• LP


Syguiria Lady

  • Cat No: SL107LP
  • 2020-11-18

Format

LP3290 JPY

関西のアンダーグラウンド・シーンに、足跡を残すバンドVIOLA RENEA(ヴィオラ ・リネア)の音源の再発がニュージーランドのオブスキュアレコード発掘レーベルSTRANGELOVEからアナログリリースされました!ポストパンク、ニューウェイヴ、レゲエ、ダブ、アフリカンなリズムと、アヴァンミュージック、民謡の影響や、奇妙な祝祭感も垣間見れる、詩的世界が面白いです。歌、言葉すら意味で理解することを超越している。素晴らしい遺産。

京都の「ゼロ・レコード」と並んで、関西の80sアンダーグラウンドシーンを形成したレーベルのひとつ西宮の「かげろうレコーズ」を運営していた今村空樹率いるVIOLA RENEAのレアな音源。大阪の〈ファンタン ラトゥール レコーズ〉からリリースされた85年、解散後のアルバム。ファンタン ラトゥールを受け継ぐ、現在のレーベル〈きょうレコーズ〉から再発されたCDが、STRANGELOVEからワールドワイドにアナログリリース。TOLERANCEやSYMPATHY NERVOUS、VANITY関連の復刻、PALE COCOONの再発に続いて、海外からも注目されていおる日本の80sアンダーグラウンドシーンから、マニアックな再発。短命のバンドですが、ネット上には当時のメンバーによる回顧や、かげろうレコーズのディコグラフィなどが今も残されています(参照、引用させてもらいました)。独特の世界観に魅了される。 (サイトウ)

Track List

Strangelove is proud to present the first ever reissue of ‘Syguira Lady’, an eerie and absorbing ride through the rich imagination of enigmatic Osaka group Viola Renea. While riding the current interest in Japanese music, the album remains an anomaly to much of the local music of the time. Juxtaposing ancient/modern sources of sonic inspiration, North England’s new musical movements collide with Eastern European folk rhythms, while oriental scales slide amongst wavey-electronic instrumentation. The resultant musical dreamscapes sought to conjure themes of noir & seduction, recurrent in the period’s techno-pop. Kuki Imamura described the album as the sound of unknown memories with aural visions & strange musical loves coalescing around a femme fatale; ‘Syguirian Lady’

Back to List

ページトップへ戻る

fold the sound player