menu 検索する ×閉じる

MICHAEL BAIRD AND FRIENDS Thumbs On The Outside

  • 試聴する
  • 試聴する
  • 試聴する

RECOMMENDED

新入荷

ニュートン・レコードで脅威の枚数売れた2006年の怪盤、"The Ritmoloog Continues"から15年、、相変わらず謎です、、、アフリカ・フィールドrecのパイオニアであるヒュー・トレイシー・シリーズを紹介したSWP Recordsオーナー、マイケル・ベアードによる新作アルバム。謎のミニマルジャム?謎ニューエイジ・アンビエント。

「ワールドミュージック」でもなく、、、もちろんダンス・ミュージックやアンビエントの知識などはなさそうなご本人。ザンビア生まれでジャズの素養に、素朴な音遊び/ジャムですがアフリカ音楽の音色が染み付き、リズムが染み込み過ぎている?せいかこうなってしまうのか。。なんとなく00年代アルゼンチンものを最初に聴いた謎オーガニック、時空歪みを思いだします。これは一体?バレアリック的かと問われてもスペイン語圏の情感はないし、やはり根っこはアフロ・ミニマリズムなんでしょうかね。別段ドラッギーではないのに、トリップ機能は万全。なかなかここまで不思議な音楽はない。。DJの皆さんはチャレンジしてみましょう。試聴録ってるうちにまた意味わからなくなる。面白い。。 (Shhhhh)

pagetopへ

[試聴方法]

  1. ページにある試聴ボタンをクリックすると、自動的に音が流れます。自動的に音が鳴らない場合は、プレイヤーの再生ボタンをクリックして下さい。
    ※環境によっては読み込みに時間がかったり、再生できない場合があります。
  2. 試聴中の曲の詳細を知りたい場合や購入したい場合は、プレイヤー内のタイトルをクリックすると、試聴を保持したまま、詳細ページへ移動します。

×

×