menu 検索する ×閉じる
  • 試聴する
  • 試聴する
  • 試聴する

RECOMMENDED

再入荷

バリ島のガムランの歴史的録音。

王宮跡地などがあるバリ島ウブドの東プリアタン村にて1952年に録音されたのガムランの貴重な音源。小沼純一氏もとりあげた西洋にガムランに紹介した第1人者コリン・マクフィーのもとで働いていたというジョン・コーストによる録音! (サイトウ)


元英兵ジョン・コーストにより、1931年にパリの博覧会でガムランのグループとして初の海外公演を行ったグヌン・サリ楽団。 本作は、1926年に創設されたゴン・クビャールの同楽団が1952年に大成功を収めた欧米公演を行った際に、ニューヨークとロンドンのスタジオで録音したものです。楽団長のアナック・アグン・マンダラ、マックフィーの片腕となってガムラン音楽の研究を助けた太鼓奏者、マデ・ルバやマックフィーの養子で、ダンサーのサンピ、当時若干12歳だった天才少女ダンサー、ラカなど、当時のバリ芸術において欠かせないそうそうたるメンバーが参加しています。アンクルンやガムラン・クビャールの複雑で迫力満点な演奏の元、奉納芸バリスの他、ワヤンや女性による美しいく華麗なダンス、レゴン等が踊られました。まさに本作は、バリ芸術の集大成とも言える一枚です。ここに収められた録音は、現在でも世界中で活躍するグヌン・サリ楽団の実質ファースト・レコーディングといえるものです。
▼ Tracklisting

1.Kapi Radja (3:04)
2.Angklungan (7:02)
3.Tumulilingan (9:41)
4.Baris (3:19)
5.Gambangan (3:06)
6.Kebyar (6:04)
7.Gender Wayang: Angkat - Angkatan (4:07)
8.Legong: Lagu Condong • Pengipuk • Garuda (8:59)
9.Legong: Lagu Condong • Bapang • Pangkat • Garuda (20:52)

pagetopへ

[試聴方法]

  1. ページにある試聴ボタンをクリックすると、自動的に音が流れます。自動的に音が鳴らない場合は、プレイヤーの再生ボタンをクリックして下さい。
    ※環境によっては読み込みに時間がかったり、再生できない場合があります。
  2. 試聴中の曲の詳細を知りたい場合や購入したい場合は、プレイヤー内のタイトルをクリックすると、試聴を保持したまま、詳細ページへ移動します。

×

×