menu 検索する ×閉じる

THE UPSETTERS Return Of Django

  • 試聴する
  • 試聴する

RECOMMENDED

LEE PERRYがGLADSTONE ANDERSON達のバンドと録音したTHE UPSETTERS時代の幕開け1968年の名曲!US GET ON DOWNからの再発。

クエンティン・タランティーノ監督作『ジャンゴ 繋がれざる者』の元ネタでもあるスパゲッティ・ウエエスタンの
「続・荒野の用心棒」のフランク・ネロ演じるガンマン、ジャンゴからタイトルを拝借したUPSETTERS、2NDアルバムのタイトル曲でもある1968年の名曲「Return Of Django」とオリジナル7インチのカップリングだった「Dollar In The Teeth」。ミニマル・レゲエ・グルーヴ、ファンキーなオルガン、ホーンセクション、ミックスワークも素晴らしい極上レゲエ・インスト。 (サイトウ)

▼ Tracklisting

A.Return Of Django
B.Dollar In The Teeth

7 inch singles were instrumental to the development of the Jamaican music industry, more affordable than full lengths for the consumer, they also allowed the labels to turnaround what was being recorded into music played from their booming sound systems as quickly as possible. In that spirit, Get On Down will be reissuing some of the most crucial Jamaican sides on 45, staring with The Maytals “Monkey Man.” Recorded in 1969, the cut was a smash hit in Jamaica and hit number 47 when released in the UK in early 1970. “Monkey Man” went on to be highly influential on the British Two-Tone movement of the later 70s with The Specials offering up a ripping version of the cut on their 1979 debut. The B Side, “Night And Day”, though not a chart-burner, is certainly one of the most solid rock-steady cuts you’ll ever encounter rife with bubbly keys, tight snares and Toots Hibbert’s incredibly soulful vocals.

pagetopへ

[試聴方法]

  1. ページにある試聴ボタンをクリックすると、自動的に音が流れます。自動的に音が鳴らない場合は、プレイヤーの再生ボタンをクリックして下さい。
    ※環境によっては読み込みに時間がかったり、再生できない場合があります。
  2. 試聴中の曲の詳細を知りたい場合や購入したい場合は、プレイヤー内のタイトルをクリックすると、試聴を保持したまま、詳細ページへ移動します。

×

×