menu 検索する ×閉じる

GREYHOUSE New Beats The House

  • 試聴する
  • 試聴する
  • 試聴する

RECOMMENDED

再入荷

クラフトワークの「It's more fun to compute」やART OF NOISEの「Opus 4」等を使用した、シンセサイザー・ミュージック・ファンにはたまらない、89年のベルジャン・ニュービート・マスターピース「New Beats The House」。DARK ENTRIESからの再発。

レトロ・シンセサイザーの魅力、サンプルのチョップのユニークさ、89年R&Sからもリリースされたベルジャン・アシッド・クラシックGREY HOUSEの「New Beats The House」、チージーながらも魅力溢れる一曲が〈DARK ENTRIES〉から再発です。それぞれのミックスのヴァージョン、良さがあってお時間あれば全部チェックしてみて下さい。個人的には、レトロ、展開も絶妙すぎるsample2にやられる。まだデビュー前のSPEED Jの名前もスクラッチでクレジットされてます。デトロイトJARED WILSONのリミックス(sample3)は、プライマル・スクリームの「Come Together」の冒頭で使用されたことでもお馴染みの72年にL.A.で行われた黒人解放運動を象徴する歴史的コンサート「ワッツタックス」での公民権活動家ジェシー・ジャクソン牧師の演説を使用しています。世代を跨ぐサマー・オブ・ラブな繋がりなんでしょうか。しかしシンセサイザー・ミュージック本気の人たちからJARED WILSON信頼厚い。 (サイトウ)

▼ Tracklisting

A1.New Beats The Housesample
A2.New Beats The House (Remix)sample
B1.New Beats The House (Jared Wilson Remix)sample
B2Move You're Assit (Acid Version)sample

pagetopへ

[試聴方法]

  1. ページにある試聴ボタンをクリックすると、自動的に音が流れます。自動的に音が鳴らない場合は、プレイヤーの再生ボタンをクリックして下さい。
    ※環境によっては読み込みに時間がかったり、再生できない場合があります。
  2. 試聴中の曲の詳細を知りたい場合や購入したい場合は、プレイヤー内のタイトルをクリックすると、試聴を保持したまま、詳細ページへ移動します。

×

×