• 7inch
  • Recommended
  • Back In


Emily's Illness c/w Home Before Dark

  • Cat No: EM1083
  • 2024-04-01

Format

7inch 1620 JPY

EM RECORDSから、2009年に再発され人気の高かった一枚の新装リプレス。好評につき追加プレス。今回はトランスポートレートのブルー、カラーバイナル仕様です。スリーヴもニュープリント、2009年版に掲載できなかった貴重写真と歌詞も掲載した完全版仕様だそう。詩人エミリー・ディキンソンへのオマージュ、奇跡のような音楽、歌。

ウディー・ガスリーの実娘ノーラがひっそりリリースしたウルトラレアにして奇跡の一枚。(サイトウ)

『「Emily’s Illness」はビーチボーイズ『 Pet Sounds』のような音像と、耽美的サイケデリア/アシッドフォーク感覚が併存した奇跡のような曲として60年代音楽マニア界隈を越えてきき継がれる美しき傑作だ。
「 Emily’s Illness」の題名と歌詞内容は19世紀の詩人エミリー・ディキンソンへあてたオマージュといわれ、装丁に使ったノラの当時の写真もディキンソンの時代世界を思わせる。この曲を書いた当時18歳のエリック・アイズナーは彼女のボーイフレンドで、フィフス・アヴェニュー・バンドの前身となるストレンジャーズというバンドでピーター・ゴールウェイと一緒に活動していた。エリックとノラは当時ジョアン・ジルベルト(とその歌い手のアストラッド)に夢中で「Emily’s Illness」にも「Home Before Dark」にもその影響を聞き取ることができるが、何よりも歌手として全く素人のノラを歌わせたことで別のミラクルが発生。録音面では職業音楽家のアーティー・シュロックが印象的なハープシコードや弦楽器を入れてメランコリックな世界を演出した。(なお、その後エリック・アイズナーがハウディームーンに提供した「Nora Lee」とはノラ・ガスリーのこと。)』

Back to List

ページトップへ戻る

fold the sound player