menu 検索する ×閉じる

WET SILK S/T

  • 試聴する
  • 試聴する
  • 試聴する

RECOMMENDED

新入荷

HENRY JONES (SMILING C)とBRANDON HOCURA (SÉANCE CENTRE)によるアーリーハウス、ダンスミュージックのオブスキュアな音源を発掘する〈MIXED SIGNALS〉3種。〈SÉANCE CENTRE〉のサイトのみで販売されているジャケット付きの限定盤を分けてもらいました。ねじれ感、リズムと位相の面白さ。じっくり素晴らしい。RAWなマシーンビートは、黎明期からセクシーだった。

1980年の「Feel So Good Inside」でDJの間でも知られるUSファンクLAMAR THOMASと奥方JUDY TAYLORがハウス期に残したレアな曲を〈MIXED SIGNALS〉が再発。NYCあのパトリック・アダムスが共同プロデュースした作品で、808のファットなビート&ベース、トロピカルさも感じさせるシンセ、ギターと、濃厚なヴォーカル。マジカルなビート、シーケンスの巧みさ、歓喜のSEヴォイス、迫る「Let Me Do You Baby」何もかもが完璧なWET SILK。B1、SHELLY PEARSEもLAMARとJUDY TAYLORに、PATRICK ADAMSが加わったプロダクションによるもの。マッシヴ・マシーンビートディスコ、エレクトロ・ファンク。SOUND OF NEW YORK完璧に新しい風が吹きながらも見逃されていた脅威の3曲。(中古めちゃ高いですが。。)。もちろんリマスター。少量プレス。 (サイトウ)

▼ Tracklisting

A1.WET SILK - Let Me Do You Babysample
B1.SHELLY PEARSE - If You Want My Love (House Mix)sample
B2.THOMAS & TAYLOR - I'll Be Waiting (Instrumental)sample

Wet Silk was a rare digression into house music by the legendary star-crossed duo of Lamar Thomas and Judy Taylor. For this sonic liaison, Thomas brought aboard his high school friend, disco impresario Patrick Adams to co-produce, and the resulting "Let Me Do You Baby" is a slow and seductive sunset soirée with champagne and caviar. The track is skillfully arranged with slippery 808 programming, serpentine guitar, and silky pads, all sliding around Thomas and Lamar’s playfully suggestive vocals. For the first 12” release of this hypnotic track, Mixed Signals have paired it with two other sumptuous Thom/Tay productions, the rare and dubby house mix of Shelly Pearse’s "If You Want My Love", and the instrumental end-of-the-nighter "I’ll Be Waiting".

pagetopへ

[試聴方法]

  1. ページにある試聴ボタンをクリックすると、自動的に音が流れます。自動的に音が鳴らない場合は、プレイヤーの再生ボタンをクリックして下さい。
    ※環境によっては読み込みに時間がかったり、再生できない場合があります。
  2. 試聴中の曲の詳細を知りたい場合や購入したい場合は、プレイヤー内のタイトルをクリックすると、試聴を保持したまま、詳細ページへ移動します。

×

×