. That life is at least temporarily on hold and it might not be the same after the pandemic. The music is also trying to reflect the colourfulness, happiness, beauty and drama that is part of nightlife. The track uses tiny bits and riffs from an endless pool of Disco tracks. The production sounds rather clean and synthetic, as if a Robot is the one who remembers everything that was. “
Consequently, working as an epilogue as well as the prologue to the aforementioned album, are Anima and Eating Darkness. Both follow their counterpart’s boldness with enchanting sobriety, rigorous sound design and minimalist beauty - one on and the other off the dance floor.To cut a long story short: listen to a mastermind at work.

Short Info: New EP by Roman Flügel on Running Back. Prolonging 2020s Garden Party euphoria, D.I.S.C.O. is available in full glory and as a dub version, while Anima and Eating Darkness foreshadow his up and coming long player. Following boldness with enchanting sobriety, rigorous sound design and minimalist beauty, one works on and the other off the dance floor. To cut a long story short: listen to a mastermind at work.

pagetopへ

[試聴方法]

  1. ページにある試聴ボタンをクリックすると、自動的に音が流れます。自動的に音が鳴らない場合は、プレイヤーの再生ボタンをクリックして下さい。
    ※環境によっては読み込みに時間がかったり、再生できない場合があります。
  2. 試聴中の曲の詳細を知りたい場合や購入したい場合は、プレイヤー内のタイトルをクリックすると、試聴を保持したまま、詳細ページへ移動します。

×

×