• LP


Neon Colonialismo

  • Cat No: 316P
  • 2022-12-09

Format

LP4290 JPY

ルゾフォニア(アフリカのポルトガル語圏)/アンゴラ音楽の起オリジンと"今"にフォーカス!!!アンゴラ生まれ、ポルトガル育ちのプロデューサーBatida aka Pedro Coqueñaoによる新作!アンゴラの70`sレジェンドであるBONGA、ルゾフォニアのアフロハウス/クドゥロの代表者、DJ Satelite(sample 1)、セザリア・エヴォラの後継者とも噂のカーポベルデ(キューバ生まれ)のMAYRA ANDRADE、リスボンのアフロ・エレクトリックのOcta Push、ブラジル東北部のダンス音楽シランダを代表するLia de ItamaracáそしてDJ Doloresが参加!

上記新旧ゲストはワールドミュージック視点でも豪華メンバー!アンゴラ音楽をエレクトリックにアップデート&ポルトガル語圏であるブラジルや島国カーポヴェルデの伝統音楽/リズムも混じり、いわゆるポルトガル語圏のアフロ音楽の2020年台集大成的アルバム。当然アフロハウスの要素も自然に混じり、クドゥロやサンバ、ノルデスチ(ブラジル東北部)リズムも入り混じる!変に流行りを取り入れたり、ワールドミュージック系にありがちな余計なフュージョンは一切せずに、ルゾフォニア/アンゴラ音楽のオリジンと"今"にフォーカス。アルバムを通してグルーヴと風景が一貫し、アフロ・ポップからハウスまで良質でラウンジやリスニングで大活躍しそうな一枚。名門CRAMMED DISCSより。
2014年作も秀作でよく使ってました。 (Shhhhh)

Back to List

ページトップへ戻る

fold the sound player