menu & search

1〜4件 / 全4件

< Back   Next >
  • 1

BARRIO LINDO - Fulgor : LP

BARRIO LINDO Fulgor

SHIKA SHIKA COLLECTIVE (GER)
LP // SHSH030
---- yen (税込)

NICOLA CRUZと並んで、エレクトロニック・フォルクローレ、スローハウスの最も注目されてきたBARRIO LINDO(バリオ・リンド)のニューアルバム!アルゼンチン〜ドイツをベースにEL BUFOと共に主催しているレーベル〈SHIKA SHIKA COLLECTIEVE〉から。アナログ到着。Shhhhhにコメントもらいました。

2回目の来日も好評ツアー中のバリオリンド、自身のレーベルであるSHIKA SHIKAから2019年新作です

ZZK Recordsがパイオニアとなり、ニコラ・クルスの成功によって”デジタル・クンビア〜エレクトリック・フォルクローレ”というミュータントなテクノのシーンがアルゼンチンを中心に盛り上がり、Voodoohopが起爆してヨーロッパ勢のオルタナティブなレイブシーンとの交流から大西洋を経由した、国や地域も関係ないオーガニックで新しいダンスミュージックができています。今作もその流れの一枚です。

儀式的だった前作のアートワークから、今作はより内相的なダークな印象を与えるジャケ写。ブエノスアイレス〜ベルリン、そして最近は移住者も多い噂のリスボンへ拠点も移しヨーロッパでの活動も長くなった影響から、”クンビア以上ハウス未満の微熱な横の揺らぎ”、の中にシンセやドローン/ダークアンビエントのインスピレーションも加わり、クンビア/フォルクローレのリズムのミニマル/エレクトリック化も深化。バリオリンド独特のエレガンスも醸し出すストイックなラテン訛りのビート/リズムはやはり南米経由の新しいテクノだなと思います。(パーカッシブで柔アシッドなニコラ・クルスとのアプローチの違いも面白い。)チャランゴやアンデスフルートの生演奏の織り込まれたシーケンスで遠くへ
、また遠くへ。これはどうしても逃れられない血のなせる物語。

ゲストは、マルチカルチからのリリースや安東ウメ子remixでも名を挙げたアンディ・オットーやフェルティル・ディスコメンバーのジン・イェレイ。クアンティックがプロディースしたフィメール・トリオ、フェミーナのクララ・トルッコはいつのもように美しいボーカルを聴かせてくれます。

国内でもアングラダンス好きだけではなく、calmのイベントSunset The MARINAへの出演や、橋下徹氏の2019前半年間ベストのリストにも入るなど、この酩酊感溢れるオーガニックなスロー・ビートに対してバレアリック、チルアウトな解釈も出現。この現象の行き着く先は予測不可能です。現場もぜひ!(Shhhhh) (&lt;サイトウ&gt;)

▼ Tracklisting

soundcloud
RECOMMENDED再入荷

BARRIO LINDO - Fulgor : CD

BARRIO LINDO Fulgor

CALENTITO (JPN)
CD // CLTCD2081
---- yen (税込)

NICOLA CRUZと並んで、エレクトロニック・フォルクローレ、スローハウスの最も注目されてきたBARRIO LINDO(バリオ・リンド)のニューアルバム到着しました!アルゼンチン〜ドイツをベースにEl Búho と共に主催しているレーベル〈SHIKA SHIKA COLLECTIEVE〉から。フィジカルCDはVOOODOOHOPもサポートする国内〈CALENTITO〉から。アナログもリリース(予約)。

ヴードゥーホップとも共振するスロウ・グルーヴと南米フォルクローレのたぐいまれなミクスチャ・スタイルを武器にニコラ・クルースやチャンチャ・ビア・シルクイートにも並ぶ注目アクトとして見事に開花したアルゼンチンの新鋭バリオ・リンド。

その待望の2019年最新アルバムが完成。

フェミナ、ウアイラやアンディ・オットーらがゲスト参加。モダン・エレクトリック、クラブ・ジャズや世界音楽の垣根を越え多くのリスナーを魅了したフレッシュなサウンドにさらなる磨きをかけた飛躍の一枚!


▼ Tracklisting

soundcloud
RECOMMENDED再入荷

BARRIO LINDO - Albura : CD

BARRIO LINDO Albura

SHIKA SHIKA COLLECTIVE (JPN)
CD // CLTCD-2072
---- yen (税込)

DJ SHHHHHの〈EL FOLCLORE PARADOX〉 サポートのもと、R VINCENZO(VOODOOHOP)との来日ツアーも発表されたBARRIO LINDOのアルバム「Albura」CD。Gr◯un土のリミックスも収録した日本盤仕様のCD入荷しました!

デジタルクンビアで広く知られた〈ZZK〉や〈PROJECT:MOONCIRLE〉からリリース、ベルリン、メキシコシティとブエノスアイレスをまたぎ自身でスタートしたレーベル〈SHIKA SHIKA〉からのアルバム「Albura」。リュートや、ギター、チャランゴ、ケーナやマリンバ等民族楽器も交えながら、エレクトロニックと空想的フォークロアの神話の世界のような神秘性が繰り広げられている。VOODOOHOPクルーCARROT GREENや、コロンビアのLULACRUZAもゲスト参加してますね。DJ Gr◯un土のリミックスも収録しています。 (サイトウ)

「バリオ・リンドは、アルゼンチンの首都ブエノスアイレス出身で、現在はドイツのベルリンを拠点とする音楽プロデューサー、アグスティン・リバルドのソロ・プロジェクト。デジタル・クンビアの名門「ZZK」から(エル・ブホとの共作で)楽曲をリリースしたり、同レーベルの看板アーティストであるチャンチャ・ビア・シルクイートの作品に客演したりと、ブエノスアイレスのローカル・シーンではかねてからその将来が嘱望されていたニューカマーです。2014年にロボット・コッチやサブマースのリリースでおなじみのドイツの尖鋭ビート系レーベル「プロジェクト・ムーンサークル」からアルバム・デビュー。」

▼ Tracklisting

RECOMMENDED再入荷

BARRIO LINDO - Menoko : LP

BARRIO LINDO Menoko

PROJECT: MOONCIRCLE (GER)
LP // PMC129
---- yen (税込)

南米アルゼンチン、そのルーツとしての伝統音楽を堀りさげつつ進化させたエレクトロニック・フォルクローレとも云えるようなビートを作り上げた若手ローカル・アーティスト、BARRIO LINDOデヴューアルバム!

アンデスの深い森の奥にあるといわれる神聖な泉=MENOKOをタイトルに冠した、新進ビートメイカーBARRIO LINDOの傑作デヴューアルバム!クンビアやチーチャなどの伝統音楽からインスピレーションを受けつつジェンベやディジェリドゥーアンデス・フルートetc.の多様な楽器も取り入れ、独自のビートサイエンスを駆使し、インテリジェンスにまとめ上げたフォルクトロニックなビートが満載!心地よいアンビエンス感もあってリスニングにもOKな全12トラック。辺境系が好きな人はマストです! (DNT)

▼ Tracklisting



RECOMMENDED再入荷

1〜4件 / 全4件

< Back   Next >
  • 1

pagetopへ

[試聴方法]

  1. ページにある試聴ボタンをクリックすると、自動的に音が流れます。自動的に音が鳴らない場合は、プレイヤーの再生ボタンをクリックして下さい。
    ※環境によっては読み込みに時間がかったり、再生できない場合があります。
  2. 試聴中の曲の詳細を知りたい場合や購入したい場合は、プレイヤー内のタイトルをクリックすると、試聴を保持したまま、詳細ページへ移動します。

×

×