menu 検索する ×閉じる

桑田つとむ GORI GORI CHICAGO MIX

  • 試聴する
  • 試聴する
  • 試聴する

RECOMMENDED

中目黒薬局から桑田つとむの原点ハウスミュージック、シカゴハウスに取り組んだミックスCD「GORI GORI CHICAGO MIX」。

圧倒的スキルと革新的スタイル、大胆な選曲。ヒップホップの枠を超え日本が誇れるDJの一人DJ QUIETSTORMの桑田つとむ名義での原点回帰。シカゴハウスのミックスが到着しました。 (サイトウ)

*試聴音源は数秒ずつ抜粋しております。

▼ Tracklisting

1.Mike Dunn - Dance You Mutha (Muthapella)
2.Master C&J feat Liz Torres - It Will Make You Happy
3.Bok Bok Tom Trago - Pom Clash
4.Mike Dunn - Set me Free
5.Tony Sineni - Rhythm Of The Beat (Slam Mix)
6.Ron Hardy - Liquid Love (Original Mix)
7.Bobby Konders - Nervous Acid (Original 12' Club Mix)
8.E.S.P. - Let's Move (Original 12' Radio Mix)
9.The Endless Poker's - The Poke (Original 12” Mix)
10.House People - Godfather Of House (Original 12' Club Mix)
11.Jeanette Thomas - Shake Your Body (Original 12' Club Mix)
12.Armando - One Hundred Precent of Dissin' You
13.Gherkin Jerks - Acid Indigestion
14.Gherkin Jerks - Dont Dis The Beat
15.Virgo - In A Vision
16.Liz Torres - What You Make Me Feel (Fierce Mix)
17.Liz Torres - What You Make Me Feel (Fierce Mix)
18.Gene Hunt - Super Crash (Tribute to Lil' Louis rework)
19.Armando - Trance Dance‏
20.Cajmere - Percolator (Junior Sanchez Remix)‏
21.Jack Master - Bang The Box‏
22.Armando - 151
23.Hercules - 7 Ways

ついに!15年振り!!シカゴハウスの申し子"桑田つとむ"待望のミックスCDリリース!!

ハウスミュージックとは、80年代のシカゴの不景気&ギャングバイオレンス&クラック戦争のカオスの最中生まれました。現在日本のハウスシーンに、この時代のシカゴを経験してきた人は相当少ないけど、この時代のシカゴでDJをやってた人はDJ Quietstorm a.k.a. 桑田つとむしかいないんじゃない?
初期のシカゴハウスのストイックでアグレッシブな世界観は、同じ時代のニューヨークで生まれたヒップホップにすごく似てるところがある。桑田つとむのヒップホップ的なスタンスでこのシカゴハウスクラシックスをミックスする事で、よりゲットーミュージック感がゴリゴリ出てきます。タッフ!
桑田つとむが30年以上前に新譜で買った、当時の革命的現代音楽を2021年に改めて聞いて、ぜひインスパイアをされて欲しいです。

CDの円盤にストリーミングのQRコードが付いてて、CDを買った人は自由にストリーミングでも聞ける用になってます。
---------------------------------------------------------------------------------------------------

「シカゴ・ハウスて、独特な匂いするよね?」

-TOWA TEI


「つとむ君のつむぐ音が初っ端から頭の中でループしまくり、足されたていくビートが全然クワイエットストームじゃなくてストームとして入ってきて、この一年ほぼダンスミュージックのミックスを踊れないからと聴いていなかっただけれど、この音源を聴き出したら事務所のpc卓の下で、気づけば足が貧乏ゆすりを始め、それが大きくゴリゴリに動き出してしまったのは昨年以来の経験で、思わずシカゴと口にしてしまいました。」

-Kunichi Nomura


「背番号18
桑田つとむ」

-KILLER-BONG


「80年代後半から90年代初頭のハウスミュージック黎明期に、震源地のシカゴで暮らしていた桑田つとむは夜な夜なクラブへ繰り出しては夢中でハウスミュージックを浴び続けていたという。30年が経ち、もはや彼の血と肉に染み込んでいるとも言える数々のシカゴハウス名曲達をトンデモスキルで調理したB-boy風味のミシュラン三ツ星な逸品!!」

-CHIDA


「シカゴブギーグルーヴに、沈みこむディープトランシーな流れ、深い所へ誘われます。シカゴ屈指の古典名盤に、当時のリアルな現場を経験したロブさんの歴史を感じずにはいられないミックスです。ダークにフロアで浸りたい。」

-YAMARCHY


「ひたむきさをくれるシンセ音、そして飽きさせないベースにあるミニマル感、、、
暗闇で踊るあの煙たいジメジメした懐かしいグルーヴを思い出したい方にぜひ聞いて欲しいです。」

-miu



「最高のミックスでした!早くパーティを再開して桑田つとむのゴリゴリシカゴハウスをフロアで浴びたい〜!!!」

-DJ DARUMA(PKCZ®︎)
-----------------------------------

桑田つとむ Profile

日本名ですらローマ字表記にするDJが圧倒的多数の中、このほのぼのした名前は、逆にその強烈な個性を浮き彫りにする。この「ほのぼのさ」と「危険な香り」のギャップはいわれもない違和感をかもし出す。この違和感は社会の中のバグとしての主張なのかもしれない。桑田つとむは87年頃、ハウス黎明期のシカゴのウェアハウスで遊んでいた。フランキー・ナックルズやバッドボーイ・ビルの影響を受け、自らもDJとして活動していた。その後拠点を日本へ移し、長い間中目黒で薬局を営みながらHIP HOP DJとして活動をつづける中、ハウスDJとしても2足のわらじを履きこなしている。当時シカゴで買い集めたコレクションをエディット&リメイクしたトラックやパーツを、長年の現場で鍛え上げられた驚くべきテクニックでミックス、コラージュしていくそのDJ プレイは、フロアで体験する全てのダンサーの度肝を抜くであろう。

pagetopへ

[試聴方法]

  1. ページにある試聴ボタンをクリックすると、自動的に音が流れます。自動的に音が鳴らない場合は、プレイヤーの再生ボタンをクリックして下さい。
    ※環境によっては読み込みに時間がかったり、再生できない場合があります。
  2. 試聴中の曲の詳細を知りたい場合や購入したい場合は、プレイヤー内のタイトルをクリックすると、試聴を保持したまま、詳細ページへ移動します。

×

×